STORYS.JP

Nishikido Shuhei

Nishikido Shuheiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Nishikido Shuheiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

原田 正文
826
6

居酒屋のキャッチからグリーへ転職。わずか1年で年商50億の事業責任者になって思ったこと-転職編-

※前回までのストーリーはコチラ↓ --------- 居酒屋のキャッチからグリーへ転職。わずか1年で年商50億の事業責任者になって思ったこと-フリーター編- http://storys.jp/story/7318 --------- やっぱりオレ、だめだわ。就職することにしたよ。 独立を志したが、フリーター生活を余儀なくされ10ヶ月がたった。 2012年1月1日。 年越しも池袋の路上で過ごした。 周
菊地 大樹
63

ユダヤ人大富豪の教えをそのまま実行してみる事にした話。

東南アジアから帰ってきて スイッチが入った僕だったが 早速次の壁にぶち当たっていた。 やる気はある! でも・・・・ 情けない話 何からしたらいいか 分からないのだ。笑   よし! 自分以外の思考をインプットしよう! 思い立って本屋へ立ち寄った。 ここで初めて   700万部ベストセラー作家 本田健さんの著書 ユダヤ人大富豪の教え と出会う。 まさかこの3年後、 僕が健さんと仕事で関わるように なれる
ハロー ハロー
95
2

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

私は現在都内の企業で働く25歳。 2年大手化学メーカーに勤めていたけれど、5月で退職し転職することになった。 その理由はひとつ。自分の居場所に違和感を感じたから。 同僚や先輩もいい人ばかり。辞めると言った時も、「自分にとって一番いいと思う選択を」と親のように心配しながらも最後は背中を押してくれた。 仕事内容はいわゆる若いうちから活躍できる環境、裏をかえせば責任やら仕事量やらが多くて、やりがいを感じる
麻丘 亜希
1474
15

OLが脱サラをして、未経験ながらデザイナーになった話

私はウエディングエプロン デザイナーです。 私はネットショップでオリジナルのエプロンを販売しています。 結婚式の演出用で、花嫁さんがウエディングドレスの上に着用するエプロンです。 すなわち、ウエディングエプロンです。 こんな風に伝えると 「お裁縫が得意なんですね」 と言われますがそんなことはありません。w 商品の製作は、縫製工場にお任せしています。 工場は地元に貢献したいとの思いから、大阪の会社にお
室田 泰文
58

出来ないあなたがやるから響くんだ!

これは自分が富士フイルムに入社したての新人研修での一コマ。 入社試験には落ちながらも、自分の想いをぶつけることで逆転合格してしまった私は、楽しい新人研修生活を送っていた。 ~関連記事~ 『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』 同期の仲間と富士急ハイランドへ 人と人との繋がりを重んじる自分は、研修中も同期との時間を大切にしていた。 研修
川原崎 晋裕
491
4

転職より起業を選んだ理由

2013年4月某日。今から遡ること5ヶ月前の、とあるカフェにて。 俺 なあ、おれ転職しようかと思うんだけど……。 古川 健介 起業しなよ! 俺 ……いや、俺ってさ、なんのスキルもないじゃん? SEOとか、マーケとか、もっと色々身につけてかr 古川 健介 そんなの身につけても意味ないよ! 起業しなよ! 俺 え、なんで? 古川 健介 5年後に市場からなくなってるかもしれないスキルだから! 俺 な、なるほ
江藤 誠哉
124
1

僕の逃げ人生(2) 逃げ⇒前向きな逃げへ

前回のストーリーから引き続き読んでいただき、 本当に感謝です。   前回では、僕が 『逃げ』の『逃げ』による『逃げ』のための人生 を過ごしていることを分かってもらったかと思います。   中学の時には、期待のプレッシャーから逃げ、 高校の時には、ニキビという現状から逃げ、 大学の時には、環境の変化から逃げてきました。   そんな僕にある変化が訪れた出来事があります。     ふとしたきっかけで、 ニュ
たつみ かずき
491

「楽しいこと以外やらない。」そうやって生きていくことだけ、決めました。

たつみかずき。27歳。職業:自営。バツイチ子無し。 こんにちは。 長野県小谷村-OTARI-の古民家で宿を運営しているたつみです。 自分の過去を書きまとめる作業、2回目でございます。 誰もが持つ過去から紡がれる物語の断片を。 自己満足にもネットの世界へ解き放つ次第です。 お暇な方はどうぞお付き合いいただければこれ幸いにございます。 -2006年4月 20歳となった大学二回生の春。 ぼくはリア充にも程
山下 昌志
304
2

【その3】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。

【その1】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8107 【その2】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8141 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
Okuma Nozomi
81
4

我慢という名の強迫

最近「我慢」という言葉を見かけます。 凄惨な事件や若い世代を特集しているニュースとかでも時折見ます。 大体は「我慢するのが大事」といった論調です。 他のももちろんあるとも思いますが。 このことについて、私なりの考えをまとめてみました。 私の中では本質はこの逆な気がしてなりません。 「我慢しないのが大事」 少なくとも、「我慢を最小限にするのが大事。」 我慢するというのは実際どういう意味なのでしょうか?

書きかけのストーリー

Nishikido Shuheiさんの書きかけのストーリーはありません

Nishikido Shuheiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|