【Part 3】 「26歳、職ナシ、彼女ナシ、実家暮らし男子が、とりあえず、統合失調症になってみた。」

このエントリーをはてなブックマークに追加
55

 第二章~右往左往紆余曲折大学生活~




 大学一年生




・一人池田屋事件


・「大学ってこんなにもモラルが無いの!?」


・「この世に正しい日本語なんてありません!」


・白い染みつきジーパンに、赤いフリース。


・オシャレオタク、ひろとの出会い。


・とりあえず、「FINE BOYS」読んどけ!」


・「結婚相手の見つけ方」






 大学二年生




・カウンセラー三浦先生との出会い


・演劇研究会より愛を込めて


・くわばらかずや、カオポイント石橋に出会う


・人見知りの鎧を脱ぎ棄てて




 


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 大学一年生




・一人池田屋事件


 一人暮らしを始めて、初日。引っ越しの直後に四〇度の熱が出た。そこから、五日間、外出する事が出来ず、家に閉じこもっていた。


 ご飯を解凍しようと思い、電子レンジの電源を入れたのだが、動かなかった。自分は、部屋の中で大暴れをした。その様子を聴いていた管理人さんが駆け付け、自分に電子レンジをプレゼントしてくれた。本当に、この管理人さんには、お世話になりっぱなしである。足を向けて眠れない。


 五日後、やっと熱がひき、外に出れる状況になった。


 その日は、しとしとと雨が降っていた。自分のアパートの前には、一〇〇段の階段があり、真ん中にスロープが設置されている。


 「自転車用なので、気をつけてください。」


 と言われているのも気にも留めず、自分は、真ん中のスロープに足を掛けた。


 五日ぶりの外。テンションはMAX。


 自分は、加速して行った。


 踊り場の時点で、尻もちをつけば、あんな大惨事が起こらなかったはずだった。


 しかし、自分は、身体を前のめりにしてしまった。二度。


 目の前に、管理人さんの表札があった。そこで身体の右を差し出し、壁に激突した。


 衝突。とは、この事か。


 血が、右目の一センチ辺りから、ドクドクと流れている。自分は、


 「ゲーセン行けるかな~」


 と、悠長に思っていた。


 とりあえず、右手が痛い。


 ゲーセンでやる予定だった、ドラムスティックを拾い上げ、部屋に戻った。


 今度は、真ん中のスロープではなく、階段を使って。


 右手がとんでもない痛みと、止まらない血。どうしたらいいんだろう?と思っていると、一本の電話が。管理人さんだった。


大家さん
「あのぉ~、家の前にある血の跡は、くわばらさんのものですか?」
くわばら
「はい、そうです。」
大家さん
「すぐに向かいます」



 事なきを得た。あと、三ミリでも右目を反り返すことが出来なかったら、

失明していたかもしれない。結果、十五針を縫う大けがになった。


 送り迎え、費用等、すべて管理人さんが手配してくださった。


 自分はこの一件を、「一人池田屋事件」と呼んでいる。






・「大学ってこんなにもモラルが無いの!?」


 こんな波乱な幕開けとなった一人暮らし。でもまあ、大学に行って、真面目に勉強して、どこかの企業に正社員として入社すれば、親も許してくれるだろうと考えていた。


 今思うと、「何を持って、許す」なのだろう。と、ふと考える。


 正社員として入社しても、今までのように仕事が務まらなくなり、退社するようでは、「許さ」れる事はないだろう。そもそも、正社員でなければいけないと思っていたのは、自分だけだった。


 ただただ、健康に生きてほしい。病気と向き合って、付き合って、ちょっとずつ、社会復帰してくれれば。それが大半の親の言うとおりだと思う。


 そんな気持ちを持ちつつ、最初の授業に挑んだが、まあ~~~~~モラルが無い!うるさい!


 「喋っているなら出てけ!!」


 と、言える勇気もなく、その場で半狂乱になってしまい、授業中に暴れまわるという、自分自身が一番モラルが無い状況になってしまった。


 あまりにもイメージとかけ離れた学校生活。「学校の一番偉い奴」という認識で、大学に入っているので、「一番真面目な生徒たちが集まる学校」だと勘違いしていた。


 良く言えば、「個性を大事にしている大学」。悪く言えば、「どんなバカ野郎バカガールでも、入れてしまう大学」。


 家でも、例にもれず、奇声をあげていた。ギターをぶん投げたり、部屋のありとあらゆるものをひっくり返したり。


 親にSOSを出した。


 荒れ果てた部屋から、自分を救いだし、実家の新潟県長岡市まで、連れてってくれた。


授業に遅れてしまう!と、必死に教科書を読んだが、意味が分からず、またパニック。


 一週間ほど経って、心情も落ち着き、再び大学へ戻る事にした。


 一番興味があった、日本語学の先生、「天野みどり」先生の教授室を訪ね、


 

くわばら
「こんな自分でも、やっていけるでしょうか」



 と、泣きながら懇願した。


 すると、先生は優しく、


 

天野先生
「年に何人かそういう生徒いるから、大丈夫よ!」



 と、声を掛け返してくれた。


 やっと、大学の中で居場所を探せた気がした。その天野先生の授業をほとんど取り、ちょっとずつだが、授業に復帰する事が出来た。


ゴールデンウィークを過ぎたあたりから、うるさかった教室が、しんと静まり返り、集中力も高まりながら、授業を受けることが出来た。授業中にうるさかった生徒は、どこに行ったのだろう?






・「この世に正しい日本語なんてありません!」


 その、天野先生の最初の授業、「日本語学序論1」で、衝撃的なことを言われた。それが、この節の表題である。


 高校までは、正しい日本語を教え込まれたが、この大学に来た以上、というか、日本語学と言う学問自体、実態のない言語と言うしくみ、要素を掘り起こす学問である。と言う事だった。


 なるほどな~。自分がめちゃくちゃだと言われ続けた、ネットラジオに投稿していた文章も、「日本語」に間違いないんだな。と、肩の荷が下りたような気がした。


 そして、先生は次の生徒の事を話した。


 「『とか』だけで、卒業論文を書いた生徒がいるの!『とか』って、否定的に使われていて、ネガティブなイメージ・風潮あっただけど、彼女は、徹底的にアンケートを行って、お茶『とか』行かない?と、選択肢を増やすようないい方でも活用できるって、発見したの!私、迷っている卒論制作者に、この論文を必ず見せているの!」


 へ~と思ったのと同時に、せっかく四年間この大学にいるのだから、先生の記憶、記録に残る卒業論文を書いてやろう。そう思ったのが、大学一年生の四月の出来事であった。






・白い染みつきジーパンに、赤いフリース。


 「洋服を買うお金があったら、ゲームセンターのドラムを打つシミュレーションゲームにつぎ込む。」


 が信条だった自分は、全くと言っていい程、オシャレに“むとん着”だった。白い染みつきジーンズに、赤いフリース、その下に青いぴったりとしたパーカー。薄紫のマフラー、年中風邪をひいていたので、マスクをしていた。卓球サークルを覗いたら、「おい!マスク!」と言われ、すぐにその場を離れた。


 「入門ゼミ」というものが、うちの大学には存在しており、図書館の使い方や、レポートの書き方、基本的な学業を習う20人前後の少人数制のゼミだった。


 その最初の授業で、「自分の○○ベスト3」という課題が提出された。


 普通の生徒であれば、好きなアーティストベスト3。あまりにもベタで、誰もが避けていたが、「好きな食べ物ベスト3」でもいい。とにかく、人前でプレゼンテーションを行う訓練を行った。


 自分の選んだ「○○ベスト3」は、


 「自分の好きな古畑任三郎ベスト3」だった。


 大学生活が、ままならなかったため、いわゆる「かまし」を行った。


 第3位は、大地真央。


 第2位は、SMAP。


 第1位は、村人全員が犯人の回だった。


 この事を、構成作家のミラッキさんにメールで伝えたところ、「渋いね~」と言われた。

こんな、オシャレに“むとん着”だった自分に、ある日、転機が訪れる。






・オシャレオタク、ひろとの出会い。


 

ひろ
「最初見たとき、あいつだけとは、歩きたくないな」


 それが、ひろが自分に持った第一印象だった。


 自分には、当時好きな女の子がいて、その子とデートをする機会があった。しかし、二人っきりではなく、友人二人を呼んでとのこと。


 今思うと、デートでも何でもない、ただの秋葉原観光だったのだが、とても楽しかった。


 めぼしい店を見つけ、メイドが接客する喫茶店に入り、四人で談笑をした。必死に盛り上げようとする自分の姿を見て、ひろは、


 

ひろ
「こいつ、服はダサいけど、話は面白い」



 と、自分を認めてくれた。


 後日、大学近くの町田に、ひろと二人で足を運んだ事があった。自分は、早くドラムゲームをしたかったのだが、ひろがそれをそれとなく断り、


 

ひろ
「くわまん、服、見に行かねえか。」



 と、誘われた。


 別段、断る理由が無いので、了承した。


 しかし、これが楽しい地獄の始まりだった。


 まず、ひろは「百貨店」と言うものに、自分を招き入れた。


ひろ
「ヴィヴィアン・ウエストウッドがオレ、好きなんだよね~」
くわばら
「へ~(知らんがな!)」
ひろ
「ここ、HAREって言うところ。覚えておきな。」
くわばら
「う、うん(早く、ゲーセン行きたい…)。」
ひろ
「ところで、買いたい奴見つかった?」
くわばら
「(値段を見る)………ちょっと手持ちが無いかな(ゲーセンで遊ぶ金ならあるけども…)」


 次に、BEAMSに行った。


 

ひろ
「ここは、レディースもあるし、モテる為には、女性のファッションも知っておくべきだぞ。」
くわばら
「う、うん(あぁ~、時間が…)」
ひろ
「ところで、買いたい奴は見つかった?」
くわばら
「いや、ここも値が張るよね~」

 休憩。


 ドトールに15分。


 結果、自分が服を買うまで、町田の街中を6時間かけずり回った。


 剣道部に所属していたひろは、体力が有り余っており、自分は付いて行くのがやっとだった。


 しかし、ある古着屋に入り、茶色のコートが目にとまり、買う事にした。


ひろ
「いいじゃん!似合ってんじゃん!!」



 ひろの絶賛に、自分は陶酔した。


 四千円あれば、ゲームが四十回出来る。と、思いもしたが、ひろは、洋服を買うまで、帰らせない。「とんねるずのみなさんのおかげでした」の、若手芸人に時計を買わせる企画さんばりのしつこさで、買う事を余儀なくされた。


 別の日、その洋服を着て登校するのが、少し恥ずかしかった。


 「こんな私が、大学デビュー!?」


 とある有名バナーの女の人と同じ心情になりつつ、学校に到着すると、自分の想像していたリアクションとは、逆のリアクションが返ってきた。


大学の友達
「くわまん、似合うじゃん!!」

大学の女友達
「くわばらくん、それどこで買ったの?」


 


 慣れないヘアーワックスと、思い切ったアシンメトリーの髪型も手伝って、見事、ひろのおかげで、大学デビューを果たすことが出来た。


 この事を話すと、ひろは、


ひろ
「くわまんが頑張っただけだ。俺はその手伝いをしただけだ」



 と、しびれる言葉が返ってくる。


 自分の唯一無二の友人、いや、親友が、なにを隠そう、このひろである。






・とりあえず、「FINE BOYS」読んどけ!


 人と言うのは、一度褒められると、図に乗る。良く言えば、もっと褒めてもらいたい存在である。


 もれなく自分もそうで、今まで18年間無縁だった「オシャレ」という部分が開花し、自分でも、洋服屋を巡ったりしたりしていた。


 そんな時、ひろに手渡されたのが、「FINE BOYS」であった。


 学校の図書館で、


ひろ
「くわまんは、やっぱこれだな」



 と、手渡されたのを覚えている。


ひろ
「これ読んでおけば、大丈夫だから。」



 そう言ってひろは、仲間内の会話の中に入って行った。


 自分は一人、黙々とFINE BOYSを読みあさった。芸人・エレキコミックのツッコミ怪獣担当、今立進(いまだち・すすむ)さんも大学生の時に愛読していたこの雑誌。何より、分かりやすい。ひろに教えられたのは、


 

「ここに載っている洋服屋で、その洋服を買うんじゃない。ここに載っている洋服と似たような感じの奴を、安く買うんだ」



 と。


 なるほどな~と思った。


 RPGで、防具を入れ替えるのと同じ感覚で、自分の身をコーディネイトして行くんだと感じた。


 ゲームが好きな自分は、すんなりと受け入れることが出来た。






・「結婚相手の見つけ方」


 ゲームで言う、「頭を守る防具が売っている道具屋」を、現実世界に置き換えると、そこは、

「美容院」である。


 美容院で出会った素晴らしい人がいる。町田にある美容院に勤めていらっしゃる方だ。


 今は、自分が町田を離れて、実家に暮らしているので、髪を切りに行ってもらっていないが、その女性には、髪型だけではなく、本当にいろいろなことを教わった。


 中でも印象的だったのが、


 「結婚相手の見つけ方」


 だった。


美容師のお姉さん
「私は、周りに、『良い男がいない』、『良い男がいない』と、言いふらしていた。でも、ある日、店長に言われたんだ。『人は、自分と同じレベルの人間としか、一緒にならない。良い人が見つからない。っていうのは、自分がそれぐらいのレベルってことだよ。本当に良い人を見つけたいんだったら、自分のレベル上げてみな』って、言われたの!そこから、姿勢を正したりとか、仕事により一層身が入って今の相手が見つかったんだ~」


 という内容だった。


 自分は、今でもその笑顔を忘れていない。自分の今にも通じるところがある。愚痴愚痴と悪口を言い続けるグループと、テキパキと仕事が出来るグループ。どちらに所属したいか。答えは明白だ。だったら、あとは行動に移すのみである。


 また、東京行くときに、髪、切ってください!ギッチギチのアシンメトリーでお願いします!!






 大学二年生




・カウンセラー三浦先生との出会い


 大学一年生の時から、学生支援室と言うところで、無料のカウンセリングを受けていあ。一年目は、転校され、新しく三浦先生とカウンセリングを始めた。


 今、思い出しても、何を話したのか、良く覚えていない。


 でも、よく褒められた事を思い出す。


 

カウンセラーの先生
「くわばらくんの、その目の付けどころが、すごいよ!」


 や、


カウンセラーの先生
「やってやったんじゃん!」


 など、自分の気持ちを吐露できる瞬間があるというのは、本当に心地がいい。


 親が子どものカウンセラーにならなくて、何が教育ですか。


 自分ははっきりとしておきたい。


 親の愛情を受けていない。と感じるのは、とてつもなく早い段階である。自分の幼稚園の靴のように、三歳の記憶が、一生を縛りつける。深い愛、「深愛(しんあい)」を持って、子どもには接してほしい。そう、切に願う。




 追記・三浦先生が対談している本を、大学卒業した後に見つけた。それが、「ふたつよきことさもないことよ」の、心理学者の権威、河合隼雄との対談だった。


 ネットで河合隼雄の事を調べていくと、「あれ?これ、三浦先生じゃん!」と、センセーショナルな衝撃を受けた。


 内容も奥深く、すぐに三浦先生に電話を入れた。


 「これ以上しゃべっちゃうと、カウンセリングになっちゃうから」


 と、いさめられたが、無事である、健康である、という報告が出来てよかった






・演劇研究会より愛を込めて


 ひろと同じ感情を持つ人は、少なからずいるもので、自分が所属する演劇研究会でも、全く同じ感情を持った女子がいた。 


 

演劇研究会の女子
「『え~。こいつが演研入ってくんの~?』って、最初思ったよ。」


 そうはっきり言ってくれた女子がいた。一人がそう言うという事は、大体の生徒は、そう思ったのに違いない。


 「NECK」という舞台に触発された、首から上の顔だけを出したアングラ系の舞台を皮切りに、音響、ブラジル人のギャグをする男…。と、着実に三枚目の役どころをゲットして行った。


 恋多き乙男(オトメン)だった自分は、すぐに好きな人が出来た。


 今でも交流がある人で、仲のいい後輩だ。でも、三年生の先輩に、掻っ攫われていた。チャンスの神様は、前髪しかないのだ。


 「君に届け」という少女漫画でも、同じことを言っている。


 

ピン(君に届け)
「一番最初に好きって言って奴しか、付き合える権利が無いんだ」


 と。


 オードリーの若林さんが、作家見習いだったツチヤタカユキさんに、


オードリー若林
「俺は若い時に恋愛をしてこなかった。だから、お前は失恋を百回してこい」


 と。


 また、エレキコミックのボケ担当・やついいちろうが言う。


やついいちろう
「モテないモテないと言って、安全圏にいる奴は、一番つまらない。一番面白いのは、必死でモテようとして、必死になって、結果モテない奴だ」


 と。


 寺山修司ではないが、ポケットに名言を差しいれたくなるような言葉のシャワーを浴びた。


 なかでも、一番影響力が大きかったのは、


TBSラジオ、毎週土曜日、深夜一時から三時まで放送されている、「エレ片のコント太郎」と言う番組だ。


 自分が電話出演したり、自分のネタメールが読まれたりと、「この番組面白いし、他の奴らが聴いてない!」と毎週楽しみにしていた。


 そこで、「カオポイント・石橋」の「モテ講座」という企画がポッドキャストで開催された。


 エレキコミックと、ラーメンズ片桐仁の後輩である石橋に、教えを請おうという企画だった。


 

カオポイント石橋
「合コンで、女の子が付いてこれない話題の時、『あ、伝わらなくてごめんね』などのフォローを入れる」


 

カオポイント石橋
「焼き肉屋にデートをした後は、その店のデザートではなく、クレープ屋、もしくは31(サーティワン)アイスに連れていく」


 と、目からうろこの講義内容だった。


 親友のひろにも、早速この話をして、エレ片リスナーを獲得した。


 

カオポイント石橋
「モテる為には、勇気!これしかありません!」


 石橋先生の言葉が胸にしみる。






・くわばらかずや、カオポイント石橋に出会う


 もう、会うしかない!会って、直接教えを乞うしかない!と、石橋氏の出ている単独ライブに足を運んだ。面白かった舞台を見て、いざ、初対面。


くわばら
「あの、くわばらです~。」
カオポイント石橋
「あ、ブログで申し込んでくれた!!」
くわばら
「あの、二言目で言う事じゃないと思うんですが、石橋先生、僕、モテたいです!」


 そうすると、舞台が終わったのにもかかわらず、自分の特別レッスンが始まった。


 石橋氏も臣下がやってきたと思ったのか、饒舌になっていた。ライブ以上に噛まなかった。


カオポイント石橋
「くわばらさんはね~。年下!年下狙ってください!」


 

カオポイント石橋
「大学の中でモテようと思っても無駄ですよ。大学でモテるやつの一人勝ちですからね」


 

カオポイント石橋
「バイトは、宅配ピザ屋が恋愛率高め」


 など、放送に乗っていない情報が、バンバン来て、最後に、


 

カオポイント石橋
「くわばらさんなら、大丈夫!」


 と、おっしゃってくれた。


 ホクホク顔で、駅まで帰ろうとすると、自分の名前を呼ぶ声が。


 「く~わばらさん!」


 後ろを振り返ると、石橋氏だった。


 こ、これが俗に言う、モテの極意!!


 

カオポイント石橋
「これから、何をするんですか~?」
くわばら
「あ、カラオケBOXで大喜利やるんです~」
カオポイント石橋
「へ~!変わったお趣味を持ってますね!」
くわばら
大喜利で卒論書こうと思ってるんで…
カオポイント石橋
へぇ~!すごいですね!うちの相方、「お墓」で卒論書きましたよ!
くわばら
えぇ!すごい!!


 




 馴れ馴れしすぎない、紳士的なトークに、 


 「あ、これ、俺が女だったら落ちてるな。」と、思った。


 石橋先生のおかげで、大学を卒業する前に卒業する事が出来た。


 石橋先生にこの事を報告すると、


 

カオポイント石橋
「えっ、マジで?!」


 と、目を丸くして驚いて、固く握手をしてださった。


 もう一つの卒業論文を提出したような気がした。人生において、大切な大切な。






・人見知りの鎧を脱ぎ棄てて


 とある番組で、「人見知り芸人」と言う企画が行われていた。


 それを見た視聴者のツイッターのつぶやきが興味深かった。


 「人見知りの人って、相手の目に映る自分を気にしているだけで、相手の事なんて、これっぽっちも考えてないんだ。」


 自分は、ハッとさせられた。


 そうか。大学一年の時に振られたあの子も、大学二年の時に振られたあの子も、自分の目に映る相手を見ようとはしていなかった。この子といる自分がカッコイイんだと、勘違いしていた。


 二十六歳を過ぎてわかる。「恋に恋するお年頃」ではないと。


 「立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は百合の花」という言葉があるように、そんな絶世の美女に出会わなくても、相手の事をちゃんと想える人に出会えるまで、自分のレベルをあげていく。それが重要だと感じた。


 それが、人見知りの鎧を外した自分の、新しい鎧だ。


 

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

桑原 和也

Nice to meet you. I want to meet various people. My best regards because it is still only the first time. プロフィール写真は、イメージです。 実物と相違があっても、責任は負いかねませんので、

桑原 和也さんが次に書こうと思っていること

|

うつ病のタグがついたストーリー

大学受験に大失敗して学歴コンプレックス→うつ病になった僕。再入学した専門学校でナンパして国立大学、難関私立大学の編入試験に合格して人生を変えた話 1/4 〜現役・浪人編〜

何年もこの症状なんだから少しは理解してよね。

薬は症状を操縦するために使う(うつ病)

いちばんの助け(うつ病)

うつ病とは、ゼリーの中に落ちたアリさん

うつだっていいじゃない!【其の十九】~学校編・Webページ制作~

うつだっていいじゃない!【其の十八】~学校編・特定リンク~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー エピローグ ~ウツが教えてくれたこと~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part6 ~『今』は高くジャンプする為に沈んでるだけ~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part5 ~神様は唯一幸せになれない人間を作った~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part4 ~サヨナラ元気な自分~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part3 ~家族全員ぶん殴ってやる~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part2 ~嘘つき自分を演じたバツ~

ウツで10代のうちに人生を壊され、道路に寝そべり、線路に寝そべり、もう二度と夢を見ないと決意したウツ男が、あることを意識するだけで 「180度変わった」と言われるまで成長したハイジャンプストーリー part1 ~永遠に罪が消えない『あの日』~

うつだっていいじゃない!【其の十七】~学校編・画像とリンク~

桑原 和也

Nice to meet you. I want to meet various people. My best regards because it is still only the first time. プロフィール写真は、イメージです。 実物と相違があっても、責任は負いかねませんので、

桑原 和也

Nice to meet you. I want to meet various people. My best regards because it is still only the first time. プロフィール写真は、イメージです。 実物と相違があっても、責任は負いかねませんので、

桑原 和也さんの他のストーリー

  • 【Part 1】 「26歳、職ナシ、彼女ナシ、実家暮らし男子が、とりあえず、統合失調症になってみた。」

  • 桑原 和也さんの読んでよかったストーリー

  • 【Part 1】 「26歳、職ナシ、彼女ナシ、実家暮らし男子が、とりあえず、統合失調症になってみた。」