よく電車へ飛び込み自殺をすると、何十億もの賠償金が請求されるという話を聞くけれど、結論からいってしまえば、それは都市伝説だと思う。というのも、僕自身、1円も請求されなかったからだ。しかも、地下鉄メトロが「加害者」、事故を引き起こした僕自身が「被害者」として保険の適応まで認可されたのだ。


なぜこんな温情(?)措置がとられたのか。理由は定かではないが、推測するに電車の人身事故というものは、「法律上の損害賠償権が成立しない、あるいは成立しづらいから」ではないかと思う。しかし、これはあくまで都合のいい憶測でしかない。だから、真相はよく分からないままだ。が、事実としていえるのは、今回の事故で僕は地下鉄メトロ千代田線を遅延させた。が、賠償金は一切請求されなかったということだ。


しかしもし賠償金を請求されていたとしたら、その金額はいくらになったのだろう。まず必要なのは、乗車客の代行輸送料だ。人数にもよるが、乗客全員に支払うわけだから、かなりの金額になるだろう。それから傷つけた車輌の修理費も必要だ。そして、事故の収拾にあたった社員の人件費。その他には何があるだろう。想像もつかないが、億単位の賠償金が請求されたとても、決して不思議ではない。


でも、実際はどうなのだろう。地下鉄メトロからは請求されなかったけれど、他の鉄道会社の事情はどうなっているのか。ためしにJR東日本に話を聞いてみることにした。しかし答えは「そのような情報は一切公開しておりません」というなんとも素っ気ないものだった。ちなみに、東急電鉄、西武鉄道、東武鉄道もほぼ同様の答えだった。だから賠償金に関する真相は結局、謎のままだ。が、繰り返しになるが、「地下鉄メトロは電車遅延に対して損害賠償を請求しなかった」。これだけは事実だといえる。


そして入院費(というか手術費)だが、約一ヶ月の入院(その間は時間ほぼ途切れることなしに、安定剤、鎮痛剤、その他もろもろの点滴を受け、後遺症の診察やリハビリも行った。そして、事故当日は救命手術、その後はセラミックカーボン製の人工頭蓋骨を装着する大手術を行った)で、どれくらいの金額が必要だったのか。


これは率直に具体的な数字を書いてしまおう。手術費は245万円だった。


普通、癌の治療にかかる費用が100万円前後だから、自分でいうのもおかしいが、かなりの大事故だったのだと思う。245万円の請求書をもらったときは、はっきりいって度肝を抜かれた。まず第一に、こんなに払えない! もちろん保険にも入ってないし、どうしたらいいんだろう。借金でもしようか...。


が、この話にはつづきがある。まず、病院へ高額すぎて払えないことを伝えた。すると、事務局はいかにも手慣れたふうに、支払い方法を説明してくる。きっと、入院費用を払えない人は僕の他にも多くいるのだろう。


そして勧められたのが「限度額適応認定」だ。この制度は会社員なら加入している保険組合から、その他の人なら誰でも国から援助を受けられるというもので、最高でも月額最大8万7430円を支払えばいいという、神の恩寵のような制度だった。


だから結局僕が支払ったのは約10万円だけだ(入院期間が一ヶ月を越えたので、8万円を少しオーバーして、この金額になった)。


よくお金がないから入院できないとか手術ができないという話を聞くけれど、どんなに大手術をしたとしても、月に最大8万円ですむのだ。だから、費用が払えないからといって入院を恐れている人がいたら、ぜひ早く病院へ行ってください、といいたい。


大きなお世話かもしれないけれど、病気の発見が遅れて、手おくれになるくらいなら、早く検査を受けたほうがいい。

【その4へつづく】

読んでよかった

もうすぐ春。新しい暮らしがはじまるこの季節に、 STORYS.JP特別タイアップを開催しています。
暮らしの中には、ストーリーがある。

このストーリーをブログ等で紹介する

企業の皆様へ

ストーリーの持つ、人に伝える力。私たちはこれを信じ、企業の皆様の想いを世の中へ届けるお手伝いをさせて頂いております。
簡単なものでおそれ入りますが、概要はこちらです。

間違ってますね。
今回は月を跨いだのでで済んだから高額医療費が適用されたのかもしれませんが、本来短期間での入院になると高額医療費適用外です。

天川 智也

http://tomoyaamakawa.com/

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

フィリピンで警察に捕まって帰れなくなった日本人の話

【シリーズ通算6万PV記念】★11★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【小学生のハリウッド映画のオーディション@ロンドン】

ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。粗筋

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

コネで適当に決まった就職がその後の生き方を変えた 最終回

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿⑤人を嫌うときは必ず自分の心に問題があるって話。

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿①辛い時にこそ面白がろう!

住所不定無職の旅人なのに結婚することが出来た話①

就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その7:閑話休題】

偏差値30台から、4年浪人して獣医学科に入学した話 第6回

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その5:アビラ】

高校進学を言葉がさっぱりわからない国でしてみたら思ってたよりも遥かに波乱万丈な3年間になった話【その4:夏の始まり】

天川 智也

http://tomoyaamakawa.com/

天川 智也

http://tomoyaamakawa.com/

天川 智也さんの他のストーリー

  • 電車にひかれて全身骨折。脳みそまで飛び出したけど、生き返った話【その3】

  • 天川 智也さんの読んでよかったストーリー

  • 海外で起業し、【500万の赤字】と【リストラ】を経験してやっと学んだ「○○がない事したらあかん」という話。