それは必ずどこかにある ~あなたのファンが居る世界の探し方~

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の長所とか、そんなの恥ずかしくて言えないよ



長所と短所という言葉を初めて知ったのは、小学生くらいの頃でしょうか?


当時10歳くらいのツルツル脳みそのぼくは、


「長所は良くて、短所はダメ」


くらいのレベルで理解してました。


その後ほんの少しだけ脳みそにシワが増え、


長所とは客観的に自分を見て、

生きる上でそれがプラスに作用するもの。

または、得意な事。



短所とは客観的に自分を見て、

生きる上でそれがマイナスに作用するもの。

または、人より劣っている事。


そう、考えるようになりました。


それでも変わらないのは、

自分を無理矢理プラス部分とマイナス部分に分ける事。


だから、


「私の長所はコレです!」


なんて言うのは、他人に評価されてない自意識過剰の部分を、

恥ずかしげもなく晒すのと同じで、

誰かに告白するような事じゃないと思ってました。



しかし、


長所をカミングアウトし、それによって魅力的に自分を表現する事は、

これからの時代を生きてくのにかなり重要な事らしいぞ?

と、またちょっとだけシワが増えた脳みそで、

最近は考えるようになりました。



自分を売る事で、自由な生き方が出来る時代なんじゃない?





「自分を売る」なんて言うと、

ちょっぴりダークなイメージを持つ人もいるかもしれませんが、

自分の長所を見つけ表現することは、

最近では新しい「生き方」となる場合があります。


「生き方」というのは、職業や、それで食っていける事、

とも言い換えられます。



普段、自分の長所を書くなんて事は小学校の作文か、

就活のエントリーシートに書く位しか「見せ場」が無かった訳ですが、


今の時代は違う。


ネット上に自分の長所を魅力的に見せる事が出来れば、

それだけで人生が変わる可能性が出てきたからです。


どういうことかというと、

個人メディアのファン化。


ブログや、facebookや、YouTubeなど、個人メディアは今や、

CMにもなるくらい世間的に認知されてますよね。


少し前なら、ネットビジネスという胡散臭い括りに入っていたカテゴリーの人達さえも、

大手メディアが気付き出し、TVでも本気でネット上の有名人を取り上げ始めてます。


ジャスティンビーバー、きゃりーぱみゅぱみゅ、ざわちん、HIKAKIN、イケダハヤト…


みんな元々はネット上のイチ個人だった訳です。




自分の長所をトップレベルにする方法はね・・・



例えば、


人より字がキレイに書けるというなら、

「何か」又は「誰か」と比較してキレイを証明する必要がありますし、

ゲームが得意だというなら、世界で何位とか、

客観的に結果がわかる方が良いのは当たり前です。



僕は誰より愛が深いんだ!




とか言っても、何メートルとか測れないし、




私はこの世で一番性格が良いのよ!





とか言っても、良い性格の世界基準は残念ながらありません。




となると、

やはり普通の人は「自分を売る」なんてことは無理なのか?



いいえ、出来ます。



「僕は誰より愛情が深い字が書ける!」


「私はこの世で一番性格がいいゲーマーなの!」




言ったもん勝ちかって感じもしますが、

言ったもん勝ちです(笑)

自分の長所を売りにしてファンを作ると考えた時、

ライバルを如何に減らすか?を考える方が効率的です。



自分の長所に付加価値を付ける事で、

オンリーワンになる事は難しい事では有りません。

誰とも比較されない自分の売り方が出来れば、

必ずファンは付きます。


個を売るプロである、芸能人を見ても、



楽器が弾けないヴィジュアル系バンド

という、ライバルの少ない戦い方を選んだ

「ゴールデンボンバー」



可愛いのにネットで容赦無い変顔を晒し、

敢えてギャップを作るリスクを侵して

他の可愛い女の子を置き去りにした、

「きゃりーぱみゅぱみゅ」



モノマネを「アイメイク」だけで表現し、

多才な才能が必要なモノマネ界で、

得意だけを究極に伸ばしまくった

「ざわちん」




好きな事、得意な事、人より少しだけ長けてるところに、

一個付加価値を付ける事で「比較されない売り方」が成功した例ですね。





そんな自分勝手に創った長所なんてウケるの?



誰もが認める長所はライバルも多い、
それこそ世界のTOPレベルじゃないと売りにならない。



例えば、

あなたが人並み外れた英会話力を持っていて、

TOEICで満点近い点数が取れたとしても、

誰もあなたのファンにはならないでしょう。



しかし、


寝ても覚めても金髪の外国人女性が好きなのに、

英語がしゃべれないばっかりに声を掛ける事が出来ない。

そんな女好きのAさんが居たとします。



あなたはたった二言、三言で外国人女性を笑わせる言葉を知っている。

それを使えば金髪女子のナンパ成功率が高くなる。

それを売りにすれば、Aさんはあなたのファンになります。



95%の人にそっぽ向かれるくらいマニアックな長所を見つけ、

それに食い付いてくれるコアなファンの為にその長所を伸ばす。

それは唯一無二の売りになる事があります。


個人を売る方法として一番成功しやすいパターンです。

そこから口コミで広まり、少しでもメディアに取り上げられると・・・

あなたも第二のゴールデンボンバーになれる!

なりたくないかもしれませんが。

逆に、初めから大衆を意識した売り方は、

金もコネも無い個人レベルでは難しいということです。





目的は、自分の居場所を見つけること



自分の長所を上手く引き出す方法を書こうと思ってたのに、

だんだん主旨と違う感じになってきましたが、

まあいいや(笑)



要するに自分の長所は、見つけて伸ばして世間にカミングアウトした方が、

今の時代、面白いことになるかもよ?ということです。


世の中に、自分の発信を待ってる人がいるかもとか考えると、

楽しくないですか?

そこに共感して貰えないと、今まで書いたことが全て無駄なんですけどね(笑)


仮に、上手く長所を見つけて自分の売り方を覚え、

数人のファンが出来たとしましょう。



そこにはもう、あなたの居場所が在るんです。


あなたを待ってる人がいて、

あなたが何を言っても許される場所です。



そんな場所が人生の中でひとつでもあれば、

朝、目が覚めることが楽しみになります。



生きてく上で、自分の存在を誰かに認めてもらいたいという欲望は、

古来、人間の性ですから。




自分が書いた記事が映画になったらどうする?



例えば、このSTORYSでも色んな生き方をしてる人が居て、

それぞれ自分の長所を見つけ、

新しい生き方を手に入れた人のストーリーがたくさんあります。



このサイトをよくご覧の方なら「ビリギャル」を書いた坪田さんや、

「あいりん地区のヤクザの話」の阪口さんの事はよくご存知かと思います。


ここで読んでくれるファンが大勢出来て、出版社の目に止まり、

それが元で書籍化されたり、

ビリギャルなんて映画になるんですよ?凄い事ですよね。

彼らもまた、ネットで自分の長所をカミングアウトして人生が激変したわけです。



しかし、当然ストーリーが読まれなければそんな事は起きなかった訳で、

よく読まれてるストーリーは、個性溢れる文章で書かれています。


スターが沢山付いて話題のストーリーなどに選ばれてる人は、

やはり読みやすく面白い。



ネットの世界は基本的には「文章」で表現する世界です。

どんなに魅力的な話でも「文章が下手」

では、誰も見てくれないという現実もあります。



自分の長所を見つけ、伸ばし、そこから新しい生き方を手に入れたい。

その為にネットを使う事があるなら、先ずは「文章を書く力」を身につける。

偽らない自分を表現しきるスキルがあれば、

今の時代、誰でも自分らしく生きることは難しいことではありません。



自分が得意だと思う事をライバルの少ない長所に変え、

それが大勢に伝わるネットを使い、

キチンと伝わる文章を書く。




今のところ、これが一番自分らしく生きていける方法だと思ってます。




長所なんて、ナイ・・・



ここで、本来書こうと思っていた事を最後に書こうと思います(笑)


一番最初に、長所と短所が有ると書きました。

自分の短所はすぐ見つかると思います。日本人は謙虚ですからね(笑)




例えば、


僕は、何をやっても続かないんです・・・



という事を短所だと思ってるとしましょう。


しかし、何をやっても続かないという事は、

それだけ色んな事をやって来て、それは好奇心が旺盛だからです。

続けなきゃいけないと思うから短所になる。


ならば、


僕はより幅広い経験を得る為に色んな事にチャレンジしている。けど結果にはこだわらない。
時間は有限だし、何が自分に合うかやってみないとわからないから




これなら立派な長所ですよね。




今、自分が短所だと思ってる事は、

いくらでも長所になるって事です。




だから、




誰でも出来る。






たった今から、自分らしく生きていくことは可能なんです。




怒りっぽいは情熱的であり、




飽きっぽいは好奇心旺盛、




すぐサボるは自己調整が上手い、




人付き合いが悪いは自分に正直、




八方美人は外向的で人当りがいい、




引っ込み思案は思慮深い、




慌てん坊は行動力が高い、




もうね、




人間に短所なんか、無い。



と、ぼくは言い切れます。




ちなみにぼくの長所は、




「自分の悩みを自分で解決出来る」


「わかりにくい事を、理論的に読みやすい文章で教える事が出来る」


「他人の問題点をあぶり出すことが出来る」




などですが、


要は、ひとりよがりで、理屈っぽくて、揚げ足取りなだけです。




しかし、それでも人の為になる事もあります。



このSTORYSに幾つか書かせてもらった記事には、

ありがたい事にたくさんの方に読んで頂いた記事もあり、

感謝のコメントなども頂きました。

文章を書くことがきっかけで、セミナーを開かせて頂く事にもなりました。




この記事を読んだ事がきっかけで自分の長所に気付き、

短所だと思ってる事を長所に変え、

人生を自分らしく生きていく人が、ひとりでも居てくれればいいなと、

心から思ってます。




最後まで読んで頂きありがとうございました。

少しでも役に立ったと感じていただければ、

「読んでよかった」を押して下さると励みになります。

よろしくお願いします。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

暇つぶしに最適なサクッと読めるコラムと、

親バカ丸出し記事を毎日発信しております(笑)

フォロー&友達募集中です!

http://www.facebook.com/uno.masato


情報雑食家MASATOの情報コンテンツ総合サイト

「我侭に生きていくんだ俺は」

http://masato17.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー









読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

自分の短所を長所に変えて行く方法の
ヒントをありがとうございます。
自分の力でやって行きますよ。

大変 読みやすかったし、なるほど‼︎と思える事が多かったです^_^
私は、自分に絶対的な自信がどうしても持てない 目立ちたがり屋です(笑)

とても共感しました!

心の中に残りました。とても良い文章をありがとう。

まだ自分の長所ってわからなくて、私には得意稀な才能はないと思っています。f^_^;)
でも見つけたいから、ブログに色々載せていくことから始めようと思いました!ありがとうございます(*^_^*)

読みやすく、成程という感じでした

最近何もかも上手くいかない事ばかりで、この先生きる希望がないと思ってた矢先でした。こちらを読ませて頂いて少し自分に希望を持てそうです。

ものは考えようですが、流されるままネガティブになってはいけませんね。自分で短所を希望に変えなければ。

救われました、ありがとうございます。

私も何か、書きたいなぁ✨宇野さんの文章楽しいなぁ✨

宇野 成人

右脳派ライティングコンサルタント 感情、想い、世界観を右脳を使って文章化。 一番自分らしい自分が、一番伝えたい人に伝わるライティング。 「右脳派ライティング」で検索してね!

宇野 成人さんが次に書こうと思っていること

|

宇野 成人

右脳派ライティングコンサルタント 感情、想い、世界観を右脳を使って文章化。 一番自分らしい自分が、一番伝えたい人に伝わるライティング。 「右脳派ライティング」で検索してね!

宇野 成人

右脳派ライティングコンサルタント 感情、想い、世界観を右脳を使って文章化。 一番自分らしい自分が、一番伝えたい人に伝わるライティング。 「右脳派ライティング」で検索してね!

宇野 成人さんの他のストーリー

  • 自分の才能に気付かず、ギターに挫折した全ての人に捧ぐ

  • 宇野 成人さんの読んでよかったストーリー

  • ウソつき