別れの夜はペヤングカップ焼きそばと共に

このエントリーをはてなブックマークに追加

ホームステイ最後の夜。

僕は一人キッチンでペヤングにお湯を注いでいた。

「これで最後かぁ。」

ホストハウスには僕一人。荷物をまとめたスーツケースはすでに玄関に置いてある。

「ホームステイ最後の夜が一人って…」

そのペヤングは、いつもよりしょっぱかった。


(画像はイメージです。手前は僕ではありません。)


ホームステイ。それは運。

子が親を選べないのと同じように、ホストファミリーは選べない。

ホームステイ。それは修行。

まったく知らない文化に、身一つで飛び込んでいく。

ホームステイ。それは自然。

時には優しく、時には厳しく牙を剥く。


ホストファミリーとは家族のように。別れの日は涙を流し再会を誓う。何不自由なく、本当に親切に接してくれる。

運のいい半分はそうだろう。しかし残り半分は…。


シアトルでの1年間、最初の5ヶ月はホームステイだった。

メキシコ人のホストマザー、ナタリアと、オランダ人のホストファザー、ダニエル。

それに10歳のジョージと7歳のボブという2人の息子。犬のジョン。


この4人と1匹との共同生活は、おそらく生涯忘れないだろう。


初日。アメリカを知る。


留学、日本から来た僕を家で出迎えてくれたのは3人と1匹だった。ナタリア、ダニエル、ボブ、そしてジョン。

ジョンは僕に向かって吠えまくっている。慣れるまで一週間はかかるらしい。まじで吠えまくっている。

ジョージはボブにいじめられて部屋にこもっているらしかった。兄なのに。兄なのに…。


兄弟間の力関係がわかってきたところで、ナタリアが「昼食にしよう」と声をかけてくれた。

事前にもらっていた手紙では『No Junk Food』とあった。アメリカ家庭にしては珍しい。

渡米前には友人から「絶対太るよ!」とよく言われたが、ジャンキーなものが出ないのなら太るはずもない。

ジャンキーではないアメリカ家庭の食事とはどんなもんなのかと食卓へ行ったら、


宅配のピザとコーラが並んでいた。


僕「…。ジャンクフードは食べないんじゃないの?」

ナタリア「?これはピザよ?小麦粉とトマトの何がジャンクなの?」


なるほど。一理ない。

僕の陳腐な常識はここでは通用しないのだと一瞬で理解させてくれた。


横ではやんちゃなボブが「これがアメリカンボーイだぜ!!」とかいいながら頭からコーラをぶっかけている。

そして部屋から泣き叫びながら出てくるジョージ。


吠えまくるジョン。泣きまくるジョージ。コーラまみれでピザを食べるボブ。それを慣れた様子で対処するナタリアとダニエル。


カオス…。


これがアメリカか。この日から僕の壮絶なホームステイライフが幕を開けた。


家のルール


この家には厳格なルールがあった。

ナタリアは「私達とは家族だと思っていいのよ」と最初に言ったが、とてもそうとは思えなかった。


1. 「21時以降は上に上がってきてはならない」


この家は2階建てだった。中間である中2階に玄関があり、階段を上った2階が生活スペース。トイレシャワーキッチン冷蔵庫すべては2階にあり、もちろん食事も2階。家族が寝るのも2階。

僕が与えられた部屋は階段を下りた1階部分。そこには犬のジョンの部屋と、空き部屋が一つ。その空き部屋が僕に与えられた。

そして言われたルールが「21時以降は絶対上に上がらないでね」。トイレに行きたくなっても、喉が渇いても、上には上れない。一度どうしてもトイレに行きたくなって21時半くらいに2階に上ると、敏感に起きて来たナタリアにものすごい形相とものすごい大声で怒られた。「私を寝かせろ!!」って。怖かった。

そして僕に一向になつかず、依然吠えまくるジョンとの1階共同生活が始まった。


2. 「朝のシリアルは無味無添加のものを食べること」


これが朝ご飯のシリアルよ。と指差されたのはケロッグなどの味がついたものではなく無味無添加のもの。ちょっとがっかりしたが、そんなもんじゃへこたれない。男の子だから。朝ご飯がもらえるだけとても有り難いのだ。


そして初めての朝、僕は意気揚々とそのシリアルを食べる。子供達も起きてくる。テーブルに座る。彼らの朝食が出てくる。…あれ?

「ケロッグだ…。」

僕以外の家族の朝食はしっかり味のついたケロッグだった。

あれ、でも棚には無添加の奴しか…。

と思ったら家族のシリアルはしっかりみなさんの寝室から持って来ていました。

僕には絶対食べさせないぞ!という気概を感じますね!ええ!


「なんでおれのだけ違うんだよ!」とも言えず、やも言えぬ疎外感を味わいながら無添加のシリアルも味わう。そんな朝食。


3. 「ボブの機嫌を損ねないこと」


なぜかこの家はボブが絶対的な権力を持っていた。初日にコーラを頭からかぶってみせたボブだ。

特に兄のジョージは絶対にボブに逆らえない。いつもやられっぱなしだった。

殴られても我慢。お菓子をとられても我慢。おもちゃを壊されても我慢。

抵抗しようものならボブは怒り狂い両親はジョージをしかる。「お兄ちゃんでしょ!」と。かわいそうなジョージ。

あまりにかわいそうなので僕が一度僕の分のお菓子をあげようとしたら、「それはボブにあげて…」と言われた。

なんなんだこの絶対王政は…。過去に何かあったのか。ボブのものはボブのもの。ジョージのものもボブのもの。を地でいっていた。


かくいう僕もよく強制的にサッカーの相手をさせられていた。勉強中だろうが彼女とスカイプ中だろうが関係なく彼はやってくる。

「しょう〜!サッカーやろうぜー!」

まぁしかし、そこはやはり7歳の子供。無邪気にボールを追いかける姿はかわいい。

まあ軽く相手してやるかとボールを蹴ると、彼は言った。

「前のやつの方がだいぶうまかったな。つまんねぇ。」


危うく彼の頭を蹴り上げるところだった。


楽しみな夜ご飯


ナタリアの夜ご飯はとても個性的だった。

メニューはバリエーション豊かに3種類。それをローテーションしていく。

1種類はメキシコ料理。豆を煮たスープと、ご飯。

もう2種類はアメリカン。市販のウィンナーを市販のホットドッグパンに挟めてケチャップとマスタードをかけたホットドッグ。とご飯。僕はこれが一番好きなメニューだった。

そして最後はステーキ。牛肉をウェルダンに焼き上げる。ウェルダン過ぎて、食卓に出るそれは黒い。ホントに黒い。これは決して盛っていない。ほとんどコゲと化したステーキを、家族はおいしそうに食べている。少し見苦しいですが写真が残っていました。




そして3ヶ月ほど経ったある日、メニューがもう一種類増えることとなる。


ある日、帰ると家族は出かけていて、テーブルの上に僕の夜ご飯を置いてくれていた。

お腹がすいていたのですぐにテーブルに座り、皿から銀紙を取る。

そこに現れたのは、

生のレタスのような野菜。とご飯。あとドレッシング。のみ。


これだ…





どう食えと。

野菜とご飯。

どう食えと。


さすがにこのままでは無理のなので冷蔵庫の中の卵とケチャップを拝借してオムライスを作って食べた。もはや面白かった。


衝撃のナタリア


ある日僕は思った。このままではいけない、と。

確かに少し変わったところはあるが、みんな根はいい人たちだった。(たぶん。)

もっと仲良くなりたい。別れの日に涙を流して再会を誓い合いたい。


そして僕の頭にナイスアイデア。

そうだ、日本食、つくろう。


「ナタリア、日本の食事を作って上げるよ!」

「あら、そう?ちょうど今日のメニューに迷ってたところだったから、じゃあ今日お願い!」


迷うも何も3種類しか無いがな。

という気持ちはそっと胸の端っこに置いて、僕は近くのスーパーに材料を買いにいった。

メニューは親子丼。クックパッドを見ながら頑張って作った。我ながら悪くない出来。


そしてディナーの時間。親子丼を4人の前に並べると、揃いもそろって怪訝な顔。

ボブとジョージが一口食べる。

さらに怪訝な顔。彼らはそれを置いてシリアルを食べ始めてしまった。

「おいおいまじかよ。お母さんが作る黒こげステーキの100倍おいしいだろくそガキが。」

とは言わず、

「日本の味は口に合わなかったかな?」とナタリアとダニエルに苦笑いを向ける。

二人も苦笑い。

そしてダニエルがおそるおそる一口。

「あれ、おいしい。」「これ、めっちゃおいしいよ!」

なぜかダニエルにはどはまりしたようだ。よかった。


その様子を見ていたナタリアも、卵の部分だけ一口。

そして、僕に言った。


「しょう、ごめんね。私は宗教の関係で肉は食べれないのよ。あとで卵と汁だけいただくわね。」


え…。そうだったのか。知らなかった。

これは完全に僕のミス。しっかり聞いておけばよかった。じゃあいつもナタリアのだけは肉が入っていなかったのか。確かにナタリアが一緒に食事を取っているのはあまり見たことが無かった。気がする。

申し訳ないことをしたなあ。次は肉の入っていない日本食を作ってあげよう。

余りに余った親子丼は僕とダニエルで全て食べた。


次の日、僕は珍しく課題が早く終わり、暗くなる前に家に帰ることができた。

2階に上がると、そこにはナタリアの姿。手には、マックのチーズバーガー。

「あら、おかえり。早かったわね!」


ナタリア、おまえ…。


僕が日本食を作ることは、二度と無かった。



そして別れの夜



4ヶ月間が過ぎた時、僕は思った。

「引っ越したい…」


この家族は決して悪い人たちではなかった。

話しかけたら楽しくおしゃべりしてくれるし、彼らの行為に悪気は感じない。(たぶん)

ナタリアなんて「あなた友達いないだろうから、これでスパニッシュの友達を作りなさい!」とスペイン語を熱心に教えてくれた。むかつくけどいい人だった。


けどやはり住環境も精神環境もあまりよくない。てかよくない。

学校も遠いし。家に帰ってジョンによってぐちゃぐちゃに荒らされた部屋を掃除するのはもう疲れた。


ということで引っ越し先を決め、1ヶ月後に引っ越しということになった。

ナタリアに告げると、しっかりと悲しんでくれた。

「もう一度あなたの日本食を食べたかったわ」とか言われた。

そしてナタリアは確かに言った。

「じゃあその日は、あなたのお別れパーティーをしましょう!」



ホームステイ最後の夜。

僕は一人キッチンでペヤングにお湯を注いでいた。

「これで最後かぁ。」

ホストハウスには僕一人。荷物をまとめたスーツケースはすでに玄関に置いてある。

「ホームステイ最後の夜が一人って…」

家族は夕方頃に「今日は友人のパーティーに誘われてるの!ご飯は自分で食べてね!」とどこかに出かけていった。


いや、まあなんとなく分かってたけどさ…。その日の朝まで期待してしまっていた自分が憎い。

そのペヤングは、いつもよりしょっぱかった。


次の日の朝、僕はダニエルに見送られてその家を去った。他の家族は昨晩の疲れからか、まだ寝ているようだった。



これがホームステイの現実だ!なんて言いません。違うので。

文化の差、習慣の差、常識の差というのはそれだけ大きいということです。それは国によってではなく、個人レベルの問題で。

この家族は面白すぎて、逆にまだ連絡は取っています。決して僕にいじわるしてたとか、めっちゃ仲悪かったとかそういうことではないので、誤解なきよう。

ホームステイしたら、いい意味でこんなイカれた人たちに会えるかも!というストーリーでした。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

溝部さん ありがとうございます!笑

ロケが家だけなのに、ポップでミステリアスでアドベンチャーなストーリーでした。

Handaさん
ロケが家だけにも関わらず、多くのポップでミステリアスでアドベンチャーでエキサイティングな経験をさせてもらいました!コメントありがとうございます^^

思わず笑ってしまいました!
文化の違いって本当にありますよね^_^

篠崎英恵さん
ありがとうざいます!ぬるま湯につかっていた自分にとって半端ではないカルチャーショックでした!笑

私はアイルランドにホームステイ中です
いや、実際に経験しているのでしょうさんのこのSTORYのつらさを笑いよりもちょっとガチめに感情的に読んでいました…(笑)
文化・生活環境・常識が国というよりもその家庭家庭でちがうというのはとてもよく分かります
言葉の壁もあるけど、人間的に感じることはすべておなじだし、家族が違う時点ですべてちがうんだなって。
もはや、外国じゃなくて国内でホームステイしたって良い経験になるんじゃないかな〜なんて思ってます(^_^)笑

佐藤里咲さん
コメントありがとうございます!
たしかに、国内ホームステイおもしろそうですね!笑アイルランドうらやましいです。。頑張ってください!

公共のプールで泳いでいたら足を引っ張られて、
「水が濁るから出て行け。」
親戚の子が言われたのは、ニューハンプシャー州だったな。

本間さんが逆境の中でもへこたれず、しぶとく頑張っていた様が頭に浮かんできて、楽しく読ませてもらいました。次の機会が有れば、食事は自炊するのがベストだと思います。また、そのホームステイ先はどのようにして選んだのでしょうか?

Hamanakaさん
読んでいただきありがとうございます!
引っ越してからは学生のシェアハウスだったので、毎日自炊していました!自分の料理をあんなにおいしいと感じたのは初めてでしたね。笑
プログラムを通して行ったので、ホームステイ先は自動的に決められた物でした。

本間 祥生

Sapporo/Yokohama/Seattle/Basketball/Journalism/テレビ記者 横浜国立大学5年目

本間 祥生さんが次に書こうと思っていること

|

JTB感動STORY「旅ガタリ」のタグがついたストーリー

0話 何故アイスランドなのか

せっかくの出会いをふいにした初海外の話

せっかくの出会いをふいにした初海外の話

フランス・パリ旅行記がアドベンチャー(冒険記)になった話(前編)

★12★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【イギリスの春風の中、機関車トーマスに乗る】

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の八

ネパール九死に一生スペシャル!う○ことトイレとヒマラヤと。

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その9:ニセ韓国人のユジン】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その8:問題だらけのバス移動】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その7:パタヤビーチへようこそ】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その6:狂気な祭】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その5:アメリカンクエスト】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その4:南京錠事件】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その3:はじめての屋台】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その2:タイ入国】

本間 祥生

Sapporo/Yokohama/Seattle/Basketball/Journalism/テレビ記者 横浜国立大学5年目

本間 祥生

Sapporo/Yokohama/Seattle/Basketball/Journalism/テレビ記者 横浜国立大学5年目

本間 祥生さんの他のストーリー

  • 別れの夜はペヤングカップ焼きそばと共に

  • 本間 祥生さんの読んでよかったストーリー

  • 留学を通して、人生を切り拓くスリルを味わおう!