パニック障害と診断される前にぼくがまずはじめにやったことの話。

このエントリーをはてなブックマークに追加
16

2009年8月7日午前9時頃

ぼくは突然のめまいと手足の痺れで倒れる。

 

今思い出すだけでも何とも言葉にしがたい感覚。

もちろんこれまで生きてきて体験したことのない感覚。


気がつけば

救急車の中で搬送先の病院を確認する救急隊の声が聞こえる。



そんなやりとりをよそに

白いハコの中の天井を見つめながら

しばらく絶っているタバコをふかすかのように


「ふっ〜」と息を吐いた。


根拠のない死を覚悟した合図。だとぼくは勝手に、

はじめて横たわる救急車の中の冷たいストレッチャーの上でそう思った・・・。


メメント・モリ。

死を想え・・・か。


うす茶色いブックカバーに白字でそう書かれていた本が

西陽を真正面から浴びる本棚に存在してることをふと思い出した。



しばらくの間、目を閉じ。



もう一度、根拠のない死を覚悟した合図を


「ふっ〜」と


吐き出そうとした瞬間!



息を飲みこみ鼻からその空気が漏れる。



あ、やばい。



2回目の、

根拠のない死を覚悟した合図を飲み込んでから、

ぼくはものすごく大切なことを思い出した。




死を覚悟し、死を想った瞬間、

だった・・・が。



コレじゃ死ねない。

エリ(妻)がショックを受けてしまう。



まじめにそう思った。



パニック障害と診断される前にぼくがまずはじめにやったこと。



それは・・・



パニック障害と診断されたぼくがまずはじめにやったことの話【本編】へ・・・



続く。





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Kai Takashi

ヨガインストラクター ココロノ呼吸法セラピスト 魔法の質問認定講師 https://camp-fire.jp/projects/view/20796

Kai Takashiさんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

バチェラージャパンVol.1終了。

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

立ち直った26歳②

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

〜少年時代の僕へ送る手紙〜

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

「バチェラー」から学ぶ。「相手のどこを見るか」

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

18歳の大学生が祖母と二人暮らしした4ヶ月 その1

Kai Takashi

ヨガインストラクター ココロノ呼吸法セラピスト 魔法の質問認定講師 https://camp-fire.jp/projects/view/20796

Kai Takashi

ヨガインストラクター ココロノ呼吸法セラピスト 魔法の質問認定講師 https://camp-fire.jp/projects/view/20796

Kaiさんの他のストーリー

  • 明日からできる【ココロノ呼吸法講座】を全国47都道府県で開催するためにクラウドファンディングに初挑戦したときの話。

  • Kaiさんの読んでよかったストーリー

  • パニックだった私がメンタルコーチになり、全国行脚することになった話