裏賭博でたった一夜で300万円を失ったタイの友人はいま。

このストーリーは神谷 純平さんが書いている途中です。
「詳しく聞きたい!」を押しておくと
このストーリーが書かれたときにお知らせが届きます!

詳しく聞きたい!

このストーリーを聞きたい人:

  • さんぼんがわ どどこ
  • 千田 裕理
  • 境 英利
  • 吉村 明史
  • 清水 哲生
  • Kaneko Sachiko
  • Koizumi Kaori
  • Mami Yamazaki
  • Sakamoto Aya
  • コレナガ カオリ
  • Harvey Seiko
  • Nina Ayumi
  • Ando Tomo
  • 垣井 新太郎
  • 立嶋 太貴
  • 佐藤 健太
  • Shozi Yuya
  • Tokuyama Hiromi
このエントリーをはてなブックマークに追加

神谷 純平

プロフィール ミニマリストとして家の無い生活を続けている。好きな時に好きな場所で好きな友人と晩ご飯を食べる自由人。 海外事業を数多く手がけ、旅をしながら仕事を作り今日も世界のどこかで夢を見ている。 世界を旅しながらも、結局仲間とご飯を食べたくて旅がおぼつかない不器用もの。 Facebookの友人申請

神谷 純平さんが次に書こうと思っていること

|

JTB感動STORY「旅ガタリ」:<過去編> 忘れられない旅のタグがついたストーリー

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その13:女ひとり旅のススメ】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その11:さよならバンコク】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その12:完結編】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その10:象使いのミヤサコ】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その9:ニセ韓国人のユジン】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その8:問題だらけのバス移動】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その7:パタヤビーチへようこそ】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その6:狂気な祭】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その5:アメリカンクエスト】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その4:南京錠事件】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その3:はじめての屋台】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その2:タイ入国】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その1:ニートからの卒業】

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の五

カナダNLで折り紙家庭教師、8歳の男の子との出会い

神谷 純平

プロフィール ミニマリストとして家の無い生活を続けている。好きな時に好きな場所で好きな友人と晩ご飯を食べる自由人。 海外事業を数多く手がけ、旅をしながら仕事を作り今日も世界のどこかで夢を見ている。 世界を旅しながらも、結局仲間とご飯を食べたくて旅がおぼつかない不器用もの。 Facebookの友人申請

神谷 純平

プロフィール ミニマリストとして家の無い生活を続けている。好きな時に好きな場所で好きな友人と晩ご飯を食べる自由人。 海外事業を数多く手がけ、旅をしながら仕事を作り今日も世界のどこかで夢を見ている。 世界を旅しながらも、結局仲間とご飯を食べたくて旅がおぼつかない不器用もの。 Facebookの友人申請

神谷 純平さんの他のストーリー

  • ”2万人の中から選ばれたあの女優と同棲したけれど” 東証一部上場企業No.1営業マンがコテンパンにされて、全く太刀打ち出来なかった話

  • 神谷 純平さんの読んでよかったストーリー

  • 23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。