結婚恐怖症と罪と罰と〜砂粒のようなチャンスを生かす方法〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
45





女性の気持ちが全く分からなかった男が気づいた
致命的な欠陥と砂粒のようなチャンスを生かす方法




2002年11月のある朝

東横線武蔵小杉駅のホーム、

私は渋谷方面行きの電車を待っていました。



遠くにちょっと気になる女性が

それが運命の一ページになることに

まだ気が付いていませんでした。


*****


本心の声に向き合わない男


さて、いまからもう20年以上遡りますが

20代半ばを過ぎた私は、ある女性と同棲していました。

相手は学生時代からの彼女です。


同棲して一年が過ぎた頃

彼女の父親が

“そろそろ結婚するかハッキリしなさい”

そんなメッセージがあったことを

彼女の口から聞かされます。


彼女のことは好きでしたが

結婚のことは当時考えていませんでした。

そんな私にとって

決断を迫るメッセージでした。


いろいろ考えた結果

結婚を決意、結納をすることに。


私の場合、既に両親がいませんでしたから

叔母と祖父に当時住んでいた

川崎のアパートに来てもらい

彼女の両親と共に結納を済ませました。


結婚式までのカウントダウン

なぜか気持ちがすぐれないのです

それも強烈に


まだまだ仕事も半人前の自分

勤めていた広告会社では

デザイナーという肩書きは持っていても自信もなく


こんな自分が結婚するのか

それに、ほんとに目の前の彼女でいいのか

それがマリッジブルーだったことに

気づいたのはもう少し後のことです。


結婚披露宴一ヶ月前

モヤモヤした気持ちを彼女に告げ

結婚式を取り消すことを相談します


他に彼女がいたとかではなく

“彼女でほんとにいいのか”

心の底から、そう思えなかったのです。


そして

彼女に内緒で

岡山に住む彼女の両親の元へ一人謝りに向かいます。


会社に出社せずに乗り込んだ東海道新幹線の中、

いままでの数年間が頭を過ぎるのです

いままでの人生

彼女との月日

そして、結納に来てくれた

祖父や叔母の顔が浮かぶんです。


迷惑を掛けちゃいけない

このまま進んでしまえば迷惑は掛からない


本心でないことは十分分かっているのに

岡山の彼女の両親を目にしたとき


“すみません、結婚します”

そんな宣言をしたのです。


相手も困惑していましたが

一ヶ月後の結婚日を迎えます。


当時としては先駆けだった

ハウスウェディングでした。


青山骨董通りを少し入ったところにあるお屋敷

友人もそれぞれの家族、親戚一同

みんな喜んでくれました。


*****


あたまがおかしい男



結婚して、外で遊ぶようになります。

外とは、友人との飲み会やら浮気相手を探すやら

ふわふわふらふらした状態です。


結局は生涯の伴侶という意識の欠如だったのです。

相手にとっては最悪で最低の男でした。


そして見つけてしまうんです。

恋人、そんな表現が正しかったかも知れませんが

倫理道徳に反する行為。

どんどんはまっていく自分。


戻れない自分に気づき

奥さんに別れを告げます。


慰謝料の誓約書を用意し

相手の両親の元へ


事前連絡もせずに

いきなり岡山に伺った私に

相手の両親はびっくりしていましたが

私は生まれて初めて心から土下座をしました。


ぶん殴られることを覚悟で

一人乗り込んできた私に

その場でラーメンを作ってくれて

そしてそれが相手の両親との最後の食事となります。


ラーメンを口に入れる私

涙が止まりません

ラーメンが喉を通ることは出来ませんでした。


その後三年間にわたり、少しずつ慰謝料を払い続け

宣言した金額を完納。


あの新しい恋人との未来を夢見て…


*****


情熱はどこに、愛情はどこに


新しい恋人と結婚することを決意し

結婚式を考えるのですが


一度離婚した男が

また友人、親戚一同を呼んで披露宴をすることなど

考えることは出来ませんでした。


二人だけでの結婚式と新婚旅行を兼ねてイタリアへ。

フィレンツェの教会で上げた結婚式には

新婦の両親も参列してくれました。


帰国後、外苑前のレストランに

親しい友人だけを呼んで

披露宴を兼ねた二次会パーティー

いよいよ新しい人生が始まることに幸せいっぱいでした。


パーティーを終え

初めて相手と暮らすことになります。


しかし、その頃から

私は、会社を辞め事業を立ち上げたいと

具体的に考え初めていました。


セミナーや講座に参加したり

仕事を任される嬉しさから

会社に泊まったり、徹夜したり

そして2002年の独立後

いよいよ会社を立ち上げます。


会社を立ち上げても

すぐに上手くいくか、、、

そんなことはなく


悩んだり、迷ったり、挫折と試行錯誤の日々

時に鬱っぽくなることもありました。


家族のコミュニケーションも上手くいかず

奥さんに当たることも


結婚したことで安心し

出会った頃の情熱は

すっかり仕事の成果を追うことだけに

向けられていたのです。


*****


突然の終演と運命の出会い


いつしかせっかくの結婚生活も

沈黙と怒りの交差する悲しい場に変わっていました。


そして最悪のシナリオを迎えます。

それはあの夏の日、突然に。


奥さんの相談相手

その男性と彼女が出来てたんです。


うち砕かれた男のプライドから

奥さんには一緒に住めないと告げました。


即実家に帰る彼女、

相手にとっては都合が良かったのだと思います。


自分の話を全く聞いてくれない私と別れて

新しい彼氏へ向かうことが出来るのですから


私は、自分を責めました。

彼女の話を何も聞いてあげれなかった、

耳を傾けていなかった。


でも、仕事は必死だった

未来のために必死だった

ただそれは自分自身のことだけ優先していたと

受け止められていたんです。


実家に戻った奥さんを説得すべく

数ヶ月に及ぶやり取り


しかし

“もう戻れない”

その言葉が彼女の決断を裏付けていました。


やり直しは叶うことなく

離婚の手続きの日を迎えることになります。


二度目の離婚です。

結婚生活は二年持ちませんでした。


一度目の結婚で蒔いた種を

二度目の結婚で刈り取ったのです。

一度目の結婚の罪を

二度目の結婚によってその罰を受けたのです。



正直、死のうと思いました。

車にガソリンを積んで

崖に飛び込むことを考え、

彼女の家に火を付けて死ぬことも

本気で考えました。


人間はこれほどまでに

恐ろしく自己を制御出来なくなることを知りました。

まったく哀れな男です、

哀れというより学びも何もない男です。


やる気も気力もなく

日増しに痩せこけていく私

ただ惰性で仕事をする日々


もちろん、クライアントの前では

笑顔を見せながら気づかれまいと必死でした。


そして11月に入ったある金曜の朝

会社へ向かう電車の中

運命の女性と出会うのです。


*****


この男は何を学んだというのか


東横線武蔵小杉駅のホーム、

私は渋谷方面行きの電車を待っていました。



遠くにちょっと気になる女性が

それが運命の一ページになることに

まだ気が付いていませんでした。


最後尾の車両に乗り込み

無意識に空いてるシートに座る。


目を上げると

先程の女性が目の前に座っているではないですか。


これからどこに行くのだろうか

それにしてもなんとも幸せな顔をしている

自分とは真逆の明るく健やかな表情に

心が一瞬で惹かれていくのが分かりました。


あの時の気持ちは

“DNAが反応した!”です。


気が付くと、カバンから名刺を取り出し

自分が降りる学芸大学の駅で

その女性に渡していました。


それも、“すみません”

たった一言だけ添えて。


相当気持ち悪かったと思います。

ただ、自分の名前だけでも

その女性が一瞬でも目にしてくれるなら

それだけで幸せ、そんな気持ちでした。


ヘンタイですね、フシンシャですね

その日、そのことを友人に話すと

“まったく意味が分からない行動ですね”

そう言われました。


その通りですね。


しかし、その夜・・・


11月の忘れもしないあの寒い夜

早めに布団に入って寝ていた私


携帯が鳴って出ると

以前勤めていた会社の社長からの飲みの誘いでした。

飲める気力もなくお断りし

電話を切ります。


布団に入り目をつむると

また携帯が鳴るのです。


“はい、だから今日は無理です・・・”

“あの~、今日名刺をもらったものですけど”


???!!!


えぇ===あうおえぇえええ===!!!!!


今朝の電車の女性からの電話でした。

“渡された名刺の意味を教えてください”

私は、素直に、あの時の気持ちを伝えました。


あまりに幸せそうな表情だったこと

正直、私の中で好みだったこと


電話を一分一秒長く話したかった私

あとは何を言ったかまったく覚えていません。


後日、食事をご一緒する約束をし

体の中に何ヶ月ぶりに血が流れ出すのを感じました。


初めて一緒に食事をした自由が丘のお店

そこでこの私

馬鹿正直に二度の離婚の話をしていたんです。


そりゃドン引きですね。


でも、もう失うものはない私

こうして好みの女性と一緒にいるだけで

幸せでした。


それから何かの間違いだろうか

運良くお友達として

スタート出来るのですが


ある日、その女性の携帯が全くつながらない日がありました。

翌日、会ったときにこんな言葉が


“彼氏と別れてきた”


!!!


彼氏がいたんですね。

でもそれは、私に交際を申し込んでもいい、という

相手からの許しの言葉でした。


*****


何を見ている、誰を気にしてる


一年の交際後

二人にとって運命の出来事が起こります

赤ちゃんが出来たのです。

耳を疑いました。


結婚もしていないのに

赤ちゃんが出来るなんて!!!


お父さんになる喜びは

正直ありませんでした。

失礼な男です。


結婚しても

また、

別れることになるだろうと思ったからです。


恋愛だから成り立つだけ、

結婚して、二人の誓いなんか立てても


あの日はあの日、

いまは今、

またきっと別れるに違いない


もう、結婚は懲り懲り、、、

それなのに、なぜ赤ちゃんが!!!


彼女に、

“赤ちゃんをどうするか考えさせて欲しい”

そう伝えました。


彼女も決断できないこの男を相手に

そして我が身に起こった出来事に

不安で不安で辛かったと思います。


答えが見いだせない意気地なしな私は

一人になって考えることにしました。


吸い込まれるように入った映画館

深夜映画の“ラストサムライ”を観ていました。


トムクルーズが剣の腕を磨き

仲間と木刀を交えるそのシーン


なかなか勝てないトムクルーズに、

真田広之の一言!


“周りを気にしすぎている”


・・・・・

!!!!!


その言葉はグサリと刺さりました。


私は

彼女と別れるかも知れないという

自分の中の恐れを認めてはいるものの


例え一緒に人生を進んだとしても


また結婚か!

こんどは赤ちゃんが出来たか!

また別れるんじゃないか!


親戚や友人から、きっと注がれるであろう

外からの反応を気にしていただけだったのです。


私は、彼女を大好きで愛していました。

それに、彼女も授かった命を

運命の子どもだと信じていました。


赤ちゃんは出来たのではなく

授かったのだと思ったのです。

いや、この私たち二人を目指してやってきたのだと思ったのです。


その後、籍を入れ

三回目の結婚へ。


周りからなんと言われようが

目の前の女性を愛していることに

何の疑いもない

晴れ晴れとした気持ちです。


子どもが一歳になった後に

親族を招いて

都内の出雲大社の祭神をお祀りした

神殿のある式場で結婚式

友人たちを呼んで盛大に結婚披露宴を開きました。


*****


変えようとしない、頑張らない


あれから、何度となく喧嘩や

家庭崩壊の危機もありました。


相手に分かって欲しい

自分の気持ちはどうして伝わらないのか

怒りと悲しみの連続に苛まれた日もありました。


ただ、一つだけ気づいたこと


それは、

相手を変えよう変えようと

すればするほど

上手くいかなくなることです。


そして、自分が変わらなくちゃ変わらなくちゃと

頑張りすぎても上手くいかないことです。


相手を変えようとしたり

頑張らなくちゃいけない関係に

良いことは何一つありません。


いま、あの赤ちゃんは小学6年生になりました。

口達者で生意気、コメディアンタイプの

おもしろ少年として逞しく育っています。


三歳違いの弟も生まれました。

お兄ちゃんに負けず劣らず面白い子供です。


まだまだ、この家族は始まったばかり


妻によって

そして子供たちによって成長させられている私


仕事にも人生にも良い影響を与えてもらっています。

家庭は学びと成長の源泉です。


いつもいつも身勝手で

自分のことばかりの私と一緒に暮らしている

妻と子供たちに

いま私は心から感謝しています。

いつも応援ありがとう!!


*****


そういえば

二回目の離婚を迎える何ヶ月か前


友人たちと飲んだ際に

好きな異性のタイプを

紙にいくつもいくつも書くゲームをしたんです。


いま思えば

そのほとんどを満たしているのが

いまの妻です。


全ては偶然などではなく

ただ導かれていたのですね。


最後までお読みいただきありがとうございました。


風間俊太郎




◆なんじゃこりゃ!と感じてくれた方のいいね!

 または大人のシェア大歓迎です。


◆再婚て深い!と思っていただいた成長志向の方は、

 はてなブックマーク大歓迎です。


◆このSTORYを読んで面白かったら私の『無料メールレポート』

 ~相性の良い濃いお客様を引き寄せる7つの秘密~

 読んでいただけたら幸いです。

 ↓ ↓

【第1回】セールスコピーでモテモテになる方法

【第2回】長所よりも先に伝えるべき大切なアプローチ

【第3回】SEO対策と上位表示の前の設計図とは

【第4回】値下げと割引きが頭を過ぎったらコレ

【第5回】SNSで数より先に意識すべき2つの軸

【第6回】お客様を一瞬で振り向かせるUSPの強化法

【第7回】マーケティングテクニックはこれがツボ

【おまけ】起業と幸せなパートナーシップを両立する7つのヒント



起業家としてこれからの人生に役立つヒントが満載です。

無料ですので、是非登録してください!


『無料メールレポート』

~相性の良い濃いお客様を引き寄せる7つの秘密~

 ↓ ↓

http://www.shacho-onpage.com/senzaimiryoku/


◆優良な情報はこちらで発信しています。

 フォローお待ちしています。

 ↓ ↓

ホームページ(ストーリーブランディング&デザイン)http://www.shacho-onpage.com/concept/

Facebook https://www.facebook.com/kazama.shuntaro

ブログ http://ameblo.jp/senzaimiryoku/

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

破天荒ですね。

風間 俊太郎

潜在魅力ブランディング&デザイン 株式会社ディーアンドライズ 代表取締役 社長の温ページ 主宰 風間俊太郎プロフィール 延べ1200件以上、大手企業の女性マーケティング担当者と 小さな会社の経営者のブランド戦略の相談に乗り 商品やサービスの「尖った価値を見える化」してきた 『潜

|

風間 俊太郎

潜在魅力ブランディング&デザイン 株式会社ディーアンドライズ 代表取締役 社長の温ページ 主宰 風間俊太郎プロフィール 延べ1200件以上、大手企業の女性マーケティング担当者と 小さな会社の経営者のブランド戦略の相談に乗り 商品やサービスの「尖った価値を見える化」してきた 『潜

風間 俊太郎

潜在魅力ブランディング&デザイン 株式会社ディーアンドライズ 代表取締役 社長の温ページ 主宰 風間俊太郎プロフィール 延べ1200件以上、大手企業の女性マーケティング担当者と 小さな会社の経営者のブランド戦略の相談に乗り 商品やサービスの「尖った価値を見える化」してきた 『潜

風間 俊太郎さんの他のストーリー

  • 三度目の結婚で学んだ再婚してうまくいく人とまた別れる人の分かれ道~再婚してうまくいくための7つの法則~

  • 風間 俊太郎さんの読んでよかったストーリー

  • 結婚恐怖症と罪と罰と〜砂粒のようなチャンスを生かす方法〜