鬱病の心に響いた、たったひとつの言葉

このエントリーをはてなブックマークに追加

忘れもしない、24歳の夏頃、

僕は1年間会社に寝泊まりしていて、ある日、衣類を取りに家に帰ると、

自分の家の安心感と、疲れからか深く寝てしまいました。


いつもより深く眠りにつくと、

次の日の朝、僕は立つことが出来なくなり、

何故か涙が止まりませんでした。


このまま会社に行っても死んでしまう…


3年間ずっと仕事を頑張ってきました、大好きな仕事でした。

しかし上司に言われた言葉が、脳裏をよぎります。


上司
お前は才能が無いんだから、早く仕事を辞めてしまえ!


毎日、自分は仕事に向いてない、誰かの足を引っ張ってる、そう思ってました。


俺が仕事を辞めた方が、みんな助かる…


そんな思いで働いていたのです。


そのまま、自分の部屋から出る事が出来なくなり


まるで、空に風船が自由に飛んでったような


僕の2年が始まりました。


家に居ても、外に出ても、仕事をしていない人間の心は晴れやかとはいかず

どこにいても、自分が浮いてる感覚だけが残りました。



浮世のような、空気がブヨブヨして、灰色に見える空に

味のしない食事。

夜中に、トイレと食事を少し取るだけで、

家族の誰とも合わずに自室に引きこもってました。


誰とも会話せず、病院に行くと、不眠と鬱病の診断がくだり、

3年間頑張ったベンチャー企業の社長から、ある日、突然呼び出されました。


社長
今まで悪かったが、会社を辞めてくれないか


突然のクビ宣告でした。
暫くは何も考えられず、ただ涙を我慢して頷きました。


社長
鬱の人間が、同じ現場に居ても悪化するだけだと思うからさ…

どんなに言葉を噛みしめても、


僕は、社長の言葉の意味が理解が出来ませんでした。


何もかも失って、3か月が過ぎ、ちょうど連休中の中学の友人が銭湯に誘ってくれました。


原田
中条、お前大丈夫なのかー?
ぜ、ぜ、、ぜんぜんだいじょーじ
原田
あれ…お前言葉…
(やばい、人と話さなすぎて言葉が発声ができない)
原田
ま、大丈夫そうだな、また色々一緒に遊びに出たりしようぜ。
あ、あ、あ、ありがとう、会社辞めただけで大丈夫だから…俺…
原田
安心して、何も話さなくても大丈夫だから!



なんかもう、色々自分の中にあった緊張の糸が切れてしまい、

彼には正直に話す事にしました。


鬱病、不眠、今、自分は自殺を考えている事。


もうどうせ死ぬかもしれないから、少し海外や、日本を回ってから死に場所を考えている事。

原田が最後に会う人かもしれないから、どうでもよくなって全部話しました。



原田
楽しそうじゃんよ、行って来い、色んな所!


…普通止めるもんじゃないのか


そういえば中学から原田は、こんな奴でした。

俺がどんなに不義理でも、時間を守らなくても、こんな状態でも、

なんか解らないけど、連絡だけはくれた数少ない友人の一人でした。


また、このベンチャー企業を紹介してくれたのも彼なので、

多少なりとも責任を感じてたのかもしれません。


僕は、次の日、キャッシュカード2枚を持って、

そのまま家から羽田空港行きのバスに乗ってました。


行先は無い、この先の事も何も解らない、

でも、此処には何故か居たくない。


なぜなら、理由は、

誰にも迷惑を掛けず

誰の目にも止まらず

この世界からひっそりと幕を引こう。


そう、決めていたからでした。


空港に着くと、まず発券シートの機械があったので、適当に一番早く飛ぶ飛行機に乗る事にしました。

当時は馬鹿だったなぁと思いますが、そのまま日本をぐるっと回り、

北海道では自転車で1日200キロ走ったり、海外は7か国同じように適当に旅行していました。

※どうでも良かったので野宿や、見知らぬ土地でも勝手に寝てました。


途中で、FACEBOOKに、たまに近況書いていた為

中学の友人や、高校の友人から連絡が来て


友人A
今暇してるなら、ちょっと俺の家寄ってけよー!
友人B
俺も旅行中だわ、現地で合流して一緒に遊ぼうぜ!



そんな感じでフラフラと変な感じで、新しい友人が出来たり、

中学、高校の友人と再開を果たしたりで2年が過ぎてました。


しかしどの国へ行って、どの場所にいっても、


…僕の死に場所は見つかりませんでした。


どこで死んだら、悔いが無いのだろう、周りの人に迷惑がからないだろうか、

たとえば、この先こんなことをしたら自分は変われるのだろうか、

結局、鬱になっても死ぬことも出来ない、


社会にも接してない、何も変わらないクズな自分が出来上がりました。


俺はこんなみじめな人生でいいのだろうか…



そんな疑問と悪夢にずっと悩まされました。


ただ普通に働きたい、普通に生きたい、


でも俺が、周りの人に迷惑を掛けてしまうなら、外に居ても同じで、

友人も、旅先の人もきっとその時だけは楽しいかもしれない。


でも、後から嫌な思いをしてるに違いない。


もやもやした想いを抱え続けていて、旅をしていました。


旅先の、とある教会に僕は立ち寄る機会があり、

フラフラとその日も、何も予定もなくミサに参加してみました。

※第二次世界大戦で亡くなられた方のお墓と、教会の様です。



お金も無くなってきて、そろそろ最後の旅だから、

金目の物や、貴金属を教会に置いて、

誰かの役に立って終わろう、と心に決めてました。


英語も話せず、一人、周りの讃美歌を聞きながら、うとうとしていると

神父が僕に一言声を掛けてくれました。


牧師
ハジメマシテ、オゲンキデスカ?


海外で聞く、久しぶりの日本語、

どうやら日本語が解る牧師さんのようでした。


聖書を手渡され、一つの言葉を指に指して僕に説明をします


牧師
ヨハネハ、ナンタラナンタラ


讃美歌と、牧師の解らない説明が心地よかったので、寝てしまうと、

起きると僕一人になってました。



不思議と、不眠だった自分が心地よく昼寝した事実に驚きました。


牧師は、ニッコリと笑顔で僕に


牧師
自分の心を許しなさい、許す事でしか前に進めない事を、あなたはこれから知るでしょう。


不思議と涙が出ました。

自分の心の重荷は、自分自身によって作られていた、ただの負の鎖だった事を、

たった一人のよく解らない牧師に、説得されたのでした。


その日から、僕は本気で死ぬことを辞め、鬱病の投薬を受け、自分自身と向き合うことにし、

社会復帰を目指しました。


そして、


旅にもいつか終わりがやってくる、でもそれは自分で終わりを決めないといけない。


僕自身、この瞬間に旅が終った事を自覚しました。


また、壁にぶつかった時に、「自分を許す事」これが、ひとつの心の重荷を軽くする方法だと、旅先の牧師から学んだのでした。


事実を受け止めるのは、非常に残酷で、そして労力がいります、


しかし自分を認めない事には、身体も精神も健康にはなってくれないのです。


「鬱病である事」「社会に接してない事」「死にたくても、死ねない事」

僕は、この事実からずっと逃げていた2年間でした。

色々な人に迷惑を掛けたかもしれない、心配させたかもしれない。

幾ら謝ってもいいから、自分の言葉でまた人間関係を作り直そう。


僕は自分を許して、生きて行こうと決心しました。


これまでの自身の行動や、罪や、行為、すべてをひっくるめて、

今度は、読者様が自分を見つめて許す旅をして貰えたら幸いです。


※実際に、筆者は外に旅に出ましたが、旅に出なくても変われると思います(笑)


御読了ありがとうございました。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

僕も今社会(会社員という立場から離れ)葛藤中です、、
勇気をいただきました!ありがとうございました!

>Ogino Shomaさん

こちらこそ、読んでいただき感謝です。
私も社会に接してないことをずっと悩み、働く事が怖くて仕方ない時期がありました。
葛藤する時間も、きっと糧になると思いますので、次の一歩を踏み出すときに拙い文章ですが、少しでもお役に立てれば幸いです。

私もほぼ同じ境遇に遭いました。
物凄く共感しました。
5〜6年前に仕事で挫折して何もしたくなくなりました。
それで旅をしても何も解決しませんでした。
解決出来たのは、膨大な時間と、自分をある意味諦めた事で、心の不安を和らげる事が出来たからだと思います。

心が動かされました。ありがとうございます。僕の境遇もアップしてみようかな。

>澤下 玲雄さん

コメントありがとうございます。
自分を諦める事も、許す事も一緒かな?と私は思います。

境遇を文字にしてみると、すっきりする事もあり、
特に自分の今までの行動を振り返り、文に残して見ると少し恥ずかしい想いもありますが、少し前進した気もします。

同じような仲間が居た事で私も勇気を頂けました。ありがとうございます。

>澤下 玲雄さん

コメントありがとうございます。
自分を諦める事も、許す事も一緒かな?と私は思います。

境遇を文字にしてみると、すっきりする事もあり、
特に自分の今までの行動を振り返り、文に残して見ると少し恥ずかしい想いもありますが、少し前進した気もします。

同じような仲間が居た事で私も勇気を頂けました。ありがとうございます。

とってもとっても気持ちがわかります。
僕も今ホントにそのような気持ちです。
自分も立ち直ろうかと勇気を貰いました。
ありがとうございます。

>金 しゅうようさん

コメントありがとうございます。
どこかで立ち直るきっかけは自分次第なのかもしれません。
最初の一歩を踏み出すまでが勇気がいると思いますが、一歩踏み出す勇気にお力添えできたのなら幸いです。

今読みました
ありがとう

助けて

初めまして。いきなり失礼します。私も現在仕事を辞めて鬱の療養中です。ただ毎日何も変わらない日常、ベッドから動けない日々。何か自分が変わらなきゃいけないって分かってるんです。でも親に言われる度に言いようのない孤独感に苛まれています。死にたい。けど死にたくない。どこか知らないところに行きたい。毎日考えもまとまらないんです。そんな時に読ませて頂きました。私も自分自身を認めてあげなきゃいけないんだなと。。ありがとうございます。

|

中条 信一さんの他のストーリー

  • スタートアップ(ベンチャー起業)と言う魔法の言葉に騙されてはいけない