一人暮らしの女がリビングをゲストハウスにしたらいろんな国の人がやってきてもうすぐ3年になる話

このエントリーをはてなブックマークに追加

小さなリビングに世界中の旅人を泊めるようになって、もうすぐ3年になる。と言うとほとんどの人が「えっ?大丈夫?」という顔をする。寝る部屋は別だが、生活スペースは共有。女性だけでなく男性も来る。むしろ男性のほうが多いくらいだ。1日だけの人もいれば3週間の人もいる。言語が通じる人もいれば、ほぼまったく通じない人もいる。それでもお互い何とかやってきた。これまでに生活を共にした旅人は50人ほどだろうか。

どうしてこんなことをしているのか?うちのリビングではどんなことが起きているのか?最近では、見知らぬ誰かとの生活が当たり前になってきつつある。自分でも忘れそうだ。だから今のうちに、あんなことやこんなことを書いておこうと思う。

東京編がKindle本になりました

「リビングはゲストハウス」 絶賛発売中!



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

先ほど、アマゾンで購入した「リビングはゲストハウス」からこちらにたどり着きました。興味深く面白いっっっ!!話をありがとうございます。読みだすと止まらない〜〜!

かわむらさん、ありがとうございます!

石野 祥子

趣味はヨガと昼寝

|

石野 祥子

趣味はヨガと昼寝

石野 祥子

趣味はヨガと昼寝

石野 祥子さんの他のストーリー

  • 第3話 ムエタイ指導者と涙のお買い物ドライブ

  • 石野 祥子さんの読んでよかったストーリー

  • やくざを泣かせた5歳の息子の話