STORYS.JP

木村 俊介

携帯見つかりました。

ストーリーをリクエストする

木村 俊介の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Tommy 1031
1889
64

一回り年下のアメリカ人と、電撃国際結婚しちゃいました。

2008年12月25日、クリスマス。 サンタさんから成田空港にプレゼントが到着した。 それが今の旦那さん。 当時、彼ハタチ。私、32歳。干支が同じアメリカ人。 彼の所持金:ゼロ。 つきあった期間:数ヶ月。 ※『ダーリンは外国人』みたいな明るい話を想像して読まれると、がっかりすると思います。どちらかというと、国際結婚のダークサイドと私自身の結婚論のようなものを書いていますので、それでもいいよ〜という方
廣川 ともよ
162
2

100組の新郎新婦様がレンズを通して私に教えてくれたこと

左手薬指を焦がしたマクドナルドからの卒業 今から3年前、大学に入学したばかりの私は求人サイトと睨めっこしていた。 高校2年生から1年半務めたマクドナルドを辞めたばかりで、新しいバイトを探していたのだ。 どうせなら趣味のビデオをいかせるバイトがしたくて、「大学生 映像」で検索した気がする。 するとたった1件だけ、結婚式の映像撮影の求人がヒットした。 勤務地は横浜近辺で、しかも時給換算ではなく単価制!
廣川 ともよ
484
6

13年間続けたバイオリンを辞めた理由

バイオリンを初めて触ったのは6歳の時だった。 どうして習い始めたのかは正直覚えていない。 でも母が言うには、どうやら私は隣に済んでいた3つ上のお姉ちゃんに憧れてバイオリンを始めたらしい。 「お姉ちゃんみたいなの弾きたい!」 と母に向かって言ったそうだ。 母がピアノの講師だったということもあり、私は「ピアノもしっかりと練習する」という条件付きでバイオリンを習い始めた。 レッスンは週に1回。隣のお姉ちゃ
Suzuki Takuya
19192
173

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書
佐藤 健太郎
517
2

ベンチャーの光と影

新しい拠点であるGMOオフィスの一角には、一人また一人と新しい仲間達が増えていった。これまでいた福岡ではロリポップやムームードメインの運営、東京ではJUGEMや新サービスの開発という2拠点体制となった。 ボクは広報と兼務してマーケティングのチームを率いた。ポータルサイトの運営に携わっていたという宮本さんとテキストサイトを運営している大学生の下田くんという二人が入社しチームメンバーとなった。このチーム

書きかけのストーリー

木村 俊介さんの書きかけのストーリーはありません

木村 俊介さんにもっと聞きたい話リクエストする

|