3月11日のこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
44
3月11日、職場で黙祷がありました。
はじまりの時間、2:46pm。
2年前、この職場、この席で、その時間を迎えていました。静かでゆっくりとした気持ちのわるい揺れが長い時間続き、周囲もザワザワしはじめました。
これ、私の眩暈じゃなくて地震?
会社支給の防災バッグとヘルメットの出番がきたか?
でも、しばらくして揺れがおさまり、それだけでした。
広告代理店なので映像媒用にテレビモニターが並んでいます。それぞれのモニターに各局での報道が映し出されました。見入る人々のどよめきが次第に大きくなり、そこにいた誰もが地震と津波の猛威に呆然としました。
その後…
次の大きな地震を想定して準備を整えなおしはするものの、私の周囲、とくに大阪では特に大きな変化もなく、日常が続いています。あっけないほどに。
私自身、個人的なことで手一杯、色々な面で余裕がなく、何かできないかと焦りながらも、わずかな寄付しかできず。
ただ、2年たった今も、たくさんのボランティアが被災地の内外で活動しています。復興にはまだまだ人手が必要なのだと思います。大切な人や日常生活を失った人たちへの心のケアも。
時間の流れ、状況の変化にそって、自分にできる支援を考え続けたいと思います。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

私も当時同様の気持ちでした。あっけないほどに日常に戻って行く。。東京や大阪だと以外とこのような人が多かったのかもしれませんね。

そうですね。私のまわりもだいたいそんな感じです。ただ、何名かの知人は、当時も今も東京から毎週バスをだしたり、関西から連休を利用したり、継続してボランティアにいっています。志があり、かつマネジメント能力の高い人たちです。遠距離の場合は寄付の方が効率的かもと思いますが、彼らの様子をみていると現地を訪れることには計り知れない意味がありそうです。

Mayo K

人生に迷いながらアチコチ旅するマヨリスト。ミニチュア食品と回転寿司ラヴ。秘密結社と脱出ゲームに昂ぶる性質。シカケとナゾ満載の洋館を建てるのが夢。

Mayo Kさんが次に書こうと思っていること

|

Mayo K

人生に迷いながらアチコチ旅するマヨリスト。ミニチュア食品と回転寿司ラヴ。秘密結社と脱出ゲームに昂ぶる性質。シカケとナゾ満載の洋館を建てるのが夢。

Mayo K

人生に迷いながらアチコチ旅するマヨリスト。ミニチュア食品と回転寿司ラヴ。秘密結社と脱出ゲームに昂ぶる性質。シカケとナゾ満載の洋館を建てるのが夢。

Mayo Kさんの他のストーリー

  • 東京砂漠

  • Mayo Kさんの読んでよかったストーリー

  • サバンナのど真ん中で家族そろって遭難