STORYS.JP

宗元 俊二

宗元 俊二の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

宗元 俊二の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

Hamanaka Takeshi
128
10

”人生はこれで〇〇〇〇”4度目の美大受験に失敗した男が脇道を猛進して彫刻家になり20年後に悟ったこと

先日、職場でバイトの子が大学受験に失敗したと言って落ち込んでいた。建築内装を学ぶために大学を受験したが、全て失敗に終わったのだという。 悲しげな彼の後ろ姿が、昔の自分とダブって見えた。少しでも彼を元気付けたいと思い、4度目の美大受験に失敗したタケシという男の、その後の人生と 20 年後の様子について話すことにする。     完全な敗北   肌寒いボロアパートの一室で一人、最悪に憂鬱な気持ちで21歳の
和田 晃一良
2146
15

プログラマは社会の底辺がなる職業だと思っていたら、プログラマになっていた話

中高生の頃、プログラマはブラックだと思っていました。 小学生のとき、部屋にPCが置かれPC中毒となる 僕が小学5年生のとき、家にWindows 98のPCが導入されました。 その頃の私にとって、PCというのは、物凄く面白いもので、夢の機械のように思えました。 最初はマインスイーパやソリティアを遊ぶだけでしたが、日々PCをさわるごとに、どんどんできることが広がり、更にインターネットが使えるようになる
アルバート 伊藤
633
8

自殺を決意した40代のオジサンが直前でチャットした変な10代。

今の時代LINEというアプリは生活に欠かせないコミュニケーションツールになり、犯罪はもちろん、政治家の失言なニュースでも良く取り上げられるようになりました。ちょっと前まではこれを「メッセンジャー」なんて呼び方をしていた覚えがあるんですが、皆様が覚えている初めて使ったメッセンジャーはなんだったんでしょうか。 僕にとってそれは「ICQ」というソフトウェア(アプリ)でした。ICQは1990年代中東で開発さ
Motonaga Mitsuhiko
275
16

日本人の才能と海外の人の才能

日本人と海外の人の大きな才能の違いは、0からアイディアを生み出す才能とサービスや商品にアレンジを加えクオリティーを上げる才能に大きな違いがあると思います。考えてみると分かりますが、電化製品、車、インターネットサービスなど100%日本初という商品はあまり思い当たりまあせん。例えば、最近騒がれたIPS細胞も元はイギリスの学者の研究を基に山中教授がアレンジした結果大きな成果を得ました。この文章から推察され
山口 友里恵
651
18

生まれ変わったら『絶対に男になりたい』と30年間思い続けた“専業主婦”が女の世界に飛び込んだ理由 〜キッカケはある日、突然に〜

この話は、生まれ変わったら絶対に男になりたいと思っていた友達"Mさん”の話。 初めて2人でしゃべったのは、森の中のテント。その日はそこで二人で寝ました。 この不思議な出会いから始まったストーリーは、やがてMさんを暗い海の底へと 潜らせることになるのですが。。。 私は女の世界が嫌いだ 「生まれ変わったら、絶対に男になりたい」 それは、わたしがずっと思っていたことだった。 女の世界が嫌いだ。 表面上仲良
Suzuki Nana
11293
32

やくざを泣かせた5歳の息子の話

こころ を すまして みてごらん はな は はな として うつくしく あなた は あなた として うつくしい ただ それだけのこと が いとおしい あれは暑い夏の日のお昼過ぎ・・・ いつものように、2歳の娘を連れて息子の幼稚園へお迎えに行った帰り道。 「アイスクリーム、食べようか?」 暑かったので、三人で駅前のベンチに腰掛けて、アイスクリームを食べることにした。 そんな日常の一場面。 もし、あのやく
佐藤 政樹
22564
124

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんのわずかな違い~生き残る人・消える人~11のポイント 「劇団四季に入るためにはどうしたらいいですか?」 この質問、僕のところにネット経由で頻繁に来る。 この二年位は、劇団四季のステージを夢見る若者たちのためになれればと丁寧に返信していたのだが ・有益な情報をもらうことしか考えていない ・あまりにも意識が低い ・まったく行動しない という人が多すぎて
たつみ かずき
140
3

音楽に国境は存在しなかった。言葉がなくても語ることのできたカナダ5ヶ月留学。

こんにちは。長野県小谷村-OTARI-の古民家で宿を運営しているたつみです。 自分の過去を書きまとめる作業、5回目でございます。 誰もが持つ過去から紡がれる物語の断片を。 自己満足にもネットの世界へ解き放つ次第です。 お暇な方はどうぞお付き合いいただければこれ幸いにございます。 さーむおあてぃけん? -2004年1月 さらば日本!! 当時高校二年生で17歳のぼくは上空何万mに浮かぶ鉄の塊の中で快適な
佐藤 政樹
2462
50

内定ゼロのバンドマンが23歳でバレエを始めて劇団四季の主役になった話

内定ゼロのバンドマンが劇団四季の主役へ 就活負け組の元フリーターが劇団四季で主役まで這い上がり、その後転落して野菜を抱えて飛び込み営業をすることになったが今は復活して講演家をして生計をたてているって言ったら信じてもらえるでしょうか? 僕はそんな、ちょっとスパイシーな人生を歩いてきた人間です(笑) 就活で一社の内定もとれずにそのままフリーターとなった僕が、大手企業の人事採用担当者の方々が集まる研修会で
宇野 成人
285
2

神様はバリにいた「一歩間違えれば死んでたのに何笑ってんの?」神という厄介な存在を知った、神々の島バリ島

「神様が見てるよ」 空を指で差しながらこう言えば、タクシーでもボッタくられないし、物売りにふっかけられる事もないよ、この国では。 ナシゴレンを食べながら、もうバリ島に来るのは3度目だという先輩が、 笑いながら教えてくた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 今から21年前、 23歳の時に生まれて初めて行った海外旅行は「バリ島」でした。 当時のぼくは、 パスポート

書きかけのストーリー

宗元 俊二さんの書きかけのストーリーはありません

宗元 俊二さんにもっと聞きたい話リクエストする

|