癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

このエントリーをはてなブックマークに追加

病院に行かなくても自力でガン細胞は消せる!?

もしそんな話を聞いたら、あなたはどんなことを想像するだろう?

そんなもの信じない? 怪しい民間療法かも?

はたまた悪魔祓いのおまじないみたいなものを想像するかもしれない。


けれどもちょっとまって欲しい。



先日私は、TOC(制約理論)を肉体への投資に応用した結果、1日の運動は12分間だけなのにもかかわらす7週間で体脂肪を7.4kg減らして仕事もはかどり元気になった、というレポートをした


物事をバラバラに捉えるのではなく「全体のつながり」で捉えると、本当に効果のあるものと効果が少ないもの、常識に反して実は逆効果だったものなどの区別が一目瞭然になる。

このことで集中力が生まれて、いってみればそれまでよりも労力は少なくなってるのにもかかわらず、飛躍的な成果が出るという話だ。

加えて、結果がどのように生み出されているかについての「全体のつながり」がはっきり見えていると、いままでは気が付かなかった、もっとよい方法についてのアイデアも見つかるようにもなる。


TOC(制約理論)そのものは、「ザ・ゴール」という小説で紹介されて多くの人の目には届いているのだけれど、最初の印象で工場だけで使える話だと思い込んでいたり、TOCの理論体系があらゆる領域に適用できることを知っている人が日本にはまだ少ないので、ダイエットにも応用できるというレポートには驚きの反響をいくつもいただいた。

同様に、日本人の死因第1位、ガンについても、TOC(制約理論)で肉体の仕組みや生活習慣などとの「全体のつながり」で理解すると、ほとんどの人たちの常識とは違った現実が見えてくる。


このレポートは、身近な人の健康と幸せを願う人が、さまざまな専門家のセオリーに振り回されて混乱して自らの健康を損なったり、家族のガンなどですでに健康を損なってしまった人に対して何の力にもなれないという罪悪感や無力感を少しでも解消するためのお役に立てればと思い書くことにした。

同時に、産業界だけでなく教育の現場でも劇的な成果を挙げているにもかかわらず、いまだに工場の話だと思い込んでその価値を見過ごしている人の多い、TOC(制約理論)に人びとの関心が向かうことも期待している。


TOC(制約理論)といっても、やることはシンプルだ。


どういう原因がどういう結果につながっているか、という因果関係のつながりをひとつひとつ丁寧に注目するところからはじめる。小学生にもわかるように、順番にその論理を追ってみよう。


私たちには毎日、10000個のガン細胞が出来ている



まず事実として、私たちの身体には毎日約5000〜10000個のガン細胞ができている。

あなたの頭の中に「ガンになったら、ああ、大変だ」「ガンになったときのための備えをしなきゃ」「ガン細胞ってひどいやつだ」「ガンなんてなければいいのに」という概念があるとしたら、それは実際のガン細胞の話ではなくて、保険業界や医療業界が開発した「ガン」というひとつの商品名についての概念だと思った方がいい。

事実として、どんなに健康な人であっても、ガン細胞自体は身体の中で毎日毎日作られているのだ。

この事実を知らずにガンを何か特別な不幸のように恐れている人は意外と多い。

そしてこの事実を知ったあなたは、つぎのようなことを疑問に思うかもしれない。


じゃあなんで全員がガンで死ぬわけじゃないの?


ガン細胞が、どんなに健康な人にも毎日約10000個できているのはわかった。

けれどなんで、そのガン細胞が増えて、胃や大腸や肺や子宮やおっぱいを切ったり、痛くて痛くて死んでいく人がいるのに、いっぽうでガンにならないで長生きする人たちも大勢いるのはなぜなの?

ガンで苦しむ人は遺伝なの? 運が悪いの? ガン細胞が作られる速度がなにかの異常で他の人たちよりも早かったりするの?

ここでももうひとつ、私たちの身体についての事実がある。


免疫チームがガン細胞を毎日やっつけてくれているから



私たちの身体には免疫チームがいて、身体の外から入ってきて体内で暴れまくる細菌やウィルスをやっつけてくれる。さらには、いちど戦った強い敵を覚えて、次からその細菌やウィルスたちが体内でテロリストのような破壊活動をすることができないように取り締まったりしてくれている。

免疫チームにはリンパさんや白血球さんなどがいて、いろいろな持ち場や得意分野があるのだけれど、ガン細胞についてもこの免疫チームが取り締まってくれている。だからガン細胞ができたその日のうちに「おい、こいつはガン細胞だぞ」と発見して、チームで連携してすぐにやっつけてくれる。

つまり私たちの身体では誰でも、ガン細胞が毎日作られ、そして毎日消えている。

そしてこの免疫チームがきちんと働いてくれる限り、ガン細胞は増えない。なぜなら、その日にできたガン細胞は、その日のうちに消えてしまうはずだからだ。


じゃあ、ガンで死ぬ人は免疫チームがサボってるの?


健康な人でも毎日ガン細胞ができているのはわかった。

そしてそのガン細胞を、毎日免疫チームがやっつけてくれているのもわかった。

それなら、ガン細胞が増えて死ぬ人は、免疫チームがちゃんと仕事をしていないの?

と、ピンときたあなたは少し疑いを持ち始めるかもしれない。

ガンになって死ぬ人がいるのは免疫さんチームがサボることもあるからなのでは?


ここで焦ってガンの犯人探しをするまえに、もう少し落ち着いて全体の状況をみてみよう。


TOC(制約理論)で「全体のつながり」を見て、最も効果的な一手を打つためには、いくつかの信念をもつことが重要だと言われている。その中のひとつが、


「人は善良であると信じる」→「人を責めないこと」


という信念だ。これは何も道徳の話ではない。単純に利益追求のための重要なルールなのだ。

たとえば工場の生産性が落ちている時に「従業員がサボっている」と人を責めてしまうと、もし、何かしら気づかないところで重大なトラブルが起きていたときに見逃してしまうことになる。また相手の言い分も聞かずに犯人を決めつけてしまうと、仕組みや手順を改善するヒントを見つける機会そのものを失ってしまう。だからまず、人を責めないという信念を持つことが、きちんと全体のつながりを理解して改善するためのスタートなのだ。


おなじように、いつもお世話になっている免疫チームを疑って犯人扱いしてしまうと、ガンについて本当の問題を見失ってしまう。


ともあれ、ガン細胞を取り締まってくれる本来の役割が果たせずにガンで死んでしまう人達がいるという意味で、免疫チームにやる気があるかないかは別として、ガンについては免疫チームがキーパーソンであることはたしかだ。


このキーパーソン、結果を左右する最重要人物のことを制約理論では「ボトルネック」と呼ぶ。


ボトルネック = キーパーソン



「能力が需要を満たしていない部分」のことをボトルネックという。

どんなに中が広いビンでも、ビンの首(ボトルネック)より大きなモノは中にはいらないし、水の入ったビンを逆さにしても、ビンの首(ボトルネック)のサイズ以上の速度で水が出て行くことはない。

全体としての結果を決めている部分、別の言い方をすると、他の部分(メンバー)の能力は余裕があるのにその部分(メンバー)が原因で全体の結果が制限されている部分(メンバー)のことを指すのにボトルネックということばを使うのを聞いたことがある人も多いだろう。


「ボトルネックを解消しなきゃ」

「おい、おまえがチームのボトルネックになっているぞ(足をひっぱっているぞ)」


ここで「ボトルネックは全体の足を引っ張っている弱い部分で、ボトルネックがあるかぎり劇的に状況が改善することはない」と思い込んで勘違いしている人が多いのだけれど、TOC(制約理論)ではそうは考えない。


ボトルネックは解消しないでOK!


確かにボトルネックが解消するのは理想だろう。理想なんだけれど、そこがボトルネックであるのにはなにかしらの経緯と理由があるはずだし、そのボトルネックを解消しようとすると、これから新たに頑張ったり、新たにお金をかけたり、新たに人を割いたりしなければならない。

ましてやそのボトルネックがまえまえから気づいていることならば、いまよりもっと「頑張って」ボトルネックを解消する、という戦略にそもそも問題があるということなのだ。

じゃあどうすればいいのか? 


解決策は「全体のつながり」にある。

TOC(制約理論)では、ボトルネックを特定したら、ボトルネックを強化して解消する前に2つのステップで「ボトルネックと他の部分との関係性を変える」ことで十分な利益を確保する。それで余裕が出たときになってやっとボトルネックを強化して、解消することを考えればよいのだ。

全体のつながりがきちんとわかって、正しい集中力が注がれれば、ボトルネックを解消しなくても利益を2倍3倍にしたという事例は、TOCを導入した企業には掃いて捨てるほどある。ボトルネックを解消するまえに、いまのままのメンバー、いまのままの能力、いまのままの予算でも結果を劇的に改善することはできる。重要なのは「全体のつながり」をきちんと理解して、効果が出ることに注意を払えるような関係性をつくること。

要は、ボトルネックへの集中力の問題なのだ。




「つながり」に注目した、全体最適の問題解決


「弱点を補うのではなく強みを伸ばすことに集中した方がいい」という格言はあなたもどこかで聞いたことがあるだろう。TOC(制約理論)でも同様だ。ボトルネックに集中するとは、弱点に集中するという意味ではない。結果に最も影響力を持っているキーパーソンに敬意を払って、注意を向けることにほかならない。

本来ならば結果に最も影響力のあるキーパーソンのことを「弱点」と見なしてしまう思い込みのことをTOC(制約理論)では、コストワールドのパラダイムと呼んだりする。全体をバラバラに分断されたものとしてみなす世界観のことだ。たしかに、既存の学校教育をはじめ、私たちは物事をバラバラに捉えることに慣れてしまっている。「仕事と家庭は別物」「お金と健康は別物」「夢と現実は別物」だから、どちらか一方が大事ならもう一方をおろそかにしても仕方がないと考えてしまったりする。けれど実際の世界はバラバラではない。TOC(制約理論)はこの一見対立するようなものでさえも「全体のつながり」に注目して両立する打開策を見つけるために考えることをサポートする。


私たちの肉体も同様に考えてみる。

それぞれの部分がバラバラにガンになったり、ならなかったりするわけではない。全体のつながりに注目して、結果によい影響があるような集中力がボトルネックに注がれるように「つながり(関係性)」を変えていく。


では、どのようにボトルネックへ集中力を注ぐのかについて、TOC(制約理論)で「継続的改善の5ステップ」と呼ばれるプロセスで、キーパーソンの免疫チームさんとのつながりを整理してみよう。



■TOC(制約理論)の5つの改善ステップ

1.ボトルネックを特定する

2.ボトルネックを徹底活用する

3.ボトルネックに従属させる

4.ボトルネックを強化する

5.ボトルネックが移動。惰性に注意して1に戻る


TOC(制約理論)では、この5つのステップを通して全体のつながりを変えて、生み出す価値を最大化していく。今回はガン細胞についての関係性を、このステップで見ていこう。



■ステップ1.ボトルネックを特定する

 → 仕事が片付いていない免疫チームさんに注意を払う

ボトルネック=キーパーソンを特定する方法は、「そのプロセスの前の在庫(材料)の量」で判断する。簡単に言うと仕事が一番溜まって、次を待たせてしまっている人のことだ。

ガン細胞がたくさん増えているのは、免疫チームさんがやっつける仕事がたまっているということ。つまり、免疫チームさんが、注意を注ぐべきボトルネックだということになる。



■ステップ2.ボトルネックを徹底活用する

 →免疫チームさんを徹底活用する。休ませない。

ボトルネックを特定したら、つぎはボトルネックの能力を最大限に活用することを考える。

工場ならば、ボトルネックになっている機械の作業だけは、お昼休憩だからといって他の機械と一緒に休ませないで動かし続ける。

身体でも同様だ。

では、免疫チームさんはどんなときに休んでいるのか?


ひとつは、ビタミン・ミネラルを破壊する白砂糖を食べたとき免疫チームは仕事を休んでしまう。

たとえば、角砂糖20個ぶん入ったコーラを1本飲むと4〜5時間、免疫機能が急激に低下するというデータがある。白砂糖が入った食品を食べれば食べるほど、免疫チームさんの仕事を邪魔して、ガン細胞をやっつけるのを止めてしまっているということなのだ。

その間、やっつけそびれたガン細胞が翌日に繰り越されて、徐々に徐々に借金のように溜まっていく。

他にも、精神的ストレスを溜めてネガティブなことばかり考えていると免疫力が落ちると言われている。また、体温が1度下がるだけでも、免疫力が30%下がるともいわれている。

「ガンの原因かどうか」という議論に惑わされずに、ボトルネックである「免疫チームさんの邪魔をしているかどうか」で判断してみると、いろいろな物事がスッキリと見えてくるはずだ。

とにかく、免疫チームさんが仕事を休むきっかけをつくらないことが第一段階なのだ。



■ステップ3.ボトルネックに従属させる

→免疫チームさん以外にもできることは、他の人が手伝う

免疫チームさんの邪魔をするのをやめたら、つぎは免疫チームさんのサポートをする。

免疫チームさんの仕事は、ガン細胞をやっつけることだけではない。

だから、免疫チームさんの仕事のうち、他の人でもできることは他でやったり、新しい仕事を増やさないように周りが気を使うようにする。


具体的には、外敵のテロリストが破壊活動をするのを取り締まる仕事の負担が軽くなるように、

●新しい毒を外から入れない
●入ってしまった体内の毒を外に出す

という2つのアイデアが実行できる。




●新しい毒を外から入れない

新しい毒を外から入れないためには、

・人混みや空気の汚れているところに行ったら手洗いうがいをする

・発がん性かどうかはともかく、人間がもともと消化してこなかった自然界にもともと無いものをなるべく食べない

(お医者さんが処方してくれるものを含めた薬物、合成脂肪、食品添加物、ほか)

・発がん性かどうかはともかく、自然界にもともと無い、石油製品をなるべく身体に触れさせない

(石油から作られたシャンプー、スプレー、タールなどの入ったタバコほか)


など。



●入ってしまった体内の毒を外に出す

いちど入ってしまった毒を体内から追い出すためには、

・腸を浄化して、腐敗物を体内に溜めないうようにする(食物繊維、水分を採る、ほか)

・解毒機能のある肝臓さんを浄化して、フル回転してもらう(ファスティング、アルコールの過剰摂取を避ける、過剰なタンパク質の接種を避ける、ほか)

・毎日運動をして、リンパから毒を排出する(トランポリン、ジョギングほか)

・殺菌能力のある食品を食べる(にんにく、まいたけ、ほか)


など。




■ステップ4.ボトルネックを強化する

→免疫チームさんを強化する

免疫チームさんは、体温が下がると活動が止まるけれど、体温が上がるとよく活動してくれる。

運動で筋肉つけることで平熱を高めれば、免疫チームさんを強化することができるのだ。

さらに1日2分のミニトランポリンを続けて循環がよくなると、白血球が3倍になると言われている。

また、にんにくは殺菌作用だけでなく、免疫チームさんの機能そのものを高めてくれる作用もあるので、毎日食べることで、キーパーソンが強化されて、より活躍することができる。






■ステップ5.ボトルネックが移動。1に戻る

→ガン中心ではなく、もっと健康でバイタリティにあふれた人生を楽しむための次のキーパーソンを探す


ここまでのステップを通して、ガン細胞さんを取り締まるチームの連携が取れて、

 1日に作られるガン細胞の数 < 1日にやっつけるガン細胞の数

この状態になりさえすれば、いずれガン細胞は消えていく。収入と支出の関係と同じだ。


これまでの借金(やっつけそびれていたガン細胞)がどれだけあるかはともかく、

毎月入ってくる収入よりもたくさんお金を使っていれば、いずれまた借金まみれになる。

毎日作られるガン細胞さんよりも免疫チームさんがやっつけるガン細胞の数が少なければ

いずれまたガン細胞まみれになるという、単純な引き算でわかる話だ。


ウィルス性のものなどガンにはいろいろな要因があると言われているけれども、構造はシンプルだ。

キーパーソンの免疫チームさんへの集中力を正しく注いでいれば、

昨日より今日、今日より明日、ガン細胞は減って10000個より増えることはないのだ。


いかがだっただろうか。


「△△がガンに効く」とか「▲▲はガンになる」など、バラバラで単体の情報は聞いたことがあったかもしれないが、ここまでみてきたように、キーパーソンである免疫チームさんを中心にしたつながりで考えると、ガン細胞について身体で起きていることの全体像がなんとなく整理されて見えてくるような気がしないだろうか?


逆に言うと、いくら「ガンに効く」と言われていることを単独でひとつやふたつやってみても、

・免疫チームさんの邪魔をしまくって(白砂糖を食べて、運動をせずに、ネガティブな思考をしたり)

・免疫チームさんの仕事を増やしまくって(毒を食べたり、毒を溜めたり)

ガン細胞が増える根本原因をそのままにしておいたら効果は期待できないことがすぐにわかるだろう。

今回挙げたアイデアはごく一部なので他にも方法はたくさんあるのだけれど、免疫チームとのつながりを意識してみると、あなたが見る世界もつながりで整理されてくるはずだ。


それでは最後に、日本人の死因第1位、ガンで最も多くの人が採用している対処方法を見てみよう。


病院でのがん治療を全体のつながりでみてみると

どんなに健康な人も毎日ガン細胞ができていることはわかった。

免疫チームさんがガン細胞をやっつける力が人間に本来あることもわかった。

そして免疫チームさんが能力を最大限に発揮できるようにすれば、いちど増えたガン細胞も減らせることがわかった。


じゃあ病院でガンと診断されている人たちは、どういう対処をしているのか?


病院でガン細胞に対して行われるアプローチは主に2つある。

●手術でガンを切って取り除く

●抗癌剤治療でガンを殺す



このふたつについても、全体のつながりに意識向けて見てみると意外な現実が見えてくる。

このことについては、続きの次回【後編】で。


それまでにもういちど、キーパーソンの免疫チームさんを中心としたつながりであなたの肉体の健康を振り返ってみてもらえると嬉しい。


ここまでおつきあいありがとうございました。


追伸

↓にある「読んでよかった」をポチッと押せば、あなたのボトルネックへの集中力もアップ!

わたしのレポート作成意欲もアップするので、ぜひ押して帰ってください。


筆者紹介 タナカミノル

サハラ砂漠を野宿で7日間251kmを完走、キリマンジャロ登頂成功などを経て、

身体性を使って学習するコミュニティ「神無き時代のアルケミスト」主宰。

FXのトレーダー育成では、ひとつの売買手法を覚えさせるのではなく、トラウマを解消して各自のオリジナルルールを作らせるという独特の指導方法で1000人以上を指導し、利益だけにとどまらないクライアントの人生全体のフローで改善し、プロトレーダーも多数輩出している。


TOC(制約理論)の工場の話を「コミュニケーション」「投資行動」などに置き換えたレポートは

→こちらからダウンロードできます 





読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

ガン対策にまで応用できるとはビックリです!

砂糖が良くないことは知識では十分に知っていましたが
超甘党のぼくはいろいろ巧妙に言い訳を並べて
摂取続けていました。

でも今回のタナカさんのレポートのおかげで、まだ数日ですが
苦しむことなく、砂糖類を激減出来ています。

TOCはシンプルですが、奥が深く、個人的にまだほとんど
理解できていませんが、これをきっかけとしてさらに
学ばせていただきます。

いつもありがとうございます。\(^o^)/

面白かったです。ついでに、TOCの漫画もAMAZONのKindle版で読みました。

工場のモデルケースと違ってがんの場合は、人の感情が深く関わってくるので、免疫のボトルネックに関わる部分はもっと複雑だろうと思いましたが、周りにいる人間が、みな、こういう理論を理解したり、人との関係において感情の捉え方をマスターすれば、確かに、がんも減少するだろうと思います。
ありがとうございました。

Hamanaka Takeshiさん

コメントありがとうございます。
巨大な市場ができると、人びとの購買意欲を駆り立てるために
複雑な情報が溢れて本質が見えにくくなったりもしますからね。

シンプルに本質を考える態度は、持ち続けたいと思います。

浪崎 吉彦さん

シンプルだからこそ力強く、奥深い魅力がありますよね。
TOC(制約理論)は、本当に考える楽しさに火を着けてくれました。

コメントありがとうございます。

長尾 京子さん

人の感情も、TOC(制約理論)を使うととてもシンプルに
スッキリと整理されていきます。

感情のもつれについてのあるあるネタが見つかれば
TOC(制約理論)でレポートしてみるかもしれません。

フィードバックありがとうございます。

分解ではなく、全体で物事を考える。
この思考は今後ますます重要になってくると思いました。
とても興味深いお話をありがとうございました!

問題を責めるのではなく、問題を中心につながりを観察すること。

深い話でした。

目から鱗のお話でした。

制約理論。難しいけど、使いこなせれば思考がスッキリしますね

タナカ ミノル

タナカミノル President and C.E.O. of Mastery International Co., Ltd. ●日中は55℃にもなるサハラ砂漠を寝袋と自炊道具を背負って7日間で251km駆け抜ける第26回サハラマラソンを最終ランナーとして完走。 爪が6枚剥が

タナカ ミノルさんが次に書こうと思っていること

|

タナカ ミノル

タナカミノル President and C.E.O. of Mastery International Co., Ltd. ●日中は55℃にもなるサハラ砂漠を寝袋と自炊道具を背負って7日間で251km駆け抜ける第26回サハラマラソンを最終ランナーとして完走。 爪が6枚剥が

タナカ ミノル

タナカミノル President and C.E.O. of Mastery International Co., Ltd. ●日中は55℃にもなるサハラ砂漠を寝袋と自炊道具を背負って7日間で251km駆け抜ける第26回サハラマラソンを最終ランナーとして完走。 爪が6枚剥が

タナカ ミノルさんの他のストーリー

  • 1億円持ってるレベル99のニート(トレードと愛人と◯◯のコツは、みな同じでした。)【前編1】

  • タナカ ミノルさんの読んでよかったストーリー

  • 世界一過酷なサハラ砂漠240kmマラソンで、5km走って息切れするモヤシ男を完走に導いた、心が震えるたった一言の応援メッセージ