STORYS.JP

佐野 創也

佐野 創也の人生のストーリー

ストーリーをリクエストする

佐野 創也の人生のストーリー

読んでよかったストーリー

タナカ ミノル
644
21

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

病院に行かなくても自力でガン細胞は消せる!? もしそんな話を聞いたら、あなたはどんなことを想像するだろう? そんなもの信じない? 怪しい民間療法かも? はたまた悪魔祓いのおまじないみたいなものを想像するかもしれない。 けれどもちょっとまって欲しい。 先日私は、TOC(制約理論)を肉体への投資に応用した結果、1日の運動は12分間だけなのにもかかわらす7週間で体脂肪を7.4kg減らして仕事もはかどり元気
榊原 正幸
284
2

高校も大学も中退し、就活もしていない波瀾万丈な人生を歩んだ私が、学校教育を変えたいと決意した話

私は、せっかく入学した高校を、理不尽なことがキッカケとなり高校2年の時に自主退学し、その年に大検(大学入学資格検定)を取得し、大学へ進学するも、家計の事情により仕事をせざるを得なくなり、大学も中退しました。 元々福岡出身だったのですが、出稼ぎのため茨城の工場で半年間みっちり仕事をし、家計の問題を解消させ、福岡へ帰りました。 世間を賑わせた派遣切りが起きる1年半ほど前だったので、頑張れば頑張るだけ稼ぐ
宮川 耕
332
4

起業家がスタートアップウィークエンド東京に参加して実感したことを本音ベースで話します

スタートアップウィークエンドとは? スタートアップウィークエンドは全世界の主要都市で行われている3日間がっつり「スタート アップをやってみよう!っていうNPO運営のイベントです。参加費は7食付いて9000円。 今回は2013年5月10日(金)~12日(日)に行われました。 会場は@渋谷のサイバーエージェントの13F会議室。 今回、100名以上収容できるスペースを無償で解放してくれました。intely
宇野 成人
98
1

大人に想像力さえあったら、救われた子供は居たんじゃないか?と思う。

自分が子供を持つようになって、 やたらとTVで目につくようになったのが、子供の虐待のニュースです。 特に、ご飯を与えないとか、育児放棄、度が過ぎた折檻など、 子供が死に至るケース。 けしからん! 人として欠落している! 子供を産む資格が無い! なんて、世間は大騒ぎします。 そんなニュースを見ると悲しくなるし、ひとりの親としてやはり考えさせられます。 しかし、不思議と怒りは湧いてこないんですよね。 ぼ
嶋津 幸樹
737
3

英語教育の被害者が留学し虐められ17歳で起業、20歳で出版、そしてオックスフォード大学院ロンドン大学院ダブル合格

Chapter1 人生に転機を齎したオーストラリア短期留学 僕の部屋にはバベルの塔の水彩画が掛けられている。言語が分かれた原因ともいわれるバベルの塔だ。「言語」それは人間がコミュニケーションを図るために不可欠なものである。自分の人生の転機を齎したその バベルの塔 には深い思い入れがある。  高校2年の夏、日本の偏差値教育に苛立ちを感じ、また将来の展望が開けずにいた僕は、オーストラリアへのホームステイ
間部 理仁
3094
57

学年ビリ、偏差値30台の落ちこぼれが、大学を辞め、世界の名門ロンドン大学に留学、そして商社マンになる話

担任「お母さん!お子さんがテスト中にいなくなりました。」 数学の試験中にいなくなった僕を心配し、高校の担任の先生が家にまで電話をしてきた。 問題を見ても全く分からないので、考えるのを止めて教室を出た。 高校三年時の偏差値は30台。試験前には担任が赤点を取らないように電話してくるほど成績が悪く、学年でビリを争う 四天王 と呼ばれるほど バカ だった。 授業中に勉強もせず何をしていたかと言うと、ゲームを
和田 晃一良
2055
15

プログラマは社会の底辺がなる職業だと思っていたら、プログラマになっていた話

中高生の頃、プログラマはブラックだと思っていました。 小学生のとき、部屋にPCが置かれPC中毒となる 僕が小学5年生のとき、家にWindows 98のPCが導入されました。 その頃の私にとって、PCというのは、物凄く面白いもので、夢の機械のように思えました。 最初はマインスイーパやソリティアを遊ぶだけでしたが、日々PCをさわるごとに、どんどんできることが広がり、更にインターネットが使えるようになる
Kinjoh Narumi
368
19

好きなように生きてはいけないのか?

わたしは決断のシーンに直面している。 今の仕事をするのが、非常につらい。 自分の興味や価値観からかけ離れた仕事をしている。 性に合わないというか、なにか根本から、心と体がそれを拒否している。 そういうことで、働くこととか、生き方とか、そういうテーマの本を読みあさり、ネットサーフしたりする。 自分に都合のいい意見に出会うと、 「こんな生き方してもいいんだ!」と勇気づけられ、 厳しかったり、図星な意見に
Handa Naoto
49262
126

「お腹の子は、無脳児でした。」~葛藤と感動に包まれた5日間の記録~

「大事な話があるから、 電話に出られるようにしておいてね。」と、 妻のはなちゃんからLINEが入った。 昼休み。丁度、店内でチキンクリスプの包み紙を開けるところだった。 「そうかあ、本当にだめだったのか。」と心の中で深くため息をついた。 確かに、はなちゃんは病院に行く前から気にしていた。 「もうちょっとお腹大きくなってもいいころなのに。 ちゃんと育っているか心配。」 1か月くらい前から、何度かそう話
Suzuki Takuya
18633
170

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

初めて警察に捕まったのは13歳の時だった。 神奈川県川崎市の宮前警察署に連行され、やたら長い調書をとった。「朝起きたところから捕まるまでの過程をすべて話せ」そう言われた。 「マジで言ってんのこのクソ警察!?」 そう思ったのはよく覚えている。警察がワープロで書いた調書を印刷し渡してきた。「調書のタイトル書け!」そう言われても何書けばいいんだろうと思っていたら。 「ぼくのやったこと」 と書けと指示され書

書きかけのストーリー

佐野 創也さんにもっと聞きたい話リクエストする

|