400万投資で負けた自分が復活出来のは、結局人生の生き方と同じだったという話

このエントリーをはてなブックマークに追加

「投資で資金を◯◯倍にした!!」





景気が今ひとつと言われる中、


テレビや雑誌など、大胆な見出しでメディアで取り上げられることがある「投資」という言葉。




「専業主婦が華麗なる転身」


「サラリーマンが副業で50万円!」







思わず身を乗り出しそうになるキャチコピーが目を引きます。


ですがやっぱり負けている人は実際に多いです。


どうして上がる下がるの2択だけでこれだけ差が出るのか?

と不思議でならなかったのですが、体験してみて初めて分かったという話です。




今でこそ利益は上げられていますが、私は何回か痛い失敗をしています。


というかかなり痛々しい失敗でしたが・・・。





投資を始めるきっかけは、亡き父親の影響でした。


生前、証券会社から送られてくる意味不明な封筒の数々。

ある時、好奇心旺盛な私は、衝動が抑えられず、その手紙の中を盗み見てしまいました。



「お受取り金額 ◯◯◯◯◯円」



なんとなく株取引はわかっていましたが、

それを見た時、「おおっ」と身をのけぞったのを覚えています。



「株って売り買いするだけ数万円も儲かるのか?」
「仕事しないでこれやってれば、いいじゃん!」




世の中の大半はお金に困っています。


●家のローンや家賃の支払い

●かさむ生活費

●経済に合わない年収の増減


人は普段困ったことがあれば、

その悩みを解消しようと解決策を探します。


困ったままの状態では気持ちが落ち着かず、

精神的に息苦しくなってしまうからです。


ただ、大抵の解決策はネットから得られますよね。(・∀・)ソレダ!!


体調が良くない時にググったりヤフーで検索すれば、

何の病気の可能性がわかるし、養生法も教えてくれます。


でも、残念なことに・・・・。


お金の悩みは例外なんです(T_T)


お金の悩みは今でも明確な解決策を得られません。

特に新しくお金を稼ぐ副業ともなれば、

時間もかかるし、かなりのやる気が無いと、

無駄な時間が取られてしまうことがあります(ヽ´ω`)


口で言うほど簡単ではないんですよね。




当時の私は実家から仕事場に通っていましたが、

まだ家族が起きる前に家を出て、家族が寝静まった頃に帰ってくるという、

ブラック企業真っ青の状態で働いていました。

しかも休みは週1日。

その当時はブラック企業という言葉もなく、

これぐらい働くのは当たり前とさえ思っていました。


その時に何気なく盗み見た親の証券会社からの封筒。



いやー、ショックでした。(lll゚Д゚)!


「株の取引って、資金があれば数日で数万円なんて軽く儲けられるんだ!!」


(後でわかったことですが、相当父は投資で失敗していました(^_^;))


当時はITバブル時代で世間でも株の話は話題に上がってました。

子供の頃の純真無垢な気持ちで、そう思い込んでしまった私は、

早速証券会社の口座を開き、取引してみることにしました。



ただ、証券口座を開いたものの、何を頼りに取引していいかわからなかった私は、

流通業の勉強のために日経新聞を当時取っていたので、

その情報を元に取引しました。




が、全く勝てません・・・・。(;´Д`)




よく、ビギナーズラックという言葉を聞きますが、

私にはそれは全く当てはまりませんでした。。・゚・(ノД`)・゚・。


その後、情報を漁るように、雑誌などを読んでみては取引してみましたが、

買ったり負けたりで一向に資金は増えませんでした。

というより、確実に減らしていました。:(;゙゚'ω゚'):


半ばあきらめていた頃、友人から聞いた、

有力情報という話を元に買ってみて、

その後のあまりに動かない値動きに呆れて、


「こりゃ、無理だわ」


と思うようになり、買った株はそのまま塩漬け、

しばらく投資の世界からは身を引いていました。








時は過ぎて、6年後、



世の中はライブドアのホリエモンが捕まったということで、

株は暴落していました。


仕事が休みの時に電車に乗っていてふと思い出しました。


「そういえば、放ったからした、株ってどうなったんだろう?」

「この状況だからやばいよね」


見たい気持ちと見たくない気持ちが入り混じって

携帯をいじくって保有株一覧を見てみると、




なななななんとプラス100万円!!


「マジか!?」( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \





驚きと嬉しさを電車の中で押し殺して、

ルンルンで家路についたのを覚えています。



そこからです、私の投資人生が狂いだしたのは。



儲かるということを経験した私は、以前、新聞・雑誌で痛い目を見ていたので、

ネットで情報を漁り始めました。


「この銘柄は注目です」

「この銘柄を買ってみようと思います」


その通りに買ってみるものの一進一退。

せっかく儲けた100万円の利益が底をついてきました。


「このままではジリ貧だ」


「一発勝負を賭けよう」(`・ω・´)シャキーン




その当時まだ名前だけ知っていた、FXに挑戦してみようと思いました。

2007年、「FXで儲けた」という文字が踊りだしていました。


本屋で


「主婦でも稼げる!」


「1億円儲かった!!」




などの魅力的な文句が投資のコーナーに並んでいて、


「これならいままでの損失が取り戻せる!」


とこれまた思い込み激しく、すぐに口座開設、

自分のありったけの貯金を入れて勝負に出ました。


当時は円高に振れていたので、

円安方向へドル円を買いました。


程なくすると、含み益が100万円まで膨れ上がり、


「よし、このままいけば大金持ち!」(σ・∀・)σゲッツ!!



そのままポジションを持っていました。


かきこむように、急いで夕食を食べてPCの画面踊るように舞い戻り、

ディスプレイをを見てみると、


「ん?なんだ、この赤い文字は」( ゚д゚)


すべてが見慣れない表示でしたが、

先ほどの含み益とは明らかな違う色と表示でした。




「損益金額、ー4,000,000円」




しばらく息ができませんでした。。。。。




含み益が出た後の値動きで、

100万円の利益があっという間に吹っ飛び、

それどころか、口座資金のほとんどを飛ばしてしまったのです。




もうよくわからなかったです。( ゚Д゚)ナニカ?



正気に戻るにはどのくらいの時間が経ったでしょうか・・・・・。



その時には結婚していましたが、

もちろん妻には話せませんでした。

唯一の救いは、生活資金ではなく、自分の貯金であった。

それだけでした。



ここまでやられると、もう投資は懲り懲りだ、と思うかもしれませんが、

自分としては、


「絶対リベンジしてやろう」


その思いのほうが強かったのを覚えています。



それから1年後、初代アイフォンが発売された頃、

投資をあきらめきれない自分は、


「株でもう一回勝負だ!」


と再挑戦しました。


その時にやったのが、株のシステム売買でした。

自分の銘柄選択は信用出来ない、

かと言って人の言う銘柄も信用出来ない。

ならば、コンピューターの判断ならどうだ。<丶`∀´>


なけなしのお金でシステムを購入しました。


運用後はそれなりの利益を出していましたが、


ついにその時はやって来ました。



リーマン・ショック、、、、、です。



多くを語る必要はないですよね。





ガ━━(;゚Д゚)━━ン!!





「あー、もう何もかもが上手くいかん( ゚д゚)、ペッ」


自暴自棄になりながら家を出て、本屋でぶらついていると、

FXで数万円を1000万円にしたという本を見つけました。


「また眉唾ものだろ。┐(´д`)┌ヤレヤレ」


と疑いの目はありましたが、

気にはなったので、手にとって開いてはみました。


読み進めるうちに、


「これは・・・・・、もしかして・・・・。」


必勝法のたぐいの本はゴマンと読んできましたが、

具体的なことまで書いてある本は少なかったので

これならば勝てるのかも( ゚д゚)

ダメ元で購入してみました。


早速実践してみると、少しずつですが利益が上がり始めました。


「これは本物だ!! もっと利益を上げるには・・・。」



と考えた末、直接そのトレーダーに連絡して、

教えを乞うことにしました。




本物のトレーダールームは、圧巻でした。





ディスプレイが何台も置いてあり、

チャンスが来たら、わかりやすく音を鳴らしたり、

ビデオで撮って検証する準備をするなど、

プロはやはり違う、という環境でした。


結果から言うと、その個人レッスンを受けてから、その年末まで、


300万ほどの利益を上げることが出来ました。


一発逆転を狙ってではなく、

毎日コツコツと利益を積み上げた結果です。





個人レッスン時のやりとりは、今でも鮮明に覚えています。


場をほぐすような雑談中に、急に質問がきました。



師匠
「矢田さん、トレードで大事なことは何だかわかりますか?」


唐突な質問にちょっと面食らいましたが、少し考えて、

矢田
「えーと、利益を上げられるための手法ですよね。

実際今日教えてもらうのも手法ですし・・・」


『そうですよね。』と返ってくることを予想して、

少し自慢気に言ってみたのですが、

師匠
「もちろん手法は大事ですよ。

しかし、それより大事なことがもっとあります」
矢田
「はあ」


何を言っているんだろうか。

もっと大事なことって、


『命ぐらいだろっ!』ヽ(`Д´)ノ


とわけわからんノリツッコミを心の中でしていました。


師匠
「矢田さんはなんで一旦口座を溶かしてしまったのでしょうか?」
矢田
「やっぱり手法が悪かったからだと思います」



『子供でも分かるわい』


こんなんで今日受けてて大丈夫か?

と、なかば呆れ顔で窓の外に目をやっていました。

師匠
「それももしかしたらあるかもしれませんね。

では、400万を一気に失った時に、
どういうトレードをしましたか?

言葉を変えて言うと、どんな気持ちでトレードしましたか?」


(どんな気持ちって、そりゃあ儲けるためでしょうよ~

なんだかまどろっこしい、やりとりするな~)( ´_ゝ`)


その時の状況を少し思い出しながら

ちょっと間を置いて答えました。

矢田
「今までの負けを取り返してやろうと思いました」


師匠
「そこです。その思考は負け組思考です」


師匠
「トレードをやっている上で負けは必ずやってきます。

ですが、矢田さんの場合は、
取り返そうと大きなポジションで勝負した。

これではただのギャンブルです」


師匠
「どんなに勝率が高い手法があっても、
一回勝負じゃ身が持ちません。
いや、お金が持ちません」


師匠
「つまり、資金管理が大事なんです」



それを言われて、ピンときました。

確かに一理あるかも


矢田
「お金がいくらあっても足りない状況で
トレードしてたんですね。」


師匠
「そうです。
トータルで勝つ。
これがトレードの秘訣です。

ですから、連敗に耐えるだけの資金でやらなければならない、
ということなんですね」


師匠
有効な手法でも連敗することはあります。

その時に資金がないと次のトレードができないんです。


師匠
「もう一つ言えば、
口座資金の強制ロスカットされる前に、
損切りをしなければいけませんでした。

トレードに損切りは必須です」


(あっ、それ聞いたことあるな)

矢田
「食事をし終えて見たら、もう強制決済されてました」
師匠
「損切っても次回戦う資金があれば、
取り戻せる可能性があるわけです。

しかし、損切りしなければ、
矢田さんのように、
次がない場合があるわけなんですね。」



(なるほど、言われてみたら確かにそうだった)


なんだか、ちょっと疑いの目で見ていた自分が恥ずかしく、

寒い冬でしたが、顔が赤くなるのが自分でも分かりました。(〃∇〃)


矢田
「トータルで勝つという意味がわかりました」


師匠
「余裕を持つということがとても大事なんです。

これは、気持ちの上でもとても大切です。


師匠
「矢田さんが良かった点が1つだけあって、
生活資金には全く手を付けなかったこと」


師匠
「もし、結婚している矢田さんが、
生活資金に手を出していたら、
ドツボにはまっていましたよ。

失礼ですが、離婚もあったかもしれません。」
矢田
「そこだけは自分も守っていたルールでした。」
師匠
「OKです、それを肝に銘じてくださいね。

では、講義をそろそろ始めましょうか」



それから数時間、真剣に講義を受け、

トレードに関する色んなコトを学び

ルールを厳守して、毎日コツコツとトレードしていきました。



本業が終わって帰宅後すぐに、

パソコンの電源をONして、

チャートとにらめっこを毎日、








食事中も、ディスプレイに数分ごとに首を振りながら、


寝るまで見続けました。



その結果、

日では少ない利益も、週間で、月間でと積み上げていき、

年間では大きな利益を手に入れることが出来ました。





食べるラー油が店頭から消えるほど売れて、ヤフオクで高値で取引され、

K-POPがもてはやされ、

南アフリカワールドカップで、日本がベスト16になったことを横目に見ながら、


黙々とトレードを行い、

300万の利益で復活ののろしをあげました。

そして今では師匠の利益を超える日も度々出るようになりました。



矢田の実績はこちらです。  



あなたはどう感じましたか?


人ごとでしたか?



私は大きな失敗を経験しましたが、

この経験があって今があります。


逆に言うと、この管理がきちんとできていれば、

本当に気持ちの上で余裕ができて、

400万のマイナスを出さずに利益を出せたのかもしれません。


講義の最後に、師匠からこんな言葉を頂きました。



師匠
「手法は関係ないです。資金管理とその有効なルールを厳守することができれば、
必ず利益は出せます」

「頭がいい、悪いは関係ないです」


「自分が1人の社長として、取引をする事を考えてください。

そうすれば、無茶出来ないですよね?」


「これはトレードに限らず、全てのビジネスに通じます。

雇われていようが、サラリーマンだろうが、アルバイトだろうが関係ありません」



師匠
「せっかくトレードを勉強しにきたのですから、諦めずに頑張ってくださいね」


トレードのことを教わりに行ったのですが、

心強い人生訓まで教えて頂きました。




最後に、ジョン・F・ケネディの言葉を引用します。



『行動には常に危険や代償が伴う。

しかしそれは行動せずに楽を決め込んだ時の

長期的な危険やコストと比べれば取るに足らない』



守りを固めながら攻めを考えていく

ということを、意識して毎日取り組んでいます。



さらにその後に関して、別のストーリーが有りますが、

その話はまた後日にでもしたいと思います。






最後まで読んでいただいてありがとうございました!!







読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

株やFXは博打だと思っていましたが、リアルな体験談を読ませていただいて、思考の幅が少し広がりました。

私は、取引きはしません。
しかし、毎日の金銭管理をしっかりやることで、トータル利益を目指します!

同じような経験があるので、すごく共感して読ませていただきました。

矢田 丈

医療職兼トレーダー

|

矢田 丈

医療職兼トレーダー

矢田 丈

医療職兼トレーダー

矢田 丈さんの他のストーリー

  • 400万投資で負けた自分が復活出来のは、結局人生の生き方と同じだったという話

  • 矢田 丈さんの読んでよかったストーリー

  • 400万投資で負けた自分が復活出来のは、結局人生の生き方と同じだったという話