インドに一人旅しても価値観が変わらなかった話

このエントリーをはてなブックマークに追加
インドに行こう。


そう思ったのは大学3年の夏に日本一周をしている時だった。

なんとなしに綺麗なサリーを着た人々が自分の目で見てみたくなった。

インドに行って価値観が変わったという話をよく耳にするから、本当に価値観とかいうものが変わるのかも気になった。


一人娘で音大生の温室育ち。小さい頃からピアノばかり。


大学時代にどっぷりと一人旅にハマり、国内海外関わらずふらふらと放浪ばかりをしているのを黙認していた母も、インド行きだけは猛反対した。

母の中でのインドは宗教色が強く人が多くて犯罪の多発する国だった。そう言われれば今度はそれを自分の目で確かめたくなるのがわたしの性格だ。


いざ着くと暑くて人懐っこいインドの人々がそこにはいた。

アジア人なのに金髪のわたしが珍しいのかアホほど写真を撮られて撮られ参ってしまうほどだった



困っている人がいたらどんどん救いの手を差し伸べてくれる。そんな優しいインド人の姿がニューデリーの街角には溢れていた。

きっと少しお節介がすぎて、分からないのに助けようとしてウソつき呼ばわりを受ける羽目になったりするだけなのだ。


インドの男性はとても積極的である。どう積極的かと言うと、どこまでも着いて来る。そしてどこまでも口説き落とそうとする。そのためには炎天下の中宿の前で待ち続けるのも苦ではない。

そこに登場するのがNOの言えない日本人女性である。なにをしても困った顔で笑い続ける日本人。彼らにしてみればそれはOKのサインでしかない。

彼らを責める前に自らの行動に目を向けるべきだと痛感した。



そんなとき旅の途中バラナシで出会った青年がラケシュだ。




バラナシは朝日の似合う街だ。






ラケシュと彼の友人2人と現地で出会った日本人数名で彼の店の屋上で酒盛りをした。インドの夜は蒸し暑くて虫が飛んでて、彼らの買ってきてくれたビールが死ぬほど美味しかった。


インドでは未だお見合い結婚が一般的である。

それについてどう思うのか、恋愛結婚をしたいと感じないのか彼等に問うた。

彼等は言う。両親が大切だから、両親の良いと思った相手と結婚してずっと両親の近くにいることが当たり前だと。両親を放り出すような親不孝なことはしてはならないと。だからお前もこんなところに一人で来て親不孝な人間だなと。


なぜかすんなり納得してしまった。自由奔放に生きているわたしはお見合い結婚なんて考えられない話だった。それなのになぜか納得してしまって、とても自分を省みた。それはインドの蒸し暑い空気のせいかもしれないし、彼の真摯な眼差しのせいかもしれない。


自由恋愛に憧れているだろう、憧れていて当たり前だろう。という前提で彼に問うた自分を恥じた。



そして彼は言う。

バラナシでガンジャ(大麻)を勧めてくるのは日本人ばかりだよと。インド人は決して勧めないのだと。自分の街が大好きだから、自分の街を悪い評判で有名にしたくないからだそうだ。


事実昼間街を歩いていたら、ガンジャをわたしに勧めてきて自分達のホテルに引きずり込もうとしたのは日本人だった。彼等はガンジャを吸いにバラナシに来ているのだと言った。


同じ日本人としてとても恥ずかしかった。



ラケシュ達インド人の頭の中には誰かのためという言葉がいつもあるような気がした。

両親のため。街のため。


現代日本に生きているわたしには彼等ほど思うことはきっとできない。不自由だと思っていた彼等がとても羨ましくなった。



そんなことを教えてくれたラケシュは、数年経った今でもたまに連絡をくれる。

インド以外の国ばかりふらふらと放浪していたが、そろそろ彼等の真摯な眼差しを見たくなってきた。




その後わたしは一文無し状態で飛行機を乗り過ごしインドから帰れなくなるのだが、ここでも空港で寝泊まりするわたしに、余ったサンドイッチをくれる空港のサンドイッチ屋のお兄さんをはじめ本当にたくさんのインド人の優しさに触れた。



彼等のお節介なほどの優しさは、この

誰かのため

という一言に全て凝縮されるのかもしれない。







読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

価値観が変わらなかったとありますが十分感慨に触れたものがあったように見えます。

稲益さん おっしゃる通りです。
価値観なんて大それたものは変わらなかったけれど、とても考えさせられる出会いでした。なにか自分とは違う豊かさを感じます。

ちょっとあぶなっかしいですが行動力がすごいですね。インドでは外国人が何人も殺されたりレイプされたりした事件もあるようですが、死生観などを求めると女性の一人旅行があぶない地域でないと味わえないのかもしれませんね。無一文になってからどうやって帰国できたのか知りたいです。

面白かったです(^_^)

インド人への価値観は変わりました。

インド人が、そんなに外国人に親切なんて知らなかった。今まで混乱している国としか思ってなかったかなぁ?自分も行ってみたくなりましたよ。

色んな価値観あるんですね

は な

バックパッカーでピアニスト。 音も人も出会い別れ記憶に刻まれる。 旅するような人生でありたい。

は なさんが次に書こうと思っていること

|

旅行・海外生活のタグがついたストーリー

第166章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

第165章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

4度目の受験に失敗した男が、脇道を猛進して彫刻家になり、20年後に悟ったこと。”人生はこれで〇〇〇〇。”

第163章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

耳が聞こえない田舎出身の女の子が大手企業の技術職を捨て、裏バイトを経て起業し、子連れ旅ブロガーになるまで~1:高校時代まで~

登山の万が一に備えておく事

第5話 メキシカンおばちゃんと愛を探す!【小児科ナースが天国に行った子どもたちと地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*(人生観が変わるお話)】

人とは違う!PAR的マニアック旅行提案#3

【1話/今の佐藤さん】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

私の骨。

東日本大震災から6年。3度の津波に耐え、そびえ立つ「ポプラの木」を知っていますか?

春は日帰り登山を楽しみませんか?

第4話 南米で救われた私の命【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*(人生観が変わるお話)】

第3話 天国からの切符【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、暗闇の奥に見えたとんでもなく輝く世界(人生観が変わるお話)*】

私が先生になり、退職し、 そして復帰の道の途中にいる理由 1

は な

バックパッカーでピアニスト。 音も人も出会い別れ記憶に刻まれる。 旅するような人生でありたい。

は な

バックパッカーでピアニスト。 音も人も出会い別れ記憶に刻まれる。 旅するような人生でありたい。

は なさんの他のストーリー

  • 各国のキスを比べてみる話

  • は なさんの読んでよかったストーリー

  • ハロウィンと新しい事の話