STORYS.JP

Nishikido Shuhei

Nishikido Shuheiの人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

Nishikido Shuheiの人生のストーリー

読んでよかったストーリー

麻丘 亜希
1436
15

OLが脱サラをして、未経験ながらデザイナーになった話

私はウエディングエプロン デザイナーです。 私はネットショップでオリジナルのエプロンを販売しています。 結婚式の演出用で、花嫁さんがウエディングドレスの上に着用するエプロンです。 すなわち、ウエディングエプロンです。 こんな風に伝えると 「お裁縫が得意なんですね」 と言われますがそんなことはありません。w 商品の製作は、縫製工場にお任せしています。 工場は地元に貢献したいとの思いから、大阪の会社にお
室田 泰文
54

出来ないあなたがやるから響くんだ!

これは自分が富士フイルムに入社したての新人研修での一コマ。 入社試験には落ちながらも、自分の想いをぶつけることで逆転合格してしまった私は、楽しい新人研修生活を送っていた。 ~関連記事~ 『入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話』 同期の仲間と富士急ハイランドへ 人と人との繋がりを重んじる自分は、研修中も同期との時間を大切にしていた。 研修
川原崎 晋裕
477
4

転職より起業を選んだ理由

2013年4月某日。今から遡ること5ヶ月前の、とあるカフェにて。 俺 なあ、おれ転職しようかと思うんだけど……。 古川 健介 起業しなよ! 俺 ……いや、俺ってさ、なんのスキルもないじゃん? SEOとか、マーケとか、もっと色々身につけてかr 古川 健介 そんなの身につけても意味ないよ! 起業しなよ! 俺 え、なんで? 古川 健介 5年後に市場からなくなってるかもしれないスキルだから! 俺 な、なるほ
江藤 誠哉
118
1

僕の逃げ人生(2) 逃げ⇒前向きな逃げへ

前回のストーリーから引き続き読んでいただき、 本当に感謝です。   前回では、僕が 『逃げ』の『逃げ』による『逃げ』のための人生 を過ごしていることを分かってもらったかと思います。   中学の時には、期待のプレッシャーから逃げ、 高校の時には、ニキビという現状から逃げ、 大学の時には、環境の変化から逃げてきました。   そんな僕にある変化が訪れた出来事があります。     ふとしたきっかけで、 ニュ
たつみ かずき
464

「楽しいこと以外やらない。」そうやって生きていくことだけ、決めました。

たつみかずき。27歳。職業:自営。バツイチ子無し。 こんにちは。 長野県小谷村-OTARI-の古民家で宿を運営しているたつみです。 自分の過去を書きまとめる作業、2回目でございます。 誰もが持つ過去から紡がれる物語の断片を。 自己満足にもネットの世界へ解き放つ次第です。 お暇な方はどうぞお付き合いいただければこれ幸いにございます。 -2006年4月 20歳となった大学二回生の春。 ぼくはリア充にも程
山下 昌志
265
2

【その3】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。

【その1】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8107 【その2】大学卒業後、ろくに就職もせずにカケモチでしていたバイトを辞めて7日間だけの旅に出たら、人生が少しだけ明るくなった話。 http://storys.jp/story/8141 ーーーーーーーーーーーーーーーーー
Okuma Nozomi
72
4

我慢という名の強迫

最近「我慢」という言葉を見かけます。 凄惨な事件や若い世代を特集しているニュースとかでも時折見ます。 大体は「我慢するのが大事」といった論調です。 他のももちろんあるとも思いますが。 このことについて、私なりの考えをまとめてみました。 私の中では本質はこの逆な気がしてなりません。 「我慢しないのが大事」 少なくとも、「我慢を最小限にするのが大事。」 我慢するというのは実際どういう意味なのでしょうか?
Okuma Nozomi
878
13

会社を辞めて、フリーランスで仕事した後、スタートアップで働いてみる。

はじめに 詳しく聞きたい!を付けて下さった方、ありがとうございます。 この一年強の私の話を書きたいと思います。 会社を辞めた! 新卒で入社した会社を二年弱で辞めました。 なんで?とかその理由とかを良く聞かれます。 二年じゃ何も分からないじゃないか、とか言われる事もありますし、実際自分でもそう思います。 でも、ありがちな話ですが、「限界」だったんです。 長時間労働にも、人間関係にも、朝晩襲ってくる過呼
中条 信一
2002
21

とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。(終章)

とあるブラック会社に入社して三か月が経ち、絶望的状況ながらも仕事に慣れて来た頃です。 自分の会社は協力会社と言う名目で、版権を貸して貰い、製作に仕事に携わる事が多かったです。 【お客さんから版権を借りる】    ↕ 【ゲームを作る(自分の会社)】    ↕ 【市場に流してくれる会社に委託する(バグ修正や市場提供)】 このような板挟みの構造になっている状況でした。 徹夜明けでタバコを吸っていると、 2
中条 信一
7601
2

とあるゲーム業界のブラック会社で夢の代償に僕が失った物。第2夜

専門学校を大半アルバイトで過ごし、プログラミング技術が無いのに内定を取って1日目。 僕は、都内のとあるゲーム会社のオフィスで、契約書を交わしていた。 自分の他に20名程採用されており、男性8割、女性2割と言った感じだ。 契約書の内容はこうであった… 研修期間:3ケ月(最長6ケ月) 日当: 5000円 交通費:自費 福利厚生:特になし 正社員雇用:随時 勤務時間:09:00~17:00( 残業はありま

書きかけのストーリー

Nishikido Shuheiさんの書きかけのストーリーはありません

Nishikido Shuheiさんにもっと聞きたい話リクエストする

|