毎週火曜日 指なしおっちゃんに会う。

このエントリーをはてなブックマークに追加

まなお 

JKブランドという素晴らしい肩書きを所持しているのが誇り。
夢は日芸に合格して脚本家になること。
毎日を生き生きと!時には陽気に!時には真剣に!生きている。
私には人生のルールがある。
シンプルなのだが自分の中ではこれだけは曲げたくない。
そんなルール。
・人と向き合う事から逃げない
・人と関わるならばその人から得るもの全てを得て自分に活かすこと
・辛くても傷つく事があっても最後は自分にとってプラスに持っていくこと
・娯楽を追求すること
他にも思うこと感じることは沢山あるが何かあった時は冷静にこれらを思い出し行動している。(最後のはちと違う。)
今でこそちょーポジティブシンキングなまなおだが昔からこうだった訳ではない。むしろ今とは真逆と言ってもいい。
ずーとイジメられっ子で自分が大嫌い。
死のうともした。
(今では笑い話だし、むしろイジメてくれた人たちに感謝すらしている。)←理由は興味がある人にだけ話します…笑

そんなまなおがポジティブシンキングになるまで、そして今も、私を愛して出逢ってくれた人達のことを書いていきたいと思います。

初めてはやっぱり
指なしおっちゃん。


学生がブレザーを着始めた頃
私は少し長めのスカートを更に長くして寒さを防いでいた。
足早と学校を後にして家とは反対の方向へ足を運んだ。
15分ほど歩くと見えてくる。
人通りが少ない道路の曲がり角に少し濃いめの茶色が印象に残る今にも潰れそうな小さな酒場が。
話によると老舗らしい。
看板に年季が入っているのが見てとれる。
店の外にはオンボロな外観には似合わない綺麗な硝子の丸机と椅子があって、そこに座りながら外まで聞こえてくる客のカラオケを勝手に採点するのが私の日課だった。
今日もまた声が聞こえる。
雑音を切り捨て耳を澄ませる。
いつもは最後まで聞く。だけど今日は10秒ともたなかった。
「酷い……。30点もない。」
音程は皆無でそもそも歌っているのかわからない。オンチ改善参考書のビフォーの例に出てきそうだ。
いつもは聞かない声だから新規の客だろうか?そんな事を考えながら日が沈むのを待っていた。
本を2冊ほど読み終えた頃
店のドアが音を立てた。
出てきたのは明らかに金のかかっている光沢が眩しい真っ黒なスーツを着こなしている長身のダンディーなおっちゃんだった。
女に困ることはないだろう。と言った感じ。
この人…さっきの歌の人だったら複雑だなぁ…。

「ママ、有難うな。また来るわ。」

その声は紛れもなくさっきのオンチだった。
勝手に失望し言葉を失っていた私におっちゃんが気ついた。

「ん?あらーネェちゃん。こんな場所で何してるん?寒いやろ。ほれ。」

差し出されたのはホッカイロ。
使用済み。
舐めてるわ。この人。黙ってたらダンディーで魅力的なのに。なんて残念なんだ。
頭の中で初対面のおっちゃんを残念という位置づけに置いた。

「それより!はよぉ帰りよ。オネェちゃん。親御さんが心配するで。」

「家にいないので別に。」

「なんや?訳ありか?げははは!
それともーグレてんのか?げははは!」

おっちゃんは大きな口を更に大きくあけて笑うのでもはや口裂けのようになっている。

その日、おっちゃんは私が家に帰る気になるまで話し相手になるともう一つの椅子に腰掛けた。
居座られた。という方が正しいかもしれない。

途中おっちゃんの左人差し指の第二関節から上の指が綺麗に切れていることに疑問を持った。
普通あんな所からストンと切れるのか。と。

「あの、一つお伺いしてもいいですか?」

「なんや?」

「なんで指ないんですか?」

「あんた!直球過ぎるわ!あかん!オモロイな!げははは!げははは!

あ、そうそう。で、なんで指がないやって?
んーおっちゃんな昔ヤクザやったんよ。
でもな、家柄がヤクザって訳でもなーんでもなくてな。
入れえくれぇ!って頼んだらやで?
そん時の幹部がサツの送りないこと証明せい言うてかわりに指持って行きよったんや。
いったい話やで。全く。」

「本当にあるんですね。それ以上は聞いてるこちらが痛いので聞かないです。」

本当に心臓が痛かった。
なんで裏切り者でない証拠が指なんだ。
痛みで人を服従させるやり方は好きじゃない。反発心が爆発した時、対処が面倒だからだ。

なんて事を考えているとおっちゃんが口を開いた。

「おっちゃんからも聞いてええか?」

「ええ。どうぞ。」

「あんた、見たところ…
20代に間違われる中学生ってとこやな。
にしても死んだ魚の目みたいやな。
なんでそんな目しとんねん。」

うっわ…。
死んだ魚の目は置いて置いて。
20代に間違われる中学生は見事的中していた。
この間なんて15歳の誕生日のはずが
【22歳のおめでとう!】なんて言われたものだ。

なんでわかったんだろう。
おっちゃんからしたらクソガキのことなんて見たらわかるもんなんだろうか。
私はまだまだわからない。自分も人も。
わかりたくないというのも少しある。

「失礼ですね。落ち着きのある中学生ということにしておいてください。」

「ふーん。まぁ頑張りよ。」

何を?
と言いかけて辞めたのは私の臆病な所だろう。
いつだって人と向き合わず傷つく前に自分を守る。
そんなことだけいっちょまえに上達した。

答えを聞いてしまったら泣くと思った。
おっちゃんはなんでも見透かしてるとわかっていた。

「もう暗いので帰ります。
こんな時間までお付き合いして頂いてありがとうございました。
お気をつけて。」

「なんや。えっらい事務的やなぁ。
まぁええわ。おっちゃんな、毎週火曜にここ来るからな。」

「そうですか。では。」



それからというもの無意識に火曜日を待っている自分がいた。

おっちゃんは多分…あの酒屋に用事はないんだろうな。

だとしたら何のために本当に毎週火曜日、あの場所にいるんだろう?



ブレザーの季節が終わって、今度は花粉と死闘を繰り広げる季節になった。

私の毎日は相変わらず退屈だったが、
おっちゃんは毎週火曜日必ず面白いネタを持ってくる。
笑うことも増えた。気軽に話せるようにもなった。

いつもおっちゃんを羨ましいと思った。
どれだけ人生を謳歌しているんだろう。

そんな相変わらずのおっちゃんだけど、
少し痩せた。髪の毛も抜けていった。

「あれは歳のせいなんかじゃない。
絶対…。」

空に向かってボソっと言って考えた。
おっちゃんは何と闘っているのかな。って。

また火曜日がやってくる。
今度はちゃんと…

「おっちゃん。」

「んー?」

「なんか…あったの?」

おっちゃんはほんの一瞬眉を反応させたが
またすぐにいつものおっちゃんに戻った。

「なんでや?」

「髪の毛。それ抜け毛とかじゃないでしょ?わかるよ。」

おっちゃんはハァと溜息をついて頭をポリポリかきながら話してくれた。



1年前、癌になったこと。 
治療をすれば治るかも知れないが、再発の可能性は高い。と言われたこと。
その時点でおっちゃんはもう手術する気はなかったこと。

家族はいなくて仕事も潮時、なら生まれ育ったこの街で死のう。と東京から戻ってきたこと。

そしたら私に出会ったこと。

私と会えて直感で嬉しい。と思ったこと。

「おっちゃんな、あともう少しや。
でもな、後悔なんてあらへんで。
あんたとおると楽しいしな。
この街も昔となんも変わってなくて好きや。」

遠くを見ながら話すおっちゃんの目には涙がたまっているように見えたけど、ハッキリと確認できないのは私の目から涙が溢れていているからだ。

「おっちゃんが…

おっちゃんがいなくなったら私…どうしたらいい?
学校じゃイジメられっ子で友達なんてろくにいない。家には帰っても誰もいないし、難病指定の変な病気かかったし。や、治療頑張るけど。だからおっちゃんの髪の毛もなんとなく病的なものだとは思った。
なんか毎日楽しくなったけど、おっちゃんと話してる時だけは楽しいのに。
いなくなるとかそんなん…。」

無茶苦茶な言葉だけど初めて本音が言えた。
涙だけじゃなく鼻水もでてくるから息が苦しい。

おっちゃんはしばらく黙り込んだあと、
いつもの笑顔で言ってくれた。

「…そうやったんか。頑張るんやで。

あとはそやなぁ…もっと人前で笑い。
笑ってる時、なかなか可愛いで。若かったら口説いてたわ。」

あまり多くを言わず綺麗事も言わないのが
おっちゃんらしい。

でも私は言いたいことまだまだあった。


「おっちゃん…お願い。
まだ私、1人じゃ笑えない。
言いたいこと、伝えたいこと、いっぱいある。

だから、手術してまたここに来て欲しい。
ずっと待ってるから。
これからも毎週火曜日、ここに来てよ。」

おっちゃんは何も言わないまま、立ち上がり
私に背を向けた。

行かないでよ。おっちゃん。
悲しい想いが胸にこみ上げた。

おっちゃん…
本当は初めて会った日から楽しいって思ってた。
毎週火曜日、楽しみだった。
素直になろうって陰で努力してみたりもした。
でも全部おっちゃんがいたから…自分1人の力じゃない….。

言え!そう思っても頭がこんがらがって声に出せなかった。


「…しばらくは来れんくなる。

でも絶対また火曜日。ここに来るからな。
それまでに人前で笑う練習しとけよ。」
「…うん!!!!」

このあとおっちゃんが火曜日にこの場所に来ることはなかった。




おっちゃん。
元気ですか?まなおは元気です。
今ではハッピーオーラ全開です。
よく笑います。笑われます。
おっちゃんはまだ面白いネタを集めていますか?
でも今なら互角だと思います。 私の毎日はクレイジーでエキサイティングです。
あのあと自分なりに考えました。
伝えたいこと沢山あると言ったの覚えていますか?
結局伝えれずじまいですね。
私はあんな思い二度としたくないです。
胸がえぐられるような思いです。
だから不器用なりに自分の気持ちを言葉にしています。
おっちゃんがもし私のことをまだ見てくれているなら、伝えたいです。

ありがとう。
そして、またいつかあの場所で火曜日に会いましょう。今度は笑顔で。

と。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

平田さん
 人生はどうしてもネガティブな考えに陥ってしまうものです
 おっちゃんとの出会いがポジティブへ変化するスイッチになったとしたら「人との出会い」は大切です
 あなたは「人との出会い」をつうじて“自分の心の幅”を広げられと思います。
 これからも自分磨き頑張って下さい(無理をしない程度に!)

ありがとう。

平田 愛美

関西のアホ 灯台下暗し

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

実話!魔法のランプが3つの願いを叶えてくれたすごい話。

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(6)英国の素晴らしさを徹底的に語る

31歳 妊娠4ヶ月 肺ガン発見から妊娠継続治療法を選択し命をかけ出産をしたシングルマザー〜出産編〜

ボクが京大を7回受けたワケ

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

京大英語で8割、京大数学で7割をとった方法

余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記-3-

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第7回〜完結編〜)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

3.11のあの日 東京で

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

平田 愛美

関西のアホ 灯台下暗し

平田 愛美

関西のアホ 灯台下暗し

平田 愛美さんの他のストーリー

  • JK選出 読めば何かしら得ることのある小説