スタートアップ(ベンチャー起業)と言う魔法の言葉に騙されてはいけない

このエントリーをはてなブックマークに追加

初めまして、まず最初にIT系のベンチャー企業で、

働いていた私の経験談を語りたいと思います。


在籍は約7年。「得た物」と、「失った物」を伝えて

読者さんのこれからの就職の手助けになれば幸いです。


実際に経験して解った事を書きたいと思います。


◆失った物編◆


① 「就労が安定しない」



社員を守る制度が当時無かったなぁと。

また大企業と違って、人を守ろうと言う意識で働いてないので、

去る物追わず、来る者拒まず、と言った社風でした。

つまり人間関係が手薄になり、ビジネスライクな友人しか出来ないって所が大きいかな。


昔の小学校と一緒で、転校が決まってる奴と仲良くする人はいないでしょう?


あと現場で突然、


上司「君、もう次の日来なくていいよ」


そんな事もよくあります、

それくらい厳しい会社も逆に存在するって事です。

※また厚生年金や、健康保険も任意の会社が多く、個人が負担するところが大きくなりやすいです。


② 「就業時間∞」



就業時間や健康問題は常に悩まされると思います。

仲間
モチベーションの問題でしょ?
仲間
やる気ないんじゃない?
ポジティブに行こうよ!


そんな言葉に騙されても、


正直毎日眠いし頭痛いんで、


どうでもいいです。


1日16時間労働は当たり前で、月に1日休みがあればいい方です。

私は会社に泊まり込みで、仮眠の5時間を除いて他はすべて就業時間となってました。


定時帰り、自由な時間などをすべて犠牲にして、何か得る物があるとしたら、

会社と自分の成長でしょうか?(笑)


笑ってはいけないのですが、成長と言う言葉は自己犠牲の上で会社が大きくなって何かあなたは得る物はありますか?


対価を求めるとしたらお金ですが、それすらベンチャー企業で満足できる額は貰えないでしょう。

そんな中で、仕事が楽しいから賃金や睡眠が無くても、俺はやるんだ!


これが、


「社畜>戦士>天才」


このようにステップアップする可能性もあります。


どうなるかは、すべては冒険(ベンチャー)なのです、その先に「宝箱」があるかにかかっています。

※宝箱を開ける権利は、経営者であって、あなたでは無い事もあります、気を付けてください。


③ 「すべて自己責任」



ベンチャーではすべて自己責任です。

過労で倒れようが、何しようが会社は守ってくれませんし、訴えたとしてもどうにもなりません。

交通費、会議代、タクシー代も自分で支払ったり・・・

すべて自分の行動が、すべて結果に結びついてきます。

賃金交渉から、現場の選択、果ては健康管理、休みの申請などもすべて自分の采配であり

体調を崩したら当たり前ですが怒られますし、就業が出来ない人間を


例外なくベンチャーはクビにします。


④「転職が出来ない」



一番気を付けて欲しいのはここです。

4つの例を参考に考えて見て下さい


・就職編

大学⇒ベンチャー企業◎

大学⇒大企業◎


・転職編

大企業⇒ベンチャー企業◎

ベンチャー企業⇒大企業×


ようは、後戻りが出来ない選択を自分で取ってしまってると言うことです。

名もなき企業で働いていた人間を、再就職の場で人事の方はどうみるか?

痛いほど、転職経験をすると解ります、単に怪しい人物にしか映りません。

※これは筆者に人間的な魅力が無かった事も、一因であると付け加えておきます。


⑤「プライベート」



当時、付き合っていた恋人、友人、家族などは時間が無い以上

関係を持続させるのは非常に難しいです。


特に結婚を考えていた彼女に、


彼女「仕事と私どっちを取るの?」


んな映画みたいな事を言われても・・・


後々気が付きますが、


会社はあなたの幸せを考えてくれませんよ。


人生に取って大きな選択肢は、自分自身で決めるべきです。

※結婚の方が仕事なんかより、全然正しい答えだったって事です。


⑥「濃すぎる人間関係」



社内に人数が少ない分、揉め事や嫌いな人が出来た時点で、

会社には当然ですが居づらくなります。

それでも我慢して働くと筆者みたいに、実は同性愛者が混じっていて、

好意がある事を伝えられて鬱まで追い込まれる。

なんて嘘みたいな本当の話もあります。


実際、年を取ると大きい組織で薄い人間関係の方が、

働きやすいなんて気持ちになる方も多いかもしれませんね。


◆得た物編◆

今まで散々デメリットの部分でお話して、

ベンチャー企業に魅力無いなんて事を考えてしまった人もいると思いますが、


そうでもありません。


理由は下記に書きますと、


① 「個人の仕事の範囲は多岐に渡る」



ベンチャーでは「自己責任」という所が多く、個人的な仕事の部分が多くなります。

会社を経営していく上で、人数が少ないため、大企業では部署毎の仕事も個人で処理する事も多々です。

仕事の少ない企業と比べると、得られる経験は多くの物になるでしょう。

私は前職、スタートアップから始める機会がありましたので、ITコンサルティングの会社でしたが、

営業、セミナー経験、広告製作、WEB製作、システム開発、コンサルティング業務、派遣社員の管理、税金の処理、備品の手配、多岐に渡る業務を経験しました。


それは大企業や組織では決して得られない経験値だと思います。


② 「会社の物事の決定速度の違い」



ベンチャーは、大企業と違って意志決定の速度が全然違います

人数が少ないと言うことは、常に手探りの状態なので、課題に対して、検証を試行していく作業が発生します。

物品の購入から、人の手配、人事の決定権など、

普通数か月を要する事が、数秒で決まるのもベンチャーの魅力でしょう。


③ 「社長(TOP)と接する機会が多い」



ベンチャーに就職する上で、魅力的な部分がここにあります。

特に経営者が優秀であればあるほど、魅力的な人間性やスキルを身近に経験する事が出来ます。

また自分の成長が学生時代と違って異次元のスピードで進む事もあげられますね。

昔の社長に言われていたのが、


①目標を設定する(売上、資格、スキル向上)

②周囲の環境(スキル向上)を考えて現場を決める

③付き合う人間を選ぶ(ようはライバル探しです)


今思えば、この三つのハードルが高ければ高いほど大変でしたけど、

専門卒で学歴もスキルも何もない人間が、大企業の、コンサルに入れたり、

貴重なシステム開発の現場を経験できた事、大企業に居ては無理だったと思います。


言葉を変えれば、



「万力の様な力で、無理やりどんな人間でも背を伸ばされる」


そんな経験です。そりゃ脱落者も多いけど、残る人は非常に魅力的かつ優秀な人も必然的に多くなります。


最後に…


◆ベンチャー=夢追いし旅人◆



結局、後悔しない人生を送る為には、自分の生き方を決めるしかありません、

何歳までに、何をする、何がしたい、何が買いたい。

人と比べて生きてくよりも、自分で選択する方が好き、そんな人達の集まりなんです。


そして、それに合った、社風やビジョンを持っている会社を選ぶ。

会社は結局は人間です、恋人のような者で性格を持った人間だと思ってください、

あなたが、この先、何年も付き合える人のような会社を選ぶ事。


それが一番、後悔しない人生を送れます。


また筆者は、最後に3度離婚してしまったという事をお伝えして終わりにしたいと思います。

※本音としては、ベンチャーなんて夢を語るなら従業員の人生の責任を持つ経営者が居て欲しい


御読了ありがとうございました。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

普通はベンチャーのプラスの面しか語られないから、すごく良い物語でした。

>柏田 真さん
コメントありがとうございます、いい面と悪い面を含めて、社会は自衛と言うのを私は学んだ次第です。

少しでも、お役に立てたなら幸いです。

すごいためになりました

廣升 健生さん

コメントありがとうございます。
一見華やかに見えて、どこか落とし穴がある、そんな業界かもしれませんね。

|

キャリア・転職のタグがついたストーリー

得たものと失ったもの(33歳)

夜のホーチミンにて - 会社を辞めた23歳が真剣に将来について考える 〜前編〜

月収19万円だった私が、ある日突然、年収360万円の副収入の道を手に入れた話

東大生のリアルすぎる就活日記【第一話】

今の現状について ni

第13話「アメリカの洗礼 続き そしていよいよ授業を選択する時」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第12話「アメリカの洗礼」⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第11話『バークリー音楽院?バークリー音楽大学?』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

「東京のお父さん」って、何だろう?

夢は、叶う。でも、自分の頭で想像しないと実現しない。

高校生の時、自分の未来が見えなかった。今は、毎日楽しく生きている話

アメリカ企業から中国に派遣された日本人が地獄を見て学んだこと(1)

第10話『バークリー音楽大学へ行った事』⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第8話『諦める、という決断』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

第7話『〜奨学金オーディション 後日 VSアメリカ〜』 ⭐︎夢を諦めている人へ!コードも読めないアラサーの私がプロのジャズシンガーになるまで⭐︎

中条 信一さんの他のストーリー

  • 鬱病の心に響いた、たったひとつの言葉