STORYS.JP

佐藤 俊介

 渋谷で2軒のアボカド料理専門店の舵取りをしている。そしてディープハウスのdj。写真家としてはベトナム人のパワーをテーマに写真を撮っている。2011年は2回サイゴンを訪れた。もう一度訪れて写真集にまとめたい。
 映画も大好き。dvdは数えるのが面倒なほどもっている。タランティーノみたいな悪ふざけは嫌いじゃない。
 最近は少子化問題に頭を悩ませている。僕らが子供だった時代の様なおもちゃ屋におもちゃが溢れ、多種多様な電気製品に溢れていた様な時代はもう来ないのだろうか?

 一件目はアボカド料理のカフェ madosh!cafe。表参道からの買い物帰りに最適な満腹系カフェめしや。http://mado.in/。ロゴマークはパラダイスガレージへのオマージュ。こちらはアナログ専用のdjブース有り。ロータリーフェーダーのvestax r-3を使用。jblのs2600スピーカーから流れるナチュラルな音が包み込む。内装はミワノブヨシ。

 2軒目は地球の味がするうまい料理+アボカド料理+安くて旨いワインのアボカドバル (sesso matto)セッソマット。地球の味ってのがポイント。みるからに旨そうで料理って感じのする見た目。胃液が溢れる様な匂い。地面の味 水の味のするって言うこと。そして70種類のアボカド料理 僕が築地に買いにいって揃えた食材が自慢。内装はまたしてもミワノブヨシ。店内にはビンテージラジカセ4発+アナログのdjブース。多数のゲームウオッチ 80年代に子供だった人たちの為の店内インテリア。

 バルとカフェ 気分で使い分を。

愛車
 ・ホンダ プレスカブ50
  荷台のとっても大きな新聞配達用のカブです。これで色んな物を運んだ。ベトナム人に負けないくらい。23区内ならかなり早く移動する事が可能な便利な乗り物。

 ・パス ギア ユー(電動アシスト自転車)
 新聞配達用の頑丈な電動アシスト自転車。しっかりした荷台と強力なアシスト力が魅力。渋谷は坂と信号と一方通行と人が多いので自転車が一番便利な乗り物。
 
 ・三輪自転車生活社製カーゴバイク
 立体アーティスト ミワノブヨシ氏が制作した前部が大きな荷台になった自転車。こいつでうちの犬を二匹のせて渋谷を走り回っている。

愛機
 pentax-k-5
ペンタックスのフラッグシップ機、小さくて簡易防水、最大iso51200そして大手のカメラと比べコストパフォーマンスが高いところが気に入っている。
  (smc PENTAX-FA 31mm F1.8AL Limited)
  (smc PENTAX-FA 43mm F1.9Limited)
  (DA FISH-EYE 10-17mm F3.5-4.5 ED[IF])
ボケの美しいフィルムカメラ用の単焦点レンズと魚眼ズームを海外旅行では愛用。
 
 ricoh grd4 white
 ・携帯性と速写性と画質を備えた一品。いつでも持ち歩けるところが魅力。

 ほかにもフィルムカメラもポラロイドも沢山もっているが引っ越しした時にしまい込んだまま。
 

愛犬

 アーサー(シーズー) 16才の天寿をまっとうしたシーズー。中学時代から一緒に育ち、両親の離婚も一緒に経験。社会に出はじめの時から自分の事で精一杯になり死ぬ前にあまり可愛がれなかった事を後悔。俺が死ぬときは一緒に散骨して欲しい。

 レオン(雑種) 8歳半の寿命を終えガンで2012年、永眠。相棒としてどこに行くのでも一緒だった。ガン治療中は川崎の動物高度医療センターにて治療。金は気にせず出来る事は前部してやった。後悔は無いがもう少し大好きな散歩をしてやりたかった。

 大五郎(パグ)2011年6月25日生まれ。レオンのガン宣告を受け、ペットロスの悲しみにふけていてどうしようもない時に思い切って購入。レオンにはうざすぎてよくしかられていたが天性のアイドルでありグルマン。旨いものをこよなく愛しているところが僕と似ている。
 
 コロンボ(バセットハウンド)2011年9月1日生まれ。レオンが死に大五郎だけがうちにいる様になったときにレオンと同じくらいの大きさの犬が欲しくて購入。そしてぐんぐんでかくなりレオンの大きさを超える。のんびりした性格がたまらん。

 

ストーリーをリクエストする

佐藤 俊介の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

佐藤 俊介さんが読んでよかったストーリーはありません

書きかけのストーリー

佐藤 俊介さんの書きかけのストーリーはありません

佐藤 俊介さんにもっと聞きたい話リクエストする

|