STORYS.JP

森川 照太

Hawaii

→Ashiya

→Kobe

→Nishinomiya

→Tokyo

→OR

→Tokyo

ストーリーをリクエストする

森川 照太の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

麻丘 亜希
1481
15

OLが脱サラをして、未経験ながらデザイナーになった話

私はウエディングエプロン デザイナーです。 私はネットショップでオリジナルのエプロンを販売しています。 結婚式の演出用で、花嫁さんがウエディングドレスの上に着用するエプロンです。 すなわち、ウエディングエプロンです。 こんな風に伝えると 「お裁縫が得意なんですね」 と言われますがそんなことはありません。w 商品の製作は、縫製工場にお任せしています。 工場は地元に貢献したいとの思いから、大阪の会社にお
佐藤 裕介
1351
4

経営における「クソジーコ問題」とは

会社を 3 年半ほど運営していて、めちゃくちゃアタマを悩ませたことのひとつを「クソジーコ問題」と名づけてみました。もちろん由来は元日本代表監督のジーコ氏ですね。 ジーコが優秀な監督かどうかはサッカーに詳しくないので判断がつかないのですが、(優秀な) プレイヤーが監督 = マネジャーになった時に発生する問題について今日は書いてみたいと思います。 ◆ ありがちなミドルマネジメント不足 1 年半ほど前、僕
佐俣 アンリ
223
2

若い人と話すときに僕が陥っていた3つの固定観念

今年で30歳になります。 最近自分が陥っていた固定観念をやっと理解できてきたので、そのことについて書きたいと思います。 反省点は三つに集約されます。 ----- ・人は自分自身のキャリアを否定できない ・リクルートは下積み的経験を尊ぶ傾向にある ・スタートアップ(特にto C)では未経験の若者であることが強みになる ----- 僕は大企業であるリクルートに大卒で入社し、2年半みっちりしごいていただい
家入 一真
1835
9

paperboy&co.創業記 VOL.3: 東京進出、そして変化。混乱。

福岡時代、僕はペパボはいわゆる”ベンチャー企業”では無いと思っていたし、スタッフにもそう言い聞かせていた。ITベンチャーで連想される、ヒルズ族といった様なギラギラとしたキーワードが嫌いだったというのもあるし、そもそもペパボ自体は起業した月から、ロリポップで順調に売り上げが伸びて経営は安定していたから、がつがつとする必要が無かった。家族経営スタイル。これが福岡時代のペパボだった。 GMOグループにジョ
家入 一真
6049
2

paperboy&co.創業記 VOL.2: バイアウト後の東京進出

会社、個人それぞれの銀行口座に数億円が振り込まれた。 僕らはGMOインターネットグループにジョインした。 25歳の春だった。 個人、法人共に立場が激変した。まずペパボ。 それまで有限会社だったのを株式会社化した。福岡のままでも良いよ、と熊谷さんには言われてたけど、元々東京への移転を健太郎(くわがた)と話していたので、本社を渋谷セルリアンタワーに移転した。東京は福岡と違ってとても刺激的だった。良い意味
家入 一真
6956
3

paperboy&co.創業記 VOL.1: ペパボ創業からバイアウトまで

12年前、22歳の時に福岡の片田舎で、 ペパボ ことpaperboy&co.を立ち上げた。その時は別に会社を大きくしたいとか全く考えてなかった。家で仕事が出来て、仕事をしながら子育て出来ればそれでいいやと思ってた。当時サラリーマンをしてたんだけど、中学2年から引きこもり、対人恐怖症気味だった僕には、定時出社や同僚とのコミュニケーションが苦痛でしようが無かった。サラリーマンを辞めたいが為の起業。どちら
佐俣 アンリ
289
1

ANRI設立

ANRI設立の時にお世話になった尊敬するベンチャーキャピタリストについて話そうと思う。 ANRIの名付け親IVP小林雅さん 「どうせどんなファンド名つけてもアンリって呼ばれるからアンリでいいんじゃない?」というお言葉にそのまましたがってネーミング。 小林さんは非常に明るい性格の裏で、100M級のファンドを自力で立ち上げるためにものすごい努力をされていて、その一部始終はブログに書いてある。 これが独立
佐俣 アンリ
86

スタートアップな世界へようこそ

就職活動が終わって、何をしようかなーと思っていたらmixiの「外資系への就職活動」というコミュニティでインターン募集を発見。 何気なく応募したのがinsproutのインターンだった。 面接に行ったら太田さんが出てきて、ものすごい露出度の高い人がキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!と思ったのを覚えてる。 思えばここが始まりで、三根さんや進太郎さん、和田さんともお会いした。 メンバーもインターンもだいたい
佐俣 アンリ
115
2

ひとりベンチャーキャピタル

クロノスファンドで投資と事業立ち上げをさせてもらってここからどうしとうかなと迷っている時に、某恩人の方に呼び出されてふたりきりで飲み会。 今後どうするかなどをぐちぐち話していたら、「うるせえ、やるのかやらないのかどっちなんだよ?」と真顔で言われて「やります」と言ったのが実は独立のきっかけ。 いやー、こわかった。 ちなみにロゴはNASAの公式フォントNasalizationをそのまま使ってます。
佐俣 アンリ
107
5

インターネットに詳しいやつ

2007年だったと思う。 当時リクルートの内定者の友達が「インターネットに詳しいやつおらん?」って言って、今ラクスルにいる安藤が連れてきたのが八巻。 何を話しても「はぁ」としか言わない超へんな奴だった。 2009年にクロノスファンドにジョインして、一緒に会社づくりがスタートして、2012年初頭に改めて一緒に戦おうと話して。 今もまだまだ戦い続けてますが、相変わらず何を話しても「はぁ」って返っ

書きかけのストーリー

森川 照太さんの書きかけのストーリーはありません

森川 照太さんにもっと聞きたい話リクエストする

|