「刺青」がダメバンドマンに与える、良いことと悪いこと。③完結 〜写真だらけの最終回〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
191

タトゥーと上手に付き合うということは、異文化の友達と付き合うことに似ています。

前回は「後悔なんて、して当たり前。してない人は成長していない人」と書きました。
あくまでも僕がそう思うってだけなので、怒らないで。



同時にタトゥーを入れてからポジティブになったとも書きました。その理由を書いて終わりにしたいと思います。(僕とタトゥーライフなお兄さん達の写真と共に)

タトゥーが助けてくれるなんて思って入れてはいけません。
それって「依存」ですよね?
友達にも恋人にも依存したら、良いことは起きません。


友達ができて良いことって、癒しとかじゃなくて、自分が成長できることだと思うんです。いろいろな考え方を教えてもらったり。


依存的に友達と付き合っていると、離れられなくなって、馴れ合って、時間をお互い無駄にして、誰かそこから抜けようとすると足を引っ張り合うまでになります。


刺激しあって成長できるような付き合い方。そういうのはポジティブでないとやっていけないと思うんですよ。相手の反応をネガティブにとらえたり、嫌われないか心配したり、そんなの疲れちゃいますよね。だからポジティブになるのが一番。

そうやってポジティブの練習をすることで、僕は知らないうちに根っからのポジティブ人間になれました。


タトゥー入れる時は気楽でいいんですよ。友達作る前にそいつの評判伺うようなことはしたくないんです。ただ何か起きたら、友達として責任はとってくださいって話です。
友達作るならやっぱり本気で向き合っていきたいですよね。





いちいち「私たちって親友よね!」なんて確認しないといけない友情なんていらない。
ずっと付き合う友達ができる感じなので、その友達がいることで発生するイベントにも全力で向き合うことになるんです。




向き合う時は、ネガティブにじゃなくて、ポジティブに向き合うことで状況を好転させていくことができると思います。本当に良い練習になったなぁ。

あれかな。無理して良い部屋に住んでみるのと同じで、ネガティブな人は罪悪感を感じて、ポジティブな人は「ここを普通と思えるくらいになろう!」ってスイッチできる感じかな。結果成長するみたいな。

ちがうかね(適当)

長くなりましたが、タトゥーで迷っている方の参考になれば幸いです。きっと僕にもこれからたくさんイベントが起きると思います。でもやっぱり、人生一度っていう気持ちが強いので、僕はこの友達と付き合って楽しんでおります。


タトゥーという友達に、もし世間が冷たくても、自分は優しくできますか?

見ていただいてありがとうございました!





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

馬場 峻樹

元ダメバンドマンのストーリー達 twitter : https://twitter.com/femtic

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

チアリーディング。それは、誰かに元気と勇気と笑顔を与えるもの。つまり、誰かを思いやること。それは、世界平和に繋がると信じて。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

まとめ:今回の体験で分かった人生を変える3つのからくり|「死にたい」と二度思うときから本来の自分を思い出す物語

第14話 1本の木と奇妙な夜 【少し不思議な力を持った双子の姉妹が、600ドルとアメリカまでの片道切符だけを持って、"人生をかけた実験の旅"に出たおはなし】

10ヶ所転移の大腸癌から6年半経っても元気でいるワケ(19)

僕がお金をたくさん稼ぎたいと思っている理由

大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。

[あとがき]友人Bの死が、俺に与えてくれた物

ずっと英語が嫌いだった僕が英語を話せる様になった3つの事。

24歳ナースが、インドでチフスになった話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

吃音に苦しむ、若いK君の未来のために。「恐怖突入」というキーワード。

コーギーと過ごした3494日と12時間くらい。うちに来てから旅立つまでの毎日。

12年半のサラリーマン人生から起業してみて

広汎性発達障害と言うものも知ってから変わったこと

馬場 峻樹

元ダメバンドマンのストーリー達 twitter : https://twitter.com/femtic

馬場 峻樹

元ダメバンドマンのストーリー達 twitter : https://twitter.com/femtic

馬場 峻樹さんの他のストーリー

  • ダメバンドマンの人生がMac一台で180度変わった話 ②

  • 馬場 峻樹さんの読んでよかったストーリー

  • あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。