22歳で世界一周に旅立ち世界中の遺跡の前でブレイクダンスしまくったケンシロウと僕の話

このエントリーをはてなブックマークに追加

◆世界一周をした僕の弟◆

僕には5歳離れた弟がいる。その弟は大学を出ると同時に世界一周の旅に出た。便宜上弟のことをケンシロウ(あだ名)と呼び、彼の軌跡を紹介したいと思う。

※一子相伝の暗殺拳『北斗の拳』の話ではありません。僕の弟の話です。


■エピソード

・小さい頃

僕とケンシロウは正確には4歳半離れている。

1981年8月7日生まれの33歳の僕(ラオウ)と

1986年3月24日生まれの28歳のケンシロウ。


僕が小さくまだ妹と二人兄妹だった頃。父母に「弟が欲しい…」とお願いをしたそうだ。そうしたらケンシロウが産まれることになった。なんて子供思いの親。そして兄思いの弟だろう。雪の日に産まれたケンシロウ。ケンシロウ誕生の周辺日に大雪で停電となり真っ暗な中、お風呂に入ったことを覚えている。


・保育園時代

みんなでワイヤイがやがや。僕はその頃小学生高学年でラジオを聴き始め…そのエピソードはこちら

ケンシロウは両親ともに働き始めたこともあり犬久保公園の近くの保育園に入った。そこで伸び伸びと育ち、友達をたくさん作ったケンシロウはよく我が家に友達をたくさん引き連れて遊びに来ていた。まぁ僕も小さい頃は大量の友達を連れて家やら友達の家に遊びに行ってたので文句は言えないのだが。


・小学生時代

小学生にもなると色んなものに夢中になる。兄弟とはそもそもお互いに影響を与え合うものだと思うのだが、ケンシロウの興味を持つモノは一通り僕も興味を持った。コロコロコミック(僕は少年時代コミックボンボン派だった)、ポケモン、ビーダマン、ミニ四駆、釣り、世紀末リーダー伝たけし、みどりのマキバオー、ハイパーヨーヨーetc.

高校時代にプロレスにハマった僕はケンシロウ達を連れて秋葉台体育館に新日本プロレスの興行を見に行ったりしたのも今では良き思い出。


・中学生時代

剣道部で汗を流すケンシロウ。僕はその頃大学に入り一人暮らしを始めて愛する藤沢の我が家を飛び出していた。早稲田でバイトで生計を立て自活を始める僕。面やら小手やら突きやらを素足で極める弟。


・高校時代

ハンドボールとダンスを始めるケンシロウ。どうやら湘南台の駅のフリースペースでブレイクダンスを練習していたそうな。その頃の僕は朝日新聞でバイトを始めていた。朝から夜まで朝日新聞の築地本社でスポーツ部や写真部のデスクのコピーにお茶くみ、原稿運びに電話取り。あくせく働き4畳半の部屋からオートロックのマンションに引っ越すことが出来る迄になった。そして貯めたお金で初めての世界旅に旅立つ僕。なんと初めての世界旅はアフリカ(タンザニア)に行くことになった。

後ケンシロウも同じ場所に世界一周の過程で訪れることになるとは。。。当然この時知らない。


・大学時代

中央大学でバイトに明け暮れてアジアやイタリアを旅し始めるケンシロウ。我が家は不思議なもので人生の岐路に立つと母親が「旅に出なさい」と教えるんですよ。僕が大学2年生の夏に完全に行き詰った時にも「北海道でも行って来たら」と諭され青春18きっぷで北海道を一周してきたし、妹のシーナさんもなんだかんだでアジアを旅して旅にハマり旅にのめりこみ、ついにはアジアン雑貨を売ったり作ったりするデザイナーになり今やネパールに住んでるほどですから。母親の影響は大きなものです。そんなこんなで僕は社会の荒波に揉まれ起業を目指し就職。ケンシロウはダンスにのめりこみ世界一周の旅への準備を始める。


・世界一周にスタート(2008年5月)

僕は営業コンサルの会社で働き始め入社の前日にその復活ライブに行ったことからX(エックス)と呼ばれる。そんな中ケンシロウの世界一周は始まったのである。


一度きりの人生、後悔のない人生にしたい。

そんな思いから行き着いたのが今回の世界一周。

世界中で踊って、世界中の人と笑って、世界を肌で感じてこよう。

言葉も話せないけど、なんとかなるっしょ。

大事なのはやるかやらないか。

世界を見尽くしてやる。

んじゃ、ふらっと世界一周いってきまっす! ―ケンシロウ旅立ちのコメント


<世界一周ルート>

ケンシロウの歩んだ大体のルートはこうだ。下記の各地を回りながら感じたことを写真と共にブログにアップして、遺跡や名所の前でダンスする動画をYouTubeに上げながら世界を回った。


※リンク先は各国のダンス動画をまとめたもの。

 音楽もダンスもその国の情緒に合わせてあるこだわり♪

日本→2008年4月

北中米→2008年5月(アメリカグアテマラ)

南米→2008年5月~6月(メキシコ)

   2008年6月(ペルー)

   7月(ボリビア) 8月(パラグアイ) 

   9月(ブラジル)

   10月(アルゼンチンウルグアイ) 

   11月(チリイースター島)

ヨーロッパ→12月(スペイン) 2月(イギリス)

中東→12月(エジプト) 

   2009年1月(ヨルダンシリアトルコイスラエル)

アフリカ→2月(ケニヤウガンダ) 

   3月(タンザニア)

   4月(マラウィザンビアボツワナジンバブエ南アフリカ)

     (スワジランドレソトナミビア)

アジア→2009年5月(香港中国チベット) 

    2009年6月(ネパール)

    2009年7月(インド)

2009年11月14日→日本へ帰国

そして旅を終えてこんな動画にその軌跡をまとめた。


◆ハプニングだらけの世界旅◆

1年半にも渡り世界中を回っていると色々なことが起こる。そんな中で僕がランキング形式でケンシロウに起こった様々な出来事を紹介したい。マラリアや高山病にかかるなど大変なことも多かったという。そんな中で僕的に印象に残った出来事をベスト5でご紹介。




第5位:アルゼンチンで騙される

2008年10月アルゼンチンでボカジュニアーズのサッカーを観戦しようとスタジアムに行った時のこと。チケットを買うべく発券所に並ぶと、まさかのチケット売り切れ。人気のボカ!しょうがないのでダフ屋でチケットを探してみる。24ペソのチケットを80ペソとか高い。


そんなこんなで探している合間に試合開始。盛り上がってる!見たい。でも高い。諦めて帰ろうとするとダフ屋の兄ちゃんに声をかけられた。

ダフ兄
チケットあるよー
ケンシロウ
おいくら?
ダフ兄
30ペソでイイヨー
ケンシロウ
(安いな。あやしいな…)でも急がないとおわっちゃうし、じゃあそれ頂戴!
ダフ兄
あいよー


値段を聞くと30ペソで良いという。怪しいと思いつつも思い出はプライスレスで安さと急いでいたこともあり、購入してダッシュで向かう。しかし・・・


入場口
ソノチケットジャハイレナイヨ
ケンシロウ
なぬー!!だまされたー。あいつーーーー。使用済チケットつかませおって許さんぞー。こうなったら走りに走ってみつけてとっちめてやる!ウオオオオオー
入場口
ガンバッテネ


ダフ屋を探す。必至で走る。本気で走るケンシロウ。

そして見つけたダフ屋の兄ちゃん。見つけて逃げられないように服掴んでキレる


おいコラおまえ!金返せ!!!
ダフ兄
モウナイヨ、オカネ。
あqwせdrftgyふじこlp;@:「」
ダフ兄
じゃあこのチケットでドウヨ?
ケンシロウ
これで入れんのか?子供用じゃないだろうな?
近くにいたちびっこ
そのチケット欲しいよー。ボクもそれで入りたいよー
ポリス
ウン、ソノチケットナラハイレル
近くにいたちびっこ
欲しいよー。ちょうだいそれ。
ケンシロウ
現地の人がここまでいうなら本物か。じゃあこれでそこの入場口いってみるよ。
入場口
このチケットジャハイレヘンヨ。あなた学生さん?
ケンシロウ
(なんて答えれば正解ナンダ?)
いやー学生じゃないんだけど。
入場口
それじゃ入れません。
ケンシロウ
そこをなんとか!!
入場口
じゃあこっちきて。上の者にカクニンする
ケンシロウ
ムムム・・・
偉い人
いやー君。このチケットじゃ中には入れられんよ。これは没収じゃ!!!

散々やりとりしたあげくに出されたもう1枚のチケット。そのチケットを子供も警察も使えるという。入口に持っていくと「使えない」。学生なの?と聞かれて駄目だねと断られる。お偉いさんっぽい人に会されてチケット没収。たぶん学生用のだったのだろう。


偉いのはこんな経験をしながら、自分の責任と捉え相手を許そうと思えたこと。全て自分が悪いと反省できたこと。面白い経験をしたと思い満足することにしたこと。うーん前向き♪

詳しくはこちらの記事で。




第4位:YouTubeのTOPページに載る


世界中を旅しながらYouTubeにそのダンス動画をアップし続けてきたケンシロウ。いつのまにかYouTubeのTopページに動画が掲載されていたそうな。ヒカキンやMAX村井に先かげてなんとここに日本人YouTuberが誕生していたのである。アクセスが伸びに伸びたことはいうまでもない。


第3位:マオさんとの出会い


エジプトで出会ったマオサン。なんと彼は↑のようにケンシロウのダンスのキメポーズをTシャツにデザインしてくれた。意気投合した2人は別々に世界一周をしながら動画を撮ったらそれをマオさんが編集してくれる。新しいHPのデザインをしてくれたりケンシロウの世界観を具現化してくれる素晴らしい理解者であり、共同作業者となってくれた素晴らしい旅人だ。


旅で出会う縁は素晴らしい。そこでできた縁が今なお続くこの2人の関係性に感動の嵐だ。帰国後に作ったマオさんデザインのTシャツがこちら↓



<番外編:チリチリ頭になる>

南米ボリビアでくるんくるんのパーマネントスタイルになったケンシロウ。

その頭大仏の如し。色んなスタイルに世界を回りながら変身する様もまた面白し。


↑できたて。


↑かわくと。てか髭っ!


2位:NHKで放映される

旅も終盤のインドでの出来事。NHKから取材を受けケンシロウが日本のTVで放映された。「投稿特報DO画」と朝のニュース、更には他の番組枠でも面白い日本人がいるとのことで紹介された。兄は誇らしい気持ちで見守ったものです。会社の朝礼で皆に紹介したものです。そしてインドでインターネット電話でインタビューに答えるケンシロウ。流石に良い感じに取材・編集されてます。


▼NHK「特ダネ!投稿DO画」に取り上げられて(5分55秒~)


1位:ダンスと車の掃除で小金を稼ぎ現地の新聞に載った~伝説の一夜~

メキシコでの出来事。

現地で出会ったリュータローさんヨースケさんとケンシロウの日本人旅行者3人。

一緒にパスポートのコピーを取りにいこうと文房具屋へ。その後ケンシロウを除く二人は夜飯の買い物へ。二人が帰ってくると食材とともに掃除道具を持っている。

ケンシロウ
なにそれ?
リュータローさん・ヨースケさん
これで稼ぐ!
ケンシロウ
どういうこと?
リュータローさん・ヨースケさん
これで走ってる車の窓を掃除してチップをもらうのさ。
ケンシロウ
あー大道芸的なやつね。
リュータローさん・ヨースケさん
一緒にきてダンスもしちゃわない?
ケンシロウ
勿論やるやるー♪


当たり前の様に掃除道具を持ってきた二人は止まっている車の窓に洗剤をかけて窓を掃除しチップをもらうという。つまりは大道芸だ。


初めての作業にとまどいながらも現地のおばちゃんにやり方を教えてもらったりしていよいよ実戦へ。信号でとまった車を囲い込み強引に洗剤かけて仕事開始。


二人が車のフロントガラスで仕事を開始しその前でケンシロウダンス。

→お金もらえる。

一人でも踊ってみる→お金貰える。

大通りでもやってみる→70~80ペソ稼げた。

リュータローさん・ヨースケさん
このまま100目指しちゃおうぜ!
ケンシロウ
いいねー
リュータローさん・ヨースケさん
あっなんかこの車載ってる4人組なんか降りてきた!
ケンシロウ
カメラ持ってるよ!
リュータローさん・ヨースケさん
これって・・・TVクルーだ!!!
TVクルー
アナタタチ、ココデナニシテル?ナンデニホンジンガコンナコトシテンノ?オモシロイカラキカセテ。
リュータローさん・ヨースケさん
あーでこーで・・・
TVクルー
オモロイヤンケー。他にも取材陣連れてくるからチョットマットケ!


4人組の車。手にはカメラを持っている。テレビだ!散々取材されて「他にも連れてくる」と。気づけば20人に囲まれて写真バシャバシャ。TV,新聞、ラジオ。面白い日本人が大道芸で小金を稼いでいると。この日の詳細はこちらで。


そして翌日の現地新聞↓


新聞3紙に掲載される。しかも1紙は1面トップニュース!半端ない。



■旅の目的 ~ありがとうの伝道師~


人が旅をする理由は色々あると思う。奇麗な景色を見るため、自分探し、リフレッシュetc.そんな中ケンシロウは世界を見て多くの人と触れ合う中で日本の言葉の美しさ、素晴らしさに気付く。「ありがとう」という言葉の力、その良さを伝えようと様々な場所でありがとうを叫んだ。


▼(e-book)世界一周で伝えたかった言葉

▼(動画)ありがとう~世界一周の旅で伝えたかった言葉~



◆旅の終焉~結婚オメデトウ~

そんなこんなでたくさんの貴重な経験を積みながら世界中にロックアップし続けていたケンシロウが日本に帰ってくるきっかけとなる出来事があった。そう、兄(僕)の結婚式である。僕が12月に結婚式をするという話を聞いて長き旅に終止符を打ち帰国することを決めたケンシロウ。旅の終わりには熱い言葉を残して日本に戻った。


そして結婚式当日。皇居前の結婚式場で世界中の人々から「結婚オメデトウ」の祝福ムービーを流してくれるケンシロウがそこにはいた。世界中の人々に結婚を祝福される僕と嫁。こんなに嬉しいムービーもそうそうあったものじゃない。感動した。震えた。ケンシロウのことを誇りに感じた。嫁は感動して泣いてた。


そして世界中の遺跡の前で踊るムービーをバックにブレイクダンスを披露してくれた。この結婚式では僕がギターを弾き語り、嫁はバイオリンで両親への感謝の思いを演奏したが、それをも上回るインパクトのある祝福の出し物だった。ハイライトだった。本当に素晴らしい演出をしてくれて心から感謝している。


どうせ一度の人生なら思うように生きたいと日本を飛び出し世界を回りFree Style Worldを地で行くその旅に終止符をうってまで駆けつけてくれたその思い・・・本当に嬉しかった。






そんなケンシロウが今週末結婚する。素晴らしく可愛い奥さんを貰います。幸せになって欲しい。素敵な温かい家庭を築いて欲しいし、ケンシロウなら築くことができると信じてる。あの結婚式の時の感動と感謝の思いをどう伝えたらいいか僕も色々考えましたがこうやって思いを記すことと可愛い娘たちにベールガールをしてもらうこと位しかできないかなと。


今ケンシロウは神奈川県大和市でバーのマスターをしている。


世界中の50種類のビールを飲み比べられる素敵なお店を自分の力で切り開き毎日を全力疾走・完全燃焼で周囲の人と笑顔で楽しもうと頑張っている。


開店前にはボロボロの店内を塗装し飾り付けることから始めた。僕もニス塗を手伝った。今や人気の繁盛店。常連さんも多くたくさんの人に喜んでもらえるお店になっている。


世界一周をした人が訪れる店にもなっている。ケンシロウのブログを見て感化されて世界一周をした人もいる。


皆さんも世界一周をしたいと思ったら、世界中のビールを飲みたいと思ったら、世界一周の話を聞きたいと思ったら、とにかく飲みたいなら、おいしい料理とお酒に舌鼓をうちたいなら、とにかく楽しみたいなら、神奈川県の大和の近くに立ち寄ったら・・・是非ケンシロウの店を訪れてみて欲しい。


太陽酒場Sun


彼の世界一周の話が取材されて本の一部となってます。




最後に・・・

ケンシRYO!!結婚オメデトウ!!

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

私も600ドルだけで旅に出ましたが、こんな面白い旅人は会わなかった!すごく素敵!^^

お兄さんも家族愛があふれていてすごく素敵です!

そして結婚おめでとう!双子の姉を連れていつか飲みに行きます^^♥

>Shono Mhoさん 感想ありがとうございます。
600ドルだけ持って旅に出たっていうストーリーも凄いですね。
家族愛が伝わって嬉しい限りです!双子二人で太陽酒場に飲みに行ってみて下さい。ケンシロウも喜ぶと思います^^

下川 祐介

2児の父。 ▼うちの弟の世界一周ダンス動画 http://www.facebook.com/pages/Free-Style-World-RYO/176316965811040

下川 祐介さんが次に書こうと思っていること

|

下川 祐介

2児の父。 ▼うちの弟の世界一周ダンス動画 http://www.facebook.com/pages/Free-Style-World-RYO/176316965811040

下川 祐介

2児の父。 ▼うちの弟の世界一周ダンス動画 http://www.facebook.com/pages/Free-Style-World-RYO/176316965811040

下川 祐介さんの他のストーリー

  • 22歳で世界一周に旅立ち世界中の遺跡の前でブレイクダンスしまくったケンシロウと僕の話

  • 下川 祐介さんの読んでよかったストーリー

  • 22歳で世界一周に旅立ち世界中の遺跡の前でブレイクダンスしまくったケンシロウと僕の話