入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話

このエントリーをはてなブックマークに追加



こんにちは。山梨で『自然農園ビヨンド』という体験農園を営むヤスと申します。


今日は自分が富士フイルムで働いていた時のお話をします。

実は私、入社試験には落ちていたんです(^_^;)

しかし!自分の素直な気持ちを面接官に話したら、三人の面接官すべてが不合格を合格に切り替えてしまったのです!

そして、更にそのような話が人事部の部長の耳に入り、部長と直接個別にお会いする機会を持つことに。自分の性格を理解して強烈な支持者になってくれた部長の口添えにより、遂には入社後に特別待遇されるまでになったのです。

このような有難い経験は是非、シェアしたいと思い、筆を執らせて頂きました。

それでは始まり、始まり~


抜き打ちテスト

入社試験とはどんなもんだかも知らないまま、富士フイルムのオフィスに到着。

「何するんだろう?面接かな?」

などと気楽に座って待っていると、何故かいきなり筆記テスト開始、、、

化学に関する問題だ。自分は化学専門で大学院まで出ていながらも、このテストはさっぱり出来なかった、、、

文字通り『さっぱり』で、、殆ど適当な回答しか書けていなかった(^_^;)

それでも自分としては、「まぁいいや、こんなの。別に関係ないだろ?」といった感じだった^^


面接官から不合格通知

筆記テストが終わると一人ひとり面接試験が開始された。

自分の先に面接された女性は無事に合格したそうだ。物凄い真面目そうな子で、面接官の方から「これから宜しくお願いします」と言われていた。

さて、自分の番。

面接官は三人(四人だったかも?)。

何故か物凄く表情が厳しい・・・

あれ?先ほどの合格者への態度とのこの違いは何??

どうも、自分の筆記テストの結果に面接官の方々はご立腹だったようだ

まさに、「お前は富士フイルムをなめてんのか?!」といった感じだった、、


「大学では一体、何をしていたんですか?!」

「こんなレベルで化学実験なんて出来るはずがないでしょう?!」

「うちは化学の会社です。良くこんなレベルで受けましたね。」

そして、

「残念ですが、このようなレベルでは、うちの会社には適しているとはとても思えません。」という流れ(^_^;)


テストの点数なんて関係ないでしょう!

自分は実は、この時点では、先ほどの「残念ですが、、、」が『不合格通知』であることにすら気づかなかった。自分が落ちる訳がないとなぜか思っていたのでね^^

面接官の方々の話を聞いていて思ったが、皆さん、テストの結果が良くなければ化学の研究は出きっこないという考えをお持ちのようだった。

自分はまるでそうは思っていなかったので、自分の考え、想いをお話させて頂いた。

その時の流れはこんな感じ;

面接官A;「大学ではなにやっていたの?」

ヤス;「語学が好きで、英語やドイツ語を勉強していましたね。あとはバスケットボール。」

面接官B;「専攻は化学でしょう?化学はしっかりと勉強しなかったの?」

ヤス;「化学は、基礎はやりました。でも、将来どのような事をするかがわかってなかったので、細かい所はやっていませんでした。」

面接官C;「基礎はやっていたって、、さっきのテスト、全然出来ていなかったよ!」

ヤス;「あまり細かいことは覚えていないんです。でも、実際の研究では覚えている必要など無いでしょう?教科書や参考文献を調べながら実験は進めていくのですから。基本はわかるから、教科書を見ながらであれば先ほどの試験も答えられますよ。」

「富士フイルムではどのような研究をするのかは知りませんが、それがわかったらその分野に関して勉強しますよ。そして研究を進めることが出来ます。」

「今回のテストの点なんて言うのは、自分からしたらまるっきり実際の研究とは関係ないと思います。

テストで高得点が採れるというのは、ただ単に教科書に載っていることをしっかりと記憶しているというだけでしょう?

実際の実験では横に参考文献を置いておけるのだから、覚えていることよりも、調べられることのほうがよほど重要だと思います。」


「どの分野を勉強すれば役に立つか(会社に入った際に)を知りもせずに、盲目的に教科書を覚えるというのは自分からするとあまり意味を感じません。そのような時間があれば、もっと他にやりたい事などをやる方がよほどいいと思うのですよね^^」


「逆に、テストの点数が高い秀才タイプだと、答えられないような問題が出たら混乱するかもしれません。自分の場合はそういうことは無いんです。ただ単に調べようとするだけ。

最初から答えがわからないような問題、『研究』というのはそうですよね、こういうのの答えを求めるというのは好きだから喜んでやれます。こういうのはテストが高得点の秀才よりも自分のほうが上手くやれると思います^^」


逆転満塁ホームラン!

入社試験が終わり、東京から京都にある大学の研究室に戻ると、教授が興奮した面持ちで声をかけてきた。

教授;「室田くん、聞いたよ!逆転満塁ホームランだったらしいじゃないか!」

ヤス;「え?何のことですか?」

教授;「入社試験、筆記テストあっただろう?」

ヤス:(あれ、良く知っているな) 「はい、ありました。」

教授;「あれ出来なかったでしょう?」

ヤス;「えぇ、いまいちだったと思います(^_^;)」

教授;「人事部の部長から電話があって聞いたんだけど、あの時点で室田くんは不合格だったらしいよ。」

ヤス;「え~、そうだったんですか?!!」 (うーん、驚き!)

教授;「面接官の方々から”そういうことで諦めてください”というようなことを言われなかった?」

ヤス;「いや~、確かにかなり態度は冷たかったですね、、」

教授;「不合格だから室田くんには諦めてくださいと面接官皆で伝えたのに、室田くんは全然引かずに自分の気持ちを話したらしいじゃない。それを聞いて、面接官全員が✖(不合格)を◯(合格)にしちゃったらしいぞ!」

ヤス;「そうだったんですか、、」(というより、本当だったら落ちていたのか、、、)

教授;「富士フイルムみたいな一流企業には秀才なんかは沢山いる。今の時代はね、困難にへこたれない『リーダー』を必要としているんだよ、室田くん!」

そう言って教授は力強く自分の肩を叩いた。


人事部の部長に目をかけられ、特別待遇に!

面接官全員が不合格から合格に切り替えてしまった、、、そんな合格者がいるということは当然、人事部の部長の耳に入った。

ところで、内定を頂いた後、富士フイルムでは心理テストというのを受けさせられた

そしてこれまた私は特異な結果を残すことになったのだ、、、

人事部の部長から直接研究室の私宛に電話がかかってきた。

部長;「室田くん、心理テストの結果なんだけど、、、ちょっと特異な結果でね、、今度心理カウンセラーの先生と三人でお話をさせてもらえないか?」

なんだろう?と思いながら、東京へ。

三者面談の中で、部長と自分との会話はこんな流れ;

部長「心理テストの結果なんだけど、『他人への影響力』というのが満点になっている」

ヤス;「あぁ、そうですか?」

部長「それともう一つ、、、、『反抗心』というのも満点になっているんだよね、、、。室田くん、これはどう思う?」

ヤス;「自分では自分を反抗的だとは思っていません。ただ、正直に答えているだけです。会社に入って上司の人から指令が来たとして、その指令が首を傾げるものであれば、”なんでこれをやるのですか?こうした方がいいのではないですか?”とは言います。その答えが”まぁいいからやってよ!”みたいな納得の行かないものであれば、確かに自分は断りますね。それを反抗的だというのであれば、そうかもしれません。でも、自分では全然反抗的だとは思っていません。

全てに『ただ反抗する』とかいうことはないし、逆に、例えば仕事でも、それが面白いものであれば、何も言われなくても勝手にやりますよ♪」

部長「そうか、分かった!」

部長は特別枠?で私の入社をOKにしたものの、心理テストの結果を見て、”ちょっとやばいかも”とおもったのだろう。

『他人への影響力』と『反抗心』が満点なんて、、、労働組合のトップにでもなられたら面倒だろうから(^_^;)

しかし実際に会って話すことで、部長は自分の性格を理解し、有難いことに全面的に受け入れてくれたのだ!そして力強く言ってくれた。

「そうか、分かった!」

この言葉が実はあんな意味を持ってくれていたとは、、、

これは自分が退社する時に初めて部長の口から明かされたのだが、実は自分は富士フイルムにおいて入社時から特別待遇を受けることになったのだった、、、、

他の同期とは明らかにまるで違う扱いで、”この待遇は何なんだ?何でもありなのか?この会社は!”と驚くような待遇が、、、


ストレートな気持ちは人の気持を打つ。

それがあのように跳ね返って自分に帰ってくるとは、、

今でも思い返すと有り難さで胸がいっぱいになる。

この『特別待遇』に関するストーリーはまた後日・・・・


このstoryの続編;

『好きな事しかしないが、それには情熱を傾ける』自分の性格を人事部の部長が認め、富士フイルム入社後に何でもありになった話~退社までの流れ


~あとがき~

自分がこのようなstoryを共有したいと思ったのは、『自分の気持ちに素直でいることは物凄く素晴らしいんだよ!』という事を伝えたかったからです。

結局、自分は生涯好きな事をやってきているだけです。

大学時代に化学専門だからと化学の勉強をやるだけではなく、それよりも友だちと遊んだり、大好きなバスケをしたり、恋をしたりと、自分が熱中することにすべてを注ぎ込んでいました。

そして、結局はやはりそれで良かったと思っています。

化学よりも英語やドイツ語の勉強が好きで、それらをしっかりしていたことは、後に会社での文献調査にかなり役に立ちました。そう、結局はすべてかなり意味があったのです^^

バスケが好きだったのも、友だちと遊ぶ時間を大切にするのも、実は会社時代にも物凄くプラスに働いたのです。例えば、助手層の皆さんは、喜んで自分のために仕事を手伝ってくれました

『人が自分のことを『喜んで』応援してくれる!』

これ、本当に重要なんですよ!

試験の点数が高いか低いかなんて、これに比べたら本当にどうでもいいことなんです。

残念ながら、ここが上手く行っていない人は多かったみたいです。

そういう場合には、部下の方から良く思われていないがために、依頼した作業がかなり適当にやられていたり、、、(実際、実験データとしてはまるっきり意味が無いものになっていることさえありました、、、。)

こういうのはもったいないですよね、、、。

そしてもう一点、

『自分自身が自分の気持ちに素直でいること』も素晴らしいですが、周りの人に『自分の気持に素直でいる』ことを許してあげる、、勇気づけてあげる、応援してあげる事というのが非常に重要だと思っています。

その辺の背景や説明は、このstoryの続編である

『好きな事しかしないが、それには情熱を傾ける』自分の性格を人事部の部長が認め、富士フイルム入社後に何でもありになった話~退社までの流れ

に書いてありますので、宜しければそちらをお読み頂けると幸いです。


『ストレートで行こう!』

本当にやりたい事をやっているかな?

「こう行くしか無い」

「こうするべきだろう」

責任感やプライドが見えにくくする

本当の自分の気持ち、、、

ちょっと立ち止まり

心静かに聞いてごらん?

本当の自分の気持ちが見えた時

気持ちの高揚に気づくだろう

そこにストレートに

ただストレートに

向かえばいいんだよ








読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Rasoさん、お読みいただきありがとうございます^^
自分が自然体でいられたのは多くの人の支えがあったからです。
これからは自分が支える番だと思っています~

人生の節目にはどんな転機が待ち受けているか分からないから面白いのかもですね

岡田さん、そうですね!
自分は会社を辞めてから、どうしたら最高の幸せを手に入れることができるだろうか?と自問しました。そしてそれは真理探求となり、その答えさえわかれば死んでもいい!』とまで思うことになりました。
自分の心が変わることで目の前の景色や状況が変わることを沢山経験し、『自分は人生をコントロールすることも出来るんだ!』と興奮しました。
しかし、、、その後にも探求を続けるとまるっきり価値観は変わりました。

今では、人生や目の前の出来事をコントロールしようという気持ちは無くなり、ただ流れに身を任せる感じになっております。

その次に何が起こるかを自分でコントロールしようとするよりも、「さぁ、次は何が起こるんだろう?!」とワクワクするほうが自分好みだったので^^

こんなワクワク感を皆が当たり前のように感じ、それに当たり前のように進んでいけるような世の中を創って行きたいなと思っています^^

少しでも人々がワクワクするような方向に走り出したくなりますように!

メッセのこしてもきえてしまうのですが、文字制限とかあるんですか?

小林さん、メッセージ有難うございます。
文字制限があるかは残念ながら、私は知りませんが、数百文字くらいであれば問題なく投稿できますよ^^

室田 泰文

プロフィール 京都大学大学院 工学部卒業 1998 富士フイルム 研究員 1998-2003 思想家、個人投資家 2003-2012 体験施設 ビヨンド自然塾(自然農園ビヨンド)代表 2012- NPO法人みんなの街 理事長 2015- ビヨンド自然塾; http://beyond-farm.c

室田 泰文さんが次に書こうと思っていること

|

就職活動のタグがついたストーリー

専業主婦を夢見た事務職OLが、夫婦で起業した話 その1

妥協とこだわりの狭間でートータルでの幸せを考えなさいーPart.Ⅳ

妥協とこだわりの狭間でートータルでの幸せを考えなさいーPart.Ⅲ

妥協とこだわりの狭間でートータルでの幸せを考えなさいーPart.Ⅰ

妥協とこだわりの狭間でートータルでの幸せを考えなさいーPart.Ⅱ

英語のできない僕が外資系を渡り歩いた結果(2)~君は頭がいいか?という面接

英語のできない僕が外資系を渡り歩いた結果(1)~英語できない人間でも外資系イケるの?

【後編・リアルベンチャーの衝撃と今】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【前編・目指した理由】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

【中編・迷走と出会い】なぜ経営コンサルタントを目指していた大学生が、全く興味がなかったネット広告ベンチャーで働くことになったのか。

引きこもりがニューヨーク留学をした結果大企業に就職した話~vol.0 プロローグ~

引きこもりがニューヨーク留学をした結果大企業に就職した話~vol.1 勘違いなクソヤロー~

就活をして、感情に素直になることの大切さを知った話

世界を変える自信を持つ方法

大手志向の私が昔の自分を変えたくて、新卒向けの人材紹介ベンチャーに就職するまでの話

室田 泰文

プロフィール 京都大学大学院 工学部卒業 1998 富士フイルム 研究員 1998-2003 思想家、個人投資家 2003-2012 体験施設 ビヨンド自然塾(自然農園ビヨンド)代表 2012- NPO法人みんなの街 理事長 2015- ビヨンド自然塾; http://beyond-farm.c

室田 泰文

プロフィール 京都大学大学院 工学部卒業 1998 富士フイルム 研究員 1998-2003 思想家、個人投資家 2003-2012 体験施設 ビヨンド自然塾(自然農園ビヨンド)代表 2012- NPO法人みんなの街 理事長 2015- ビヨンド自然塾; http://beyond-farm.c

室田 泰文さんの他のストーリー

  • 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.5 ~リーディング~

  • 室田 泰文さんの読んでよかったストーリー

  • 入社試験に落ちながら、面接官に思いをぶつけることで逆転合格!特別待遇(何してもいい!)にまでなった話