何不自由ない暮らしから一変した私の転落人生

このストーリーは町田 高利さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!
このエントリーをはてなブックマークに追加

町田 高利

今日も私は叩く叩く。ヘルニアにも恐れず叩く叩く。 しかし所属先が見つからない音楽プータロー、 夜は一人、部屋の隅っこで体操座りし、自分の天パの酷さに涙する。 女性で言う妙齢からは少し離れてしまった・・・天パヘルニアの 寂しがりや。

町田 高利さんが次に書こうと思っていること

|

町田 高利

今日も私は叩く叩く。ヘルニアにも恐れず叩く叩く。 しかし所属先が見つからない音楽プータロー、 夜は一人、部屋の隅っこで体操座りし、自分の天パの酷さに涙する。 女性で言う妙齢からは少し離れてしまった・・・天パヘルニアの 寂しがりや。

町田 高利

今日も私は叩く叩く。ヘルニアにも恐れず叩く叩く。 しかし所属先が見つからない音楽プータロー、 夜は一人、部屋の隅っこで体操座りし、自分の天パの酷さに涙する。 女性で言う妙齢からは少し離れてしまった・・・天パヘルニアの 寂しがりや。