受験失敗したアニヲタを京大合格まで導いた、たった1つのモチベーション管理術

もう5年も前の事になるが、

11月になると今でも受験の事を自然と思い出す。


11月は夏までの努力の結果が一番目に見える。

「大学別模試」が実施されるからだ。


秋の「大学別模試」はほとんどの受験生が受け、

受験本番の前哨戦の意味合いが強い。


京大を志望していた俺も勿論、

代ゼミ、河合、駿台の3つ全て受験するととした。


この時、浪人していた俺は、

既に受験勉強がぐだぐだになっていて、

秋にはアニメ視聴時間>>>勉強時間となっていた。。



画像元:CCライブラリー



そんな中で、グダグダな受験勉強を乗り越えるべく、

1つのアイデアを見出した。


「模試を偽名で受けるしかない」


当時、2chの受験板など一部では、

模試をアニメのキャラクターなどの偽名で受けることが流行していた。

また成績優秀者は冊子に掲載されることもあり、

後日、模試を受験した全員の目に触れることになる。


「偽名で受けて成績優秀者として掲示されるのを想像したらワクワクしないか?」


それだけを想像しながら、再度受験勉強に力を入れた。



また何のキャラクターで受験するかは、相当頭を悩ませたが、ある程度考えた末、自然と決まることになった。


そのキャラクターは、、



わかる人はわかる。


選んだ理由はシンプルで、

当時大ハマリしていたアニメであり、

IQ高いし、なんかいけんじゃね?という根拠のない自信だった。



きたる模試当日。

意気揚々と受験会場に乗り込み受験する。


ただここで、

予想していなかった事態が起こる。


試験監督
(俺の方見ながら必死に笑いこらえてる)「イチノセコトミ」じゃ絶対ねーよw つーかこいつ男じゃん。。
自分
(心の声)あかん、、ばれた、、呼び出される。。

模試の受験監督が、このキャラクターの名前を知っていたのである。



正直冷や汗だらけになったが、呼び出しもなく、

無事に模試を終えることになった。



そして約1ヶ月後。

2chの受験板はある話題で賑わった。






イチノセコトミが憑依したのか、

晴れて学部での総合成績1位を取ることに成功した!



当初予定した通りの結果に満足感をもって終わる   

かと思われた。



しかし、その満足は長くは続かなかった。。



自分よりちやほやされている奴がいた。

いや、それよりも、なんだヤガミライトニングって。。



その後、晴れて京都大学に合格することができたが、

未だにヤガミライトニングの真相はつかめていない。


一体、ヤガミライトニングとは何者だったのか。

今もその正体を追っている。





ちょっと話がそれたので、最後にまとめ。

この文章で、言いたかったこと2つのこと。


「受験は楽しむもの」

「あなたは今、何かに本気になれていますか?」





以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。







読んでよかった
このストーリーをブログ等で紹介する

松井 貴宏

2010年4月、京都大学教育学部に入学。

松井 貴宏さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

本質を知っているものが勝つ

7年頑張ったけど駄目でした。もう30歳を越えましたが、0から出直します。第3話【決心】

7年頑張ったけど駄目でした。もう30歳を越えましたが、0から出直します。第2話【目標】

7年頑張ったけど駄目でした。もう30歳を越えましたが、0から出直します。第1話【絶望】

世界旅後手持ち300ドル、家族も友人・恋人、時間もお金もすべて失い失意のまま帰国したバックパッカーが自分の夢を叶えてきた記録(17)

パンの耳をかじって生きてきたホームレス男が、半年で1億円稼いだキセキ

3年間信じて努力してきたことが無意味だったと気づき、絶望した。そこから学んだ1つのこと。

20か月で4800万円を自己投資し、精神・金銭ともに貧乏になって初めて気づいた。起業していく上で大切なたった一つのコト。

50年生きてみて

若年性乳がんになって片胸なくなったけれど、日々楽しく生きている話~第二章

19歳でフランス外人部隊に入隊。22歳で戦場に行った話。その1(入隊)

❹ シングルマザー子連れ海外就職。

母を自宅で看取り天涯孤独となった瞬間の話。②

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 その14 ぼく添乗員(ドラえもん風に)

[ビリギャル]学年でビリだったギャルが、1年で偏差値を40あげて日本でトップの私立大学、慶應大学に現役で合格した話

松井 貴宏

2010年4月、京都大学教育学部に入学。

松井 貴宏

2010年4月、京都大学教育学部に入学。

松井 貴宏さんの他のストーリー

  • 人生を変えた東京でのはじめてのシェアハウス

  • 松井 貴宏さんの読んでよかったストーリー

  • あの日、ボクは人としての常識を捨てました。