STORYS.JP

島田 修平

島田 修平の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

島田 修平の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

小林 高志
1311
2

30代半ばのオッサンが起業した話 第1話

今からさかのぼること3年前。 平日の3日間は本社勤務で、商品の梱包、商品の発送 。 ウッドパネル用の画像の補正、753シーズンは台紙の作成なんかをやっていた。 ( 要は雑用 ) 土日は、実店舗で子供連れの家族の撮影。 当時の会社にはシステムエンジニアとして入社 したが、 入社したての頃は、3キャリア向けの公式サイトの運用をやったり、 当時流行っていたSNSアプリのプロジェクトを任されていたが、 気が
西澤 良磨
90

アメリカの大学を辞め、20歳の青年がたった4万円で東京にやって来て、どん底から這い上がっていく話④

手術を終え、数日が経った。 母は持ち前の回復力で、日に日に元気になっていった。 みんな少し安心している。 手術室から出てきた時は、お腹を切ってるわけだから、麻酔が切れると信じられないくらいの激痛。 まともに話せる状態ではなかった。 俺もちょっとずつ元気になっていく母を見て、少しホッとした。 それとは裏腹にあの言葉だけが、頭の中でこだまする。 主治医 100万人に1人の癌と言われていて。。日本でも症例
小泉 憲一
2670
38

年収3億円の美人女子大生メンターの教え

今日も外回りの営業か… 行きたくないなぁ… 仕事してるふりしてどうやってサボろうかな。 いつか宝くじ当てて、早くこんな会社辞めるんだ。 毎日そんなことを考えていました。 朝早くに朝礼に出て、営業会議を終えると ホワイトボードにウソの訪問先を書いて 「行ってきまーす。」 車通りが少ない木陰に車を止めて、数時間 営業のノウハウ本や自己啓発本を読む。 努力しないでうまく行く方法がないか、 そんな魔法をいつ
山本 裕子
582
8

一風堂のスタンプカードが私に教えてくれた大切な3つのこと。

プロローグ ずっと自分の中にだけしまっていたことがあります。 こんなとこで公表してもいいものなのか。しかし、もう自分だけでは抱えきれなくなってしまいました。 他の方の協力が必要なところまで。  あともうちょっとで夢が叶うのです。でもタイムリミットがあと1ヶ月半後にせまってしまった。。  なので… ついに 、 ついに。 バリスゴカードのスタンプについて、募集したいと思います。  ===========
福元 惇二
2112
2

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(1)

証券会社の営業マンにとって、新規開拓は月に1件開拓できれば普通。 2件開拓できたならば、月間の目標達成の世界なのです。 事実、私の務めていた証券会社の月間平均新規開拓件数が1件でした。 なのに、 私は新入社員の1年間で100件以上の新規開拓を行い、3億円の資金導入を達成しました。 しかも、東京や大阪や名古屋のような都市圏ではなく、縁もゆかりもない 群馬県 で。 どうして、このような結果を残すことがで
菱沼 真
15186
31

大学生が22歳の時にたった3か月で500万円貯めて憧れのドイツ製最高級車BMW M3を買った話

これは友人JUNの語であり、JUNの言葉を僕(Makoto)が文字に起こしたものです。 【Makotoとの出会いは、3年ぶり。そして、運命はmixiから始まった】 きっかけはmixiだった。 大学3年21歳の秋に、当時友人間で流行っていたmixiにて高校の同級生と3年ぶりに偶然、再会した。 彼は高校時代部活が一緒だったMakotoである。 正直自分とはタイプが違うと思っていたが、当時の軟式テニス部を

書きかけのストーリー

島田 修平さんの書きかけのストーリーはありません

島田 修平さんにもっと聞きたい話リクエストする

|