僕は、中学のころ「軟禁」されました。

1日だったか、2日だったか憔悴しきっていて記憶が定かではないんですが、

親がかなり心配していたのは覚えています。

冷静に考えてみると警察沙汰です。

首に包丁をつきつけられ、身動きが取れない状態。

「恐怖」という感情が自分の中にあるのだとその時はじめて知り、

恐怖によってもたらされる、モモをしたたり落ちる尿にも無関心な自分がいました。

現在28歳ですが、「死」を意識した初めての経験でもありました。

そして、プライドが高く高飛車だった自分が、額をこすりつけて泣きじゃくりながら謝り続けたのも鮮明に記憶の中に残っています。

10年以上たった今、思い出しても身体が震え、涙がでます。

ただ、その「経験」があったから、大学時代に全国模試1位をとれたと今では思うようになりました。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

細川 寛将さんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

バチェラージャパンVol.1終了。

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

立ち直った26歳②

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

〜少年時代の僕へ送る手紙〜

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

「バチェラー」から学ぶ。「相手のどこを見るか」

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

18歳の大学生が祖母と二人暮らしした4ヶ月 その1

細川 寛将さんの他のストーリー

  • 中学の頃、包丁男に軟禁されてトラウマを持った僕が大学で全国模試1位を取るまでの軌跡⑥

  • 細川 寛将さんの読んでよかったストーリー

  • 中学レベルの英単語でイタリア人と意気投合し、たこわさを奢ったあげく、涙のお別れをした話