農業に絶望した僕が、ある包丁研ぎ師さんに救われた話

このエントリーをはてなブックマークに追加

『“包丁を研ぐ”ということは、

 持ち主の心もキレイにするということ』


ある包丁研ぎ師さんに、僕は救われました。


その人が研いでくれた包丁に、

僕は心を癒されたんです。


「包丁に、心を癒される?」

「え? 意味わかんねーよ」


そうお思いでしょうか?


当然だと思います。

僕もまだ、ちょっと信じられませんから(^^;


でも今、手元にある包丁を見ながら、

胸に湧き起こってくる気持ちは本物……。


このストーリーは、

僕に大切なことを 気づかせてくれた

ある包丁研ぎ師さんのお話です。



  *  *  *  *



僕は、自然栽培の農業をしています。


「え? 包丁の話と ちゃうんかい?!」

と、さっそく思われそうなのですが……

まずは 僕のことからお話しさせて下さいm(_ _)m


いま僕は「自然栽培の農業をしています

と言いました。


ですが本当は、「していました」

過去形にした方がいいかもしれません。


今年 僕は、5年間続けてきた自然栽培を

辞める決意をしたのです。



農薬や化学肥料を使わず、

更には有機肥料をも使わない自然栽培は

言うまでもなく厳しいものです。


その厳しさを覚悟のうえで、5年前、

僕は自然栽培を始めました。


詳しい経緯は省略しますが、大きな動機は


「土や生き物や植物が大好きだから、

 それらと共存できる農業がしたい!!」


「大地に生きる全ての命を輝かせるんだ!!!!」


そんな想いで始めました。


もちろん、栽培はすぐには上手くいかず、

作物が虫に食べられたり、

気候や土壌のせいか全然成長しなかったり、

そんなことを繰り返してきました。


けれど、それでも

「きっとこれが、自然と人間が共存する

 未来の農業のカタチになる!!」

そして、

「食べてくれる人のためにもなる!!」

そう信じてやってきました。


その甲斐あってか、少しずつではありますが、

野菜やお米ができてくれるようになりました。



ですが そこで、ある大きな壁にぶつかります。


その壁とは、“人”。


「無農薬? だから、なに?」


「このお米、なんでこんなに高いの?」


「このニンジン形悪いから、値段下げなさいよ」


そんな風に言われました。


もちろん、理解して下さる方もいたのですが、

「人に価値をわかってもらえない」

という壁にぶつかったのです。


当時の僕に

価値を伝えるチカラが無かったのが原因ですが、

そのことによって 心をすり減らしていきました。


当然のことながら十分な収益も上がらず、

毎年の赤字を見るたび落ち込んでいきます。


そんな中で、もともと持っていた

「大地のため」「命のため」という

純粋な想いが見えなくなっていったのでした。


「いや。それでも頑張ろう!!」


「ここまでやってきたんだから、

 あきらめるなよ、俺!!」


なんとか気持ちを奮い立たせながら

自然栽培を続けていきました。


ですが、やはり無理が生じていたのでしょう。

どんどん田んぼや畑から遠のいていく自分がいました。


「こんな採算の取れないことをやって、

 何か意味があるのだろうか?」


「こんなに頑張っても人は認めてくれないのに、

 やってる意味はあるんだろうか?」


前向きな笑顔を作っている裏側で、

心の中ではこんな暗い気持ちが

どんどん大きくなっていたのです。


そして、決定的とも言える出来事がありました。

今まで一番信頼していたお客様に

こんなことを言われたのです。


「うーん……このジャガイモ、高いねぇ。

 もう少し安くならない?」


と。


その方のお気持ちはすごくわかります。

家計のやりくりをしながら買って下さっているので、

その言葉やお気持ちはすごくわかるのです。


でも、アタマではわかっても僕の心はもう限界でした。

たぶんその瞬間、僕の中で何かが切れました。


「こんなこと、もうやめよう……」


そう思いました。


そして、以前のように

農作業に打ち込むことはなくなりました……。



  *  *  *  *



それから数ヵ月後、

農業から離れた僕の心は、全く別の場所にいました。


その居場所は、ネット。


インターネットを使ってビジネスをすることに

精力を傾けるようになっていました。


もともと小説を書く仕事をしていた僕は、

その文章の経験を活かして

誰かのお手伝いができないかと取り組んでいたのです。



そんな中、めぐり会って下さった方がいました。


それが、

「包丁研ぎ師」さんです


とはいっても、今は本業で別のお仕事をされており、

包丁研ぎはこれからスタートされるとのこと。


同じように、ビジネスを始める者同士、

交流を持たせていただくようになりました。


そんな中、スカイプでお話ししているとき、

こんな不思議なことを言われたのです。



「ぼく、包丁の声が

 聞こえるんですよ」


と。



「は?」


という感じですよね……。


僕も初めて聞いたときは意味が分からず、

きょとんとしてしまいました(^^;


「は?」


って…………。


ですが、よくよく話を聞いていくと、

何となくその意味がわかってきます。


毎日毎日 人の手に触れている包丁は、

その使い手の感情などに反応し、

メッセージを内包するのだそうです。


そして、そのメッセージを、その包丁研ぎ師さんは

包丁を研ぐ過程でキャッチすることができるのだとか。



「ホンマかな~~?」


そんな疑念もありましたが、研ぎ師さんの口調は

「当たり前ですよね?」と言わんばかり。


さらりと話される包丁研ぎ師さんに、

僕は引き込まれていきました。


「包丁の声が聞こえるかどうかはともかくとして、

 この人になら 一度 包丁研いでもらいたいなー」


ビデオ通話の向こうの 笑顔と柔らかな雰囲気は、

そんな風に思わせてくれます。



そんなわけで、ちょうど

うちの包丁の切れ味が悪くなっていたこともあり、

実際に包丁研ぎを依頼することにしました。


もちろん、その

「“包丁の声”を伝えてもらう」サービス付きで♪



  *  *  *  *



研ぎ師さんのもとへ包丁を送ってから数日間、


「まあ でも、そんな大したことも無いだろう」


「“包丁の声”って言ったって、

 結局は 主観で起こってくるメッセージだもんねー」


などと、思っていました。

(研ぎ師さんには大変申し訳ないことですが……)


そんなとき、研ぎ師さんから

「包丁研ぎが終わりました」という連絡。


そしてその晩、僕の包丁を研いでくださった様子を

ブログに書いてくださっていました。


〔そのブログ記事は ⇒ コチラ

*通常は、お客様のご了承が無い限り

 ブログに書かれることは無いそうです。

 今回僕は、むしろ書いてもらいたいと思って、

 ブログへの掲載を承諾させていただきました。



「へー、すごく丁寧に研いでくれるんだなー♪」


そんなことを思いながら、ブログの記事を眺めます。


ですが、画面をスクロールしていくうち、

僕は言葉を失っていきました。



「ウソだ……」



最初は、信じられませんでした。


そこに書かれていたのは、

研ぎ師さんが感じた“包丁の声”


「いやいや、ありえへんって……!!」


意外なメッセージに、僕の心は動揺します。

でも、必死にその動揺を抑えつけていました。


けれど、その動揺はおさまらず、

今まで見ないようにしていた

心に閉じ込めていた想いが顔を出してきます。


「ちょっと、待って…………」


溢れてくる想いに戸惑いながらも、

僕はブログの記事を読み進めていきます。



そこに書かれていた内容とは……


“大地から僕へのメッセージ”


でした。


農業でツライ想いをして、

もう関わりたくないと思っていた

大地からのメッセージだったのです。


「てゆーか、なんで包丁が

 そのメッセージを伝えてくるねん?!」


と、一人でブログに突っ込んでいたのですが……


でも、どう考えても、

農業をしてきた僕に対するメッセージ

としか考えられなかったのです。


「研ぎ師さんが、

 僕に気を遣って こんなことを書いてるのかな?」


「いや、待てよ。

 たしかに農業してることは伝えてた。

 でも、辞めたことまでは 伝えてなかったよ?!」


「というか、ウソを言うような人には見えないし……。

 そもそも、ウソなんてついたら包丁に対して失礼。

 包丁を愛してる あの人が、そんなことするはずない」


そんなアレコレを思いながら、

包丁からの最後のメッセージに辿り着きます。



「……!!」



そのメッセージを見た瞬間、

僕は完全に感情のコントロールを失いました。


気づいたときには、

目から涙があふれ出ていました。


パソコンの画面を見ていられなくなり、

ただうつむいて、しばらく泣いていました。


そこに書かれていたのは……


 大地からの『ありがとう』。


今まで僕が農業を続けてきたことに対する

大地からの感謝の言葉でした。


もちろん「大地からの言葉」なんて、

客観的に確かめられることではありません。

大地には声もなければ 言葉も書けないですから。


あくまで、僕の心に伝わってきたことです。


ですが、その時の僕には、

たしかに必要なメッセージでした。


「ああ。そっか……そうだった。

 なんで忘れてたんだろう?」


封印していた感情が湧き上がってきます。


「僕は、大地や生き物のために

 頑張ってたんだった……」


「それなのに、なぜ

 人に認められることを求めてしまったんだろう?」


そんな大切なことを思い出しました。、


そして、


「大地はちゃんと

 認めてくれてたのか……」


そのことが何よりも嬉しく、

誇らしく感じられました。



研ぎ師さんのブログを読み終わってから、

しばらくパソコンの前で ボーっとしていました。


冷静になると、ちょっと恥ずかしい気もしてきます。


「大地が言葉をしゃべるわけないじゃん……」


ちょっと苦笑して そう思いながらも、

心はとても軽くなっています。


「そうか……

 大地が言葉をしゃべるかどうかはどうでもいい。


 大切なのは、僕がもともと持っていた

 本当の気持ちを思い出させてくれたことじゃないか」


農業を始めるときに 抱いた純粋な想い。

けれど、継続する中で埋もれ、

見えなくなっていた大切な想い。


包丁研ぎ師さんは、それに気づかせてくれたのです。


「包丁だけじゃなく、
 僕の心も研いでもらったのか……」


そう思いました。


感謝で、いっぱいになりました。



  *  *  *  *



翌日、研ぎ師さんから包丁が返送されて来ました。


梱包を解いて取り出した包丁は、

キラキラと輝いていました。


「そうか……

 包丁は使い手の心を映すんだ」


そんな風に感じました。


包丁は使っていくうちに、色々なものに触れて、

本来の輝きや鋭さをどんどん失っていきます。


それと同じで、僕の心も

本来の純粋さや希望を失っていたのです。


ですが今回、

研ぎ師さんからメッセージを伝えてもらうことで、

僕は自分の心を研いでもらうことができました。


「1から、やり直そうかな?」


農業に対する想いも、少しずつ戻って来ました。


「もう一度、大地と命のために」


そんな純粋な想いが、いま湧き起こっています。


ですが、きっとまた 

その想いは見えなくなっていくでしょう。


そうなった時は、

研ぎ師さんに包丁研ぎをお願いしようと思います。


心を研ぎ澄ますために、何度でも……。



  *  *  *  *



『“包丁を研ぐ”ということは、

 持ち主の心もキレイに研ぎ澄ますということ』


あなたもよかったら、心を研いでもらいませんか?



*その包丁研ぎ師さんのブログはコチラ

 ⇒ http://ameblo.jp/tama3060/



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

辻林様fb友達の若林です
お世継ぎの苦労 農業 悩みはたくさんありますね。fbでは明るいとうこうで楽しませて頂いてます
私の兄も専業農家です 米農家です 作りては自分用は出荷した後のものをたべてます 目に見えない苦労は皆ありますね

つじばやしさん

私はあなたのお友達でホンマに良かった・・・

初めてお会いして帰りの新幹線でご一緒して
お野菜の値段の話をしたワタシを許してね(ホンマごめん)

作り手の苦労を考えず あんなこと言うてごめんなさい・・・m(_ _)m

ただワタシは思うのです。
これは作り手と買い手だけの問題ではないと。

日本という国が命を育む農業を大事にしていないからだと思うのです。

今、農業をする若い人が増えているようです。
そやけど 広島の災害を今 口に出すのは憚られますが
日本の大地は瀕死状態です。

豊かな大地は守り手がいなくて荒れ放題。
水をコントロールする山が荒れています。

そして つじばやしさんのように夢や志を持った若者が
こんなふうに気持ちが折れてしまう・・・

「仕方がない」のではないのです。

日本という国が第一次産業を大事にしていないことは大きな原因です。

人ではないです。国です。
ワタシはそう思います。

つじばやしさん ワタシはあなたのじゃがいもを食べました。
そしてあなたの思いを受け取りました。

今 あなたに何か言うべきですが 謝ることで精一杯です。

作ってね!

安全でおいしいお野菜 お米。

待っています。

素晴らしい文章でした。辻林さんが農業をしていることを知ってはいたのですが、こんな思いがあったなんて。そして、こんな思いをベースにともたけコミュにいらしたなんて。包丁の声もすごいと思いましたが、
辻林さんの仕事に対する生の声が私には響きました。

若林 むつみ さん >
Facebookではいつもありがとうございます(^^)
僕は兼業なので お兄さまほどの苦労はしていないと思いますが、
やはり農家の方は皆さん、ご苦労の中で栽培されていますよね。

--------------------------------

今井 香 さん >
いつもありがとうございます♪
こちらこそ、香さんのお友達で本当に良かったです。

いえ。あやまらないで下さいね(^^)
新幹線でご一緒した頃は、
全然 気にならない状態になっていましたから♪

それに、「国の問題だ」と感じていただけたこと、
とてもうれしいです。

そうなんですよね……
命の根本を支える産業のはずなのに、
なぜか大事にされていない。
そう思います。

お言葉いただけて、とても励みになります。

僕は こんな感じでネットにもドップリ浸かっているので、
自分で栽培するだけじゃなく、
他の農家さんの作物もPRしたり、
販売のお手伝いをできたらなー
と思っています(^^)

大地への感謝を込めた野菜やお米を、
香さんにお届けしたいです♪

------------------------------------

藤本 典子さん >
コメントいただき、ありがとうございます!!
実は、この想いを忘れて、
ネットでの活動をさせてもらっていましたが、
たしかにベースにあったのだと思います。
「生の声」を書くのは 少しはばかられたのですが、
思い切って書いてしまいました……(^^;
受け止めていただき、本当にうれしいです♪

感動した…

加藤 陽一 さん >
ありがとうございます(*^^*)

安さだけを追求してお野菜を購入していた自分を考えさせられる文章でした!
農家の方々が私たちの健康をいつも作ってくれているというコトに感謝しなければ!
よくわからないコメントしてしまいましたが、"ご馳走様"と思わず呟いてしまいました( *´艸`)

小林由季さん >
コメントありがとうございます!!
お返事遅くなって申し訳ありませんm(_ _)m
そう思って下さっただけでも、多くの農家の方々が救われると思います!
僕は、ホントに兼業でやってるだけですが、そんな気持ちの方々が増えてくれることが、これからの食を良くしていくと思います♪

辻林 秀一

「あ。僕の天職って、“妻の夫”だ」 ある時、ふと気づきました。 妻と過ごす中で得られた成長や幸福が、 他の何よりも一番大きかったからです。 だから、 「妻と過ごす時間を大切にして、  子育てにもたくさん関わる生活をしたい。  家で家族と一緒に過ごしながら、 お仕事をする!」 そんな未来を目指して

|

一風変わったビジネスのタグがついたストーリー

流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

ベルリンのエンジェル投資家おじさんF

おっちゃんが教えてくれたんだ^^!WEBマーケティングの大切さってやつをさ。

人のために生きる!

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<6章>

聞こえないブロガーが50円ブログを起業しました。

第162章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<5章>

新卒で証券会社に入社して1年間で100件以上の新規開拓を達成し、3億円の資金を導入した話(17)

ボクとアニキの起業物語 ~町工場から医療機器の会社を立ち上げた話~

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<2章>

第159章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

非モテ・根暗で鬱寸前だった男がアイドルプロデューサーになった話

世界一愛される射場で、宇宙を射とめたロケットの話

辻林 秀一

「あ。僕の天職って、“妻の夫”だ」 ある時、ふと気づきました。 妻と過ごす中で得られた成長や幸福が、 他の何よりも一番大きかったからです。 だから、 「妻と過ごす時間を大切にして、  子育てにもたくさん関わる生活をしたい。  家で家族と一緒に過ごしながら、 お仕事をする!」 そんな未来を目指して

辻林 秀一

「あ。僕の天職って、“妻の夫”だ」 ある時、ふと気づきました。 妻と過ごす中で得られた成長や幸福が、 他の何よりも一番大きかったからです。 だから、 「妻と過ごす時間を大切にして、  子育てにもたくさん関わる生活をしたい。  家で家族と一緒に過ごしながら、 お仕事をする!」 そんな未来を目指して

辻林 秀一さんの他のストーリー

  • 農業に絶望した僕が、ある包丁研ぎ師さんに救われた話

  • 辻林 秀一さんの読んでよかったストーリー

  • 【風俗でワンネスを体験した話】