ある人の「ひと言」で、まるで手品のタネ明かしを見たように理解できた、出来る人と出来ない人の違い

このエントリーをはてなブックマークに追加

潜在意識がその人の行動の8割から9割を決める。


人間は、

普段の行動は自分では意識してない所(潜在意識)が深く関わっている

という話を聞いたことがあるかと思います。


今日からダイエット始めるぞ!

と、自分では思っていても潜在意識が


潜在意識さん
別に痩せなくてもいいじゃん


って言ってると、不思議なことにどんなに頑張っても痩せない自分が居る・・・

みたいな事です。

しかも潜在意識は無意識なんで、なんで痩せないのかなあ?

と思いながら気付くとポテチを食べている、というかなりやっかいなヤツです。


じゃあ、潜在意識を変えることから始めないといけない訳ですが、


…って話ではなく(冒頭から脱線しかけて焦りました)

「人間は無意識に潜在意識に従って行動する生き物」

ということを理解して頂いて、それを前提にこれから話を進めていきたいと思います。


この話は、


頑張ってるのに出来ない人と、頑張らなくても出来る人。


について書いています。





あなたの周りにも居ませんか?


例えば会社の中での話ですが、

たいして頑張ってる風にも見えないのに、トントン拍子に仕事が出来ちゃう人と、(実はちゃんと工夫を凝らしてる人)


めちゃめちゃ汗水垂らして頑張ってるのに、いつも上司に怒られてる人。(実は何も間違った事はしていない人)


営業の外回りなどでパチンコに行っちゃったり、公園で寝ちゃったりする人は「自分の意思でそうしてる」だけなのでどうでもいいんですが、


頑張ってるのに結果が出ない人に対して(何とかならないかなぁ)と思うのが人情ってもんです。

実は、ぼくは最近まで(でも何ともならないよなぁ)と思ってました。


しかしある人の話を聞いて、


ぉおおおお!そういうことか!!!



と、TVでセロのマジックのタネ明かしを見た時のように明確に理解した、

いや覚醒したかのごとく腑に落ちた話です。


部下の育成に悩んでる人には、参考になるんじゃないかな?

と、思ったのでこうして書いてます。

この人達に対して、指導者はどう対応するべきか?

というような話を今からします。偉そうに。



才能が無いという個性


ぼくは以前会社に勤めてたころ、部下ではないのですが30人そこそこの社員、それぞれ個人の力量を踏まえて仕事を割り振る。という立場にいました。


やる仕事は同じなのですが、人によって仕事が出来る度合いが違うので、どうしても「仕事が出来る人」に多くの仕事を任せるようになってました。


当然、文句も出てくるわけで。


社員
何で俺だけいつも仕事が多いんだよ!
まあまあ。いい助手付けるからさ、頼むわ
社員
今度の飲み代おごりね(笑)
なんでやねんww



そこは何とかコミュニケーションと飲みニュケーションを取ったり(下戸ですが)

そういう事をしながら、それなりにその日の仕事を終わらせる事をやってました。



どの会社、どの職場でもこういう事ってあると思います。

公平に仕事を与えないといけないんだけど、ホントに公平にすると仕事が回らない。

かといって仕事量の多い人が納得できるほど、待遇面でフォローできない。

そんな葛藤を毎日感じつつも、

その頃のぼくは、頑張ってるのに仕事が出来ない人と、そうじゃない人の違いは、


「手際がいいかわるいか」「段取りが上手いか下手か」「要領がいいかわるいか」


要するに、その人の才能的な部分の違いなんだろうなと思ってました。

人にはどんなに頑張っても行けない領域がある、と。

だから一生懸命やってる人に対しては、


(何でこれ位のこと出来ないんだよ、どんくさいな・・・)


とは思わず、それも個性のひとつだと理解するようにしていました。




マジメで優等生が悪いわけじゃない


しかし、最近ある人の何気ないひと言を聞いて、気付いたことがありました。


そうか!「潜在意識の仕業」だったんだ。

と。


その方はビジネスのコンサルティングをやってる方で、数百人を指導してきた実績があり、

何人も「出来る人」と「出来ない人」を見てきた人です。


コンサル
出来る人は無意識に出来てるから、何で出来ないかが解らない。

出来ない人も無意識に出来てないから、何で出来るのかが解らない。

お互い無意識だから、ずっとお互いを理解出来ないんです。


これを聞いてぼくが気付いたこと。


それは、

頑張っても出来ない人というのは、個性や才能なんかではなく、学生時代にある意味「優等生」「マジメ」だった人が、社会人になってから陥りやすい行動パターンだったということ。


これがどういう意味かは後述します。

じゃあ、学生の頃ヤンチャで不真面目だった奴が仕事が出来るのか?

という話になるわけですが、これも半分当たりだと思います。

起業して大成功を収めてる人が、若い頃は割と問題児だった人が多いのも理由のひとつです。


スティーブジョブズなんて、成功してからも問題児でしたよね?

マークザッカーバーグも、ハッカーでしたし。

ジェフペゾスもかなり先生から嫌われてたらしいです。

あのヘンリーフォードも、自分から学校に見切りを付け中退しました。


会社を辞めて、独立してからのぼくの周りも、問題児、異端児、社会不適合者ばかりです(笑)


そんな事はどうでもいいですが、

子供の頃から親の言うことを聞かず、学校の先生の話も聞かずヤンチャだった奴は、

「自分はどうしたいのか」という葛藤と戦ってきた人間です。


親は勉強しろと言う。

でも勉強は嫌いだ。友達と遊びたい。

学校は禁止してるけどバイクにも乗りたいし、ギターもやりたい。

それを周りに認めさすにはどうすればいいのか?

そんな事ばかり考えてました。


あ、これ、ぼくの事ですね。



片や、マジメで優等生の人生を歩んで来た人。

実は彼らには2通りあって…


ひとつは、

自がやりたい事が、親や先生の要望と上手く合致した人。

稀にこういう人もいます。

自分では何の苦労も感じずにサラッと東大とか入っちゃう人ですね。

社会に出ても大成功するタイプです。



もうひとつは、

とにかく親や先生に言われた通り生きて来た人です。

日本人は多分この層が一番多い気がしますが。

親の言い付けをちゃんと聞いて、先生の言う事もちゃんと聞いて、勉強しろと言われたからちゃんと勉強して、いい大学を目指せと言われたから頑張って目指して、世間にいい企業と言われてる会社にちゃんと就職する。

そんな、

誰にも怒られないマジメな優等生です。

聞き分けのいい子供はチヤホヤされ、マジメな学生は先生に気に入られます。

こうしろと言われた事をやるだけで、なんか周りは自分を愛してくれる。

そりゃ普通は居心地いい方を選びますよね。

言われたことをやればいいだけだから楽ですし。


別に、というか決してマジメに生きてきた人を否定してる訳ではありません。


そして、肯定もしません。


不真面目でヤンチャだった人も同じです。


それは、「ただそういう生き方を選んできた」という、個人的な問題だからです。





潜在意識は選んだことが正しいと判断する


社会に出ると、ここで両者の違いが出て来ます。

自分の頭で試行錯誤してきた人間は、それが正しい選択だと思ってます。

言われた事をやることで問題無く生きて来た人間も、もちろんそれが正しい選択。

そして、常に選んできたことを肯定するのが潜在意識です。


良い悪いは別として、どっちが社会人として仕事で結果を出せるか。

これは一目瞭然ですよね。


上司に教えて貰ったことを、結果が出るように仕事をするにはどうすればいいか?

もっと効率よくするやり方は無いか?

違うやり方が見つかった。試してみた。失敗した、でも次は成功した。何故成功したのか?

常に自分で試行錯誤しながら結果を出す人は、

これらを「無意識」にやってるんです。

何故なら、

潜在意識さん
やりたいことがあるなら自分で考えれば出来る


って言ってるから、出来る。


いっぽう、

「言われた事をやる」が最善として無意識に生きてきた人は、

それで結果が出ればいいのですが、出ないと、

言われた事をやってるのに何故出来ないのか?という所で悩みます。

例えば、どうすれば効率よく仕事が進められるかを考えると、

上司に「やれ」と言われた事でも、それを省く手段を見つけて時短すれば、それだけ早く仕事が終わります。

マジメに「やれ」と言われた事だけをちゃんとやる人は、

例え契約が取れなくても、仕事が遅れても、やるんです。

何故なら潜在意識は、


潜在意識さん
言われたことだけをちゃんとやればいい


って言ってるからです。

もちろん、言われたことをちゃんとやれば結果がでるようなシステム、指導、フォローがしっかりしてる会社ならいいですが、

ほとんどは、それで失敗したり結果が出ないと、

「そんな事やれとは言ってない!」

とか、バカな上司は平気で言いますから(笑)




出来る人の「結果を出したいから試行錯誤した」も、

出来ない人の「やれといわれたことをやった」も、

無意識に「それが正しい」をやってる状態なので、潜在意識のレベルなんです。


だからお互い、

出来る人
彼は何で出来ないんだろう?才能と努力が足りないんだろうな
出来ない人
何で出来るんだろう?才能とセンスがあるんだなぁ


と、思うかもしれない。



でも、実際は才能もクソも無くて、


「自分の頭で考えて行動する」


これが無意識に出来てるか、出来てないか?

これだけなんです。



頑張ってるのに結果が出ない人には、

「自分の頭で考える事」を教えて訓練してあげれば、

根がマジメな分、すぐ結果を出せるようになるはず。


根が腐ってる奴は、何言ってもダメですけどね(笑)

ちなみに、ぼくは根が腐ってる時期が相当あった人間なので、

こんな偉そうな事を書ける人では無いです、本当は。スミマセン。





可能性を信じるではなく、可能性はあることを知る


最近になってやっと、やはり人間は、


「誰にでも可能性がある」


という事を心から思えるようになりました。


コイツは能力が無い。

という見方しか出来ない指導者の元からは、成長する人間は誰も出てきません。


何故、自分は結果が出せないんだろう?と思った人は、

どうすれば、結果が出せるのか?を考えるようにする。

何故?からどうすれば?

に意識を向けるだけで結果は変わってくるもんです。



自分は仕事ができると思ってる人なら、

自分が無意識にやってる事を洗い出して、

出来ない人に教えてあげましょう。



もし前の会社でこんな指導をしてれば、もっとみんなが楽になれたかもなぁと、


ふと思ったり、思わなかったり(笑)


ただ、今後の自分の生き方にもかなり影響するであろう「気付き」でした。

この場を借りて〇〇さん、ありがとうございます。


出来る人間と出来ない人間は、基本お互いを理解できない。


それは、お互い潜在意識レベルで動いてる結果だから。



それをわかってるか、わかってないかで、

指導者の立場の人は、

出来ない人の人生さえ変えられる人

になれるんじゃないでしょうか。

誰かの参考になれば光栄です。


最後まで読んで頂き、

ありがとうございます。


共感して頂けたら「読んで良かった」を押して頂けると励みになります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


暇つぶしに最適なサクッと読めるコラムと、

親バカ丸出し記事を毎日発信しております(笑)

フォロー&友達募集中です!

http://www.facebook.com/uno.masato


情報雑食家MASATOの情報コンテンツ総合サイト

「我侭に生きていくんだ俺は」

http://masato17.com/


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー







読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

私はまじめに親を安心させられるように生きてきたタイプで、これからやっと自分の頭で考えて行動して歩き始めたところです。
自分がかわいそうなのではなく、気が付いたからもう、大丈夫って記事を読んで再確認できました。
ありがとうございます。

白須さん、コメントありがとうございます^ ^

そういう生き方、ぼくには尊敬に値します。
真逆の生き方してたんで(笑)
ぼくは今、どうすれば親を安心させられるか懸命に考えて生きてます^ ^

アドリブ効かない人とかが後者の出来ない人間だなってよく思います

Matumotoさん、コメントありがとうございます^ ^
そうですね。アドリブなんて正に出来る人の真骨頂ですもんね(笑)

まさにその通りですね。
周りの環境やモチベーションによっても言われ仕事になりがち。
そうなると成長も止まってしまいます
これは職場だけでなく教育の場でも言えることかと思います

黒須さん、コメントありがとうございます^ ^
おっしゃる通り、全てに正しい答えを求める教育に、ぼくも疑問を持つ考えです。
先ずは大人や、親や、先生が気付いていくことで、誰かにとっての生きづらい世の中は変わって行くと信じております。

僕も自分で考えて行動してみようと思います

福元さん、コメントありがとうございます^ ^

何かのきっかけになったなら、とても嬉しいです!

今日は、頭を使いすぎて寝れなくなったので、読みに来ました(*^^*)
潜在能力ぶったまげーです(*^^*)
今から他の記事も、愛読します(笑)

考える事を否定する職場って、ないでしょうか?又、同じ作業をし自分が間違えた時は、あぁ、失敗失敗と笑って誤魔化して、部下が同じ失敗をするとトコトン叱責する。部下が中途半端な指示で失敗すると、シッカリと教えたと徹底的に作業手順や意味を説明し、上司には、部下にはシッカリと指導してます。それは、皆が見てますと、失敗してから、トコトン自分は全部やる事やった上で部下が中途半端な作業して失敗した。その部下の能力が無いからと報告する、そんな職場では、積極的に動いたり考える人間は育つのでしょうか?難しいと考えます。周りには、結構多いのです。究極、生死に直結しないから、ストーリー程劇的に環境や考え方は、変りません。その分、深く根を張って、知らぬ間に蝕まれて行ってる気がします。

宇野 成人

右脳派ライティングコンサルタント 感情、想い、世界観を右脳を使って文章化。 一番自分らしい自分が、一番伝えたい人に伝わるライティング。 「右脳派ライティング」で検索してね!

宇野 成人さんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

元獣医アーティストが一年かけて地球を一周してアート活動してくるまでの話4

挫折を繰り返し、みんなからサルと呼ばれた女が、ダイエットの先生になりYouTuberになったストーリー

10年間月収15万円だったフリーター旅女が、わずか3週間で月収を10倍の150万円にした話

大学2年生、あなたは戦争に行くと決意できますか? ~55年歳の差の父から学んだこと~

断捨離が行き過ぎて家まで無くなった話。

月収12万円だったしょぼい起業家が、新しいビジネスを立ち上げて3ヶ月で収入を30倍にした話

【バカヤン】もし元とび職の不良が世界の名門大学に入学したら・・・こうなった。カルフォルニア大学バークレー校、通称UCバークレーでの「ぼくのやったこと」

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ1(発生事実・前編)

日本でもぜひ取り入れたい、アメリカの素晴らしいところBEST10

5年でハイリスク妊娠、中絶、離婚、再婚、出産を経験した私が伝えたい4つの事・前篇

就活中、運命は必ずしも実らないことを知った。けれど、幸運の掴み方を1つ知れた。

もと海外添乗員のぶっちゃけ話 最終回

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

ダメバンドマンの人生がMac一台で180度変わった話 ③ 完結

宇野 成人

右脳派ライティングコンサルタント 感情、想い、世界観を右脳を使って文章化。 一番自分らしい自分が、一番伝えたい人に伝わるライティング。 「右脳派ライティング」で検索してね!

宇野 成人

右脳派ライティングコンサルタント 感情、想い、世界観を右脳を使って文章化。 一番自分らしい自分が、一番伝えたい人に伝わるライティング。 「右脳派ライティング」で検索してね!

宇野 成人さんの他のストーリー

  • 苦痛と、ストレスと、不安を避ける生き方教えます。前編

  • 宇野 成人さんの読んでよかったストーリー

  • 【広島1】原爆ドームになったおばあちゃん。