『愛のうた』未婚シングルマザーからステップファミリーへ 人生をさまよい続けた私が運命の人と出逢い家族となる日まで♡

このストーリーは美月 ゆうさんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • 美月 ゆう
  • 堀田 淳
  • 角内 正和
  • 沼田 紀代美
  • 雨宮 茂樹
  • Ochiai Go
  • 野口 森象
  • ケラー 晴美
このエントリーをはてなブックマークに追加

美月 ゆう

◆1978年栃木県日光市出身 / 千葉県在住 幼少期より「自分は愛される価値も生きる価値もない人間」と思い込み、居場所を求め続け放浪。25歳で妊娠、未婚の母となる。いくつもの出逢いと体験を経て、‘愛を試し、確認し続ける人生’ から ‘自ら、ひとを愛し尊ぶ人生’ へシフト。『自分らしく人生を愉しみ、遊

美月 ゆうさんが次に書こうと思っていること

|

家族・育児のタグがついたストーリー

生き地獄、(営業マンに転職) 嫁と嫁の両親との確執。 当時のヤフー知恵袋での質問が残っていた。これを読むと当時のことを思い出して怒りがこみあげてくる。

白血病をやっつけようとした、6歳娘の話

生き地獄の始まり、電気水道ガス供給停止、米を買うお金も無く、家賃滞納、借金返済催促の電話が毎日朝から晩まで鳴る、一歩間違えばホームレス生活寸前の生き地獄

無職のままで18歳になった俺に、長男が生まれた。

中卒鬱病引きこもりニートのダメ人間が子供10人の大家族の父親になってしまった話

 文部科学省選定ドラマ「愛を乞うひと」を観て感じたこと

長野の思い出の味

3.11!!いじめられっ子原発難民のその後に関すること。

地下1階から11階へ ~フリーターから3年で会社社長になった弱虫バンドマン~【プロローグ】

現実から逃げちゃだめだ。とはいえ、年末は真田丸とバックトゥーザフューチャーで現実逃避をしていた私だ。そんなメルブ調で語る勇者ヨシヒコも好きな話。

【第24話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

【第23話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

【第22話】離れて暮らしていた父の介護のこと、死んだときのこと、そしてお金のこと。

家族のコミュニケーション-その22  家庭の平和を促進する

家族のコミュニケーション-その21  負債に対処する-その2

美月 ゆう

◆1978年栃木県日光市出身 / 千葉県在住 幼少期より「自分は愛される価値も生きる価値もない人間」と思い込み、居場所を求め続け放浪。25歳で妊娠、未婚の母となる。いくつもの出逢いと体験を経て、‘愛を試し、確認し続ける人生’ から ‘自ら、ひとを愛し尊ぶ人生’ へシフト。『自分らしく人生を愉しみ、遊

美月 ゆう

◆1978年栃木県日光市出身 / 千葉県在住 幼少期より「自分は愛される価値も生きる価値もない人間」と思い込み、居場所を求め続け放浪。25歳で妊娠、未婚の母となる。いくつもの出逢いと体験を経て、‘愛を試し、確認し続ける人生’ から ‘自ら、ひとを愛し尊ぶ人生’ へシフト。『自分らしく人生を愉しみ、遊

美月 ゆうさんの読んでよかったストーリー

  • 〜出逢い前夜〜僕がひとりの女性と出逢い、それまでのドン底から、経営者になって代官山に住むまでの話。