STORYS.JP

阿江 翔太

「自分のやりたいことがわからない」そんな夢も希望もなかった状態から、美人女子大生メンターの弟子に救われました。今は”Honey Body Making”を通して、理想の身体へを作るお手伝いをしています。

ストーリーをリクエストする

阿江 翔太の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

瀬良 友秀
1764
39

一生治らない難病にかかった高校生が、絶望の淵から10年かけて病気を完治させ、年商2億円の実業家になった話

プロローグ:本気で”死”について考えたことはありますか? あなたはこれまでの人生で 「本気で”死”について考えたことはありますか?」 おそらくほとんどの方が、答えは NO だと思います。 しかし僕は数年前、 ”死” に本気で向き合ったことがあります。 というより、向き合わざるをえなかった。 それは、当時17歳だった僕には 到底受け入れられない現実でした。 これは17歳の高校生が、 一般的に一生治らな
Yuki Ueda
1493
6

日本一厳しい所に四日間行ったら、悩みがなくなって最高に幸せになれた話

ある夏の日、 僕はかつて絶対に行きたくなかった場所に行きました。 そこは、曹洞宗の大本山永平寺。 俗世間では「日本一修行が厳しい」とまで言われたお寺です。 そして何より、小学校の遠足で行ってトラウマになった所です。 遠足のときは、 寺内を若い雲水(うんすい:修行僧のこと)さんが、 親切に案内してくれました。 しかし、雲水さんの懇切丁寧な説明とは裏腹に、 「永平寺」に対して持った印象は最悪でした。 一
菱沼 真
860
34

人生で大切なことは全て小学校の校長室で学んだ

僕は小学生の頃、いわゆる「いじめ」で不登校になっていた時期がある。 「死にたい」 そう真剣に思っていたこともあった。 その窮地を救ってくれたのは、小学校の校長先生だった。 そして保健室登校ならぬ、「校長室登校」を経験した。 こんな話、人前でしたことなんてなかったが、当時の自分の素直な気持ちと、校長先生への感謝の言葉としてSTORYSに書きたい。 不登校 小学6年の時だ。 僕は不登校に陥っていた。 不
小泉 憲一
1355
26

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

6年前、終わりの始まり ああ、もうダメかもしれない・・ サプライズを企画する会社をはじめて6ヶ月。 オフィスが無いおかげで大きな固定費はないが、 収入源のあるビジネスじゃないのに社員を雇ったせいで 毎月100万円以上のお金が飛んでいく・・ 社員に給料を払うために、自分の手元に残すお金は 月々の少ない生活費の12万円が限界。 つまり、 月収12万円 これが起業して6ヶ月もたったその頃の私の月収だ。 用
佐藤 健太郎
513
2

ベンチャーの光と影

新しい拠点であるGMOオフィスの一角には、一人また一人と新しい仲間達が増えていった。これまでいた福岡ではロリポップやムームードメインの運営、東京ではJUGEMや新サービスの開発という2拠点体制となった。 ボクは広報と兼務してマーケティングのチームを率いた。ポータルサイトの運営に携わっていたという宮本さんとテキストサイトを運営している大学生の下田くんという二人が入社しチームメンバーとなった。このチーム
Yamaguchi Taka
207
5

心をなくさないために生きていくために一歩外を見る余裕を持つ

STORYS.JPとの出会いは突然に  私と「STORYS.JP」を結びつけたのは一冊の本である。宝槻 泰伸さんの「強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話(徳間書店)」のおわりにを見てここを訪れた。大学時代でもほとんど本を読まなかった自分が、ここ1年1週間に2~3冊ペースで本を読んでいる。 本との出会いは、将来への考え方を変えてくれることが多い。 どんな人間か? 私自身
寳槻 泰伸
3294
110

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

家庭教育の役割って何だろう 破天荒で型破りなオヤジが繰り広げる家庭教育のストーリーもいよいよ最終章。 パート3では、家庭教育の役割についてオヤジや僕の意見を書かせて頂こうと思います。 前回まではオヤジのぶっとびエピソードが中心でしたが、今回はマジメに教育論を語っています のでご了承ください。 まず、興味関心を育てることに心血を注ぐ。 お父さん・お母さん
寳槻 泰伸
17907
67

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート2 受験編

全ては 長男の「やめたい」 から始まった 今思えば、これがオヤジの壮大な実験の始まりでした。 3兄弟を高校に通わせずに大学に放り込めるのか・・・ 京大3兄弟というオヤジのネタ(自慢)を完成させられるのか・・・ 長男の僕にとって、小中学校の生活は部活や友達など楽しい時期もありました。恋愛とかスポーツとか。でも、1日何時間も退屈な授業を聞いて、多少窮屈さを感じていたのも事実です。 高校という所はきっと自

書きかけのストーリー

阿江 翔太さんの書きかけのストーリーはありません

阿江 翔太さんにもっと聞きたい話リクエストする

|