1年前、普通の会社員だった僕がベンチャー企業に転職し、わずか3ヶ月で事業責任者に抜擢された話

このエントリーをはてなブックマークに追加

以前僕は、「どうして僕はベンチャー企業に移ったのか、少し考えてみた」というタイトルでエントリを書き、こちらのサイトにお世話になったことがある。

前回は転職してから3ヶ月、ベンチャーってどうなのっていうところを新規事業を任されたところまでの時系列で追って、個人的な感想を含めて書いてみた。


これから新規事業を立ち上げるにあたって、色々と悩まれている方の指針に少しでもなればと思い、今回立ち上げに関わったaRts STOREというアートのECサイトを立ち上げるまでの話をつらつらと書いてみる。





第1章 新規事業のリーダーへの抜擢


これが、全ての始まりだった。


いつものように不動産仲介の仕事から帰ってくると、僕のメールボックスに社長からこのメールが来ていた。

これを見て正直、会社に入るのを3分くらいためらった。笑

(こ、これは何かあるぞ…?)

(ま、まさかクビか??)

(た、確かにそんなに目立った実績もまだ残せてないしな…)


恐る恐る会社に戻ると、割とすぐに社長に呼ばれて会議室へ。


そんな僕を尻目に、社長はいつものように話をはじめる。



社長
「ちょっと話と言うか、相談があるんだけど」
「は、はい…。」
社長
「そろそろお前も3ヶ月か〜、どう?調子は?」
「そうですね、そこそこ仕事に慣れてきて、まだ数字的にはついてきていないですけど…。周りのメンバーも好きですし、まずはここで頑張りたいと思います。」
社長
「そっかそっか、でさ、ちょっと相談があってさ」
(く、くる……)
社長
「実は何年か前から考えている事業があってさあ、それをそろそろやる時期かなと思って。何をやるかというと、簡単に言えばアートのECサイトなんだけど…。」

「で、お前さ、結構周りにweb関係の人多いじゃん?だから今の会社の中で、新規事業をお前にやらせてみようと思って。やってみない?」
(フ、ファ!?!?!?なんぞこの展開………)

…………

(しかしクビじゃないぞ…良かった…。)

(でも、「アート」なんて全く知らないし、そもそも興味持てるのか??)

(いつかwebサービスを作りたいと思っていたし、失敗しても死ぬわけじゃないし…。これはチャンス?)

(なんか新規事業って響きカッコいいな…。←)

(でもまてよ、興味を持てないことでサービスを作ることなんて出来るのか?)


とりあえず色々な感情や考えが頭の中を巡っていた。


そんな僕を尻目に社長は続けた。


社長
「どーする?やる?もちろん俺も手助けはするからさ」
は、はい!やってみます。

決断をするちょっと前。


僕はある言葉を思い出した。僕が前の会社で、「仕事がやりたいことにつながらない」とぼやいていて、とある人に相談した時に言われた言葉だ。

「仕事でやりたいこと探しなんて意味がない。目の前の仕事を一生懸命やることで、神様が天職(という名のお役目)をくれる」

急に言葉を思い出して、僕のなかでは8割方「この話を受ける」方向性で固まっていた。

あと2割は、そのうち時間が解決してくれるだろう。と。

ということで、この話を受けることにし、晴れて(?)僕は会社で新規事業を任せてもらえる、という妙にかっこよさそうに見えるポジションに配属されることとなった。


第2章 畑違いもいいところ


「人生、何が起こるか分からんな〜」社長から新規事業担当を告げられたその日の帰り道、5回くらい心の中で思っていた。

そう、本当に何が起こるかわからないのが人生なのだ。


ところで、話が進む前に僕とアートの関わりを少しだけ書いておきたい。どれだけアートに接していなかったかが分かるはずである。

①小学生のころ

親に絵の教室に無理矢理通わされていた。

楽しみは先生と話すことと、何故か教室に置いてあったアナログなボクシングゲーム(確か、ミニ拳闘士という名前だった。)を帰りにやること。絵は8割以上先生に手伝ってもらっていたので、自分の意志はほとんど反映されていない。

②中学生のころ

一番苦手な授業。期末テストでは美術の点数が低く、全体の平均点を見事に下げていた。

③高校生のころ

音楽選択のため、美術の授業は確か受けていない。ちなみに高校生の時にフランスに行ったことがあるのだけれど、ルーブル美術館は5分で飽きた。

④大学生のころ

サークルとバイトに明け暮れていたため、ほぼアートと接する機会無し。

という状況。アートに対する関心は後々出てくるもんだと思っていたのでそこまで気にはしていなかったものの、いかんせん知識がなさ過ぎる。そして、アーティストとは無縁の世界に生きていた僕には、いきなり目の前に「全く知らない分野でビジネスをしていく」という壁が立ちはだかったのだ。


それに加え、web周りの友達は確かにいるが、そもそも自分でECサイトを立ち上げるのは初めてであり、web制作のスキルも知識もゼロ。

かつ、色々な事情があって、まだ残っている仲介事業の仕事も平行してやらなくてはならず、5月〜6月頭までは、はっきり言ってほとんどECサイトの仕事に着手出来ない状況が続いた。

かすかに記憶しているのは、事業資金となるお金を融資で取り付け、とりあえずサイトの中身をどうするか、ECサイトのベースとなるシステムでどれを使うのか、などをなんとなく(本当になんとなく)決めたことくらい。

とはいえ、社長と一緒に進めていくものだから、とにかくやれる事をこなそう、と思いつつ日々の業務に追われる毎日。

しかしある時、この状況からちょっとした変化があった。


この事業を僕に「完全に任せる」ことになった。ということである。


5月の中頃、再度会議室に呼ばれた僕。

社長
「基本的には、この事業をお前に任せるよ。この事業は俺のやりたいことでもあるんだけど、俺のあれやってこれやって、というのに対応するのだけじゃつまんないでしょ」
は、はい。。。


任せてもらえるのは嬉しい反面、ちょっとびっくりした。


もともとこの事業は僕自身が「社長の下で事業を進めていく」という認識もあり、大手企業に構図を当てはめると

新規事業部長:社長

その部員(1人):僕

みたいなイメージだったので、それが急に

新規事業部長:僕(ONLY)

となる。

この差は結構でかい。


それまでは

社長が「あれやって、これやって」というのをこなせば良かったものが、

「あれやろう、これやろう」と自分で考えて「あれやって、これやって」と段取りを考え、時には人には「あれやって、これやって」と指示を出さないといけなくなった。

これまで割と大企業でぬくぬくとやってきていた僕には経験のないことで、何からやったら良いのか、途方に暮れるしかなった。


ちなみに5月終わりくらいだったと思うが、とあるエントリを引用して、社長は僕にこんなことを伝えようとしていた。

「任せる」ということについて。

(中略)

まず、受け取り手の人に思って欲しいのは、「任せる」というのはその範囲の責任を譲渡しているという事なので、与えられた範囲内での意思決定は基本的に全て自分がするべきだという事です。

(中略)

分からないなら聞けばいいだけの話ですし、結局の所任せているにも関わらず、ここまでやりなさいとか、ここはこう考えなさいとか全部指示を出さないと動けないというのでは、任せている意味がありません。

(さらに中略)

もう一度言います。

大切なのは、任されたからには自分で考え、動く事です。変な言い訳はいりません。任されている領域が不明瞭なのであればクリアになるまで聞けばいいだけです。自ら動きなさい。指示を待つな。その上で、しっかりと上司を安心させてあげなさい。そうする事でもっと大きな事を任せて貰えるようになります。

しかし、自分が何かの組織の中で一番上(のような立場)につくのは、小学校以来である。

しかも、その時の経験と言えば、少々強いサッカーチームのキャプテン、といったもの。色々あった今だからこそ上のエントリの内容は分かるけれど、その時には「自由には土台がないとだめだ」とか「全て自分で出来るならとっくに自分でやっている」などと心の中で思っていた。


やっぱり、どうしたら良いのかよく分からなかったのだ。


上記のエントリのように自分の思った通りに進めれば良いのだろうが、適当な事をして他の仲介事業部門のメンバー稼いでいるお金でやっている事業を潰すわけにもいかない。

とはいえ、アートの事は分からないし、未だにアートに興味が湧いて来ない。そして社内にこの事業を

やっているのは無論僕だけなので、特に相談出来る同僚もいない。

どうしたら良いのか、誰にも相談することも出来ず、もやもやとしながら事業は進んでいく。

そして時間が経つに連れて、サイトのデザインはデザイナーから上がってくるし、サイトのワイヤーフレームもエンジニアからくる。そしてこの時は全くもって分かっていなかった(今でもよく分からないが)「webディレクション」もいつの間にか自分がやる立ち位置になってしまっていた。


この時点で僕は

・そもそも(自分の中で)事業コンセプトが決まっていない

・webのデザインだけはそれっぽいものが上がってくる

・ワイヤーフレームも上がってくる

・webディレクションもしなければいけない(したことないし、誰も教えてはくれない)

という状況に置かれていて

さらにこれらに加え、本当に自分はアートに興味を見いだせるのか?というもやもや感を感じていた。


な、なんや…この泳げない体で大海に小舟1隻で放り出された、モンキー・D・ルフィのような状態は…。

そんな感情を抱きつつ、時間が過ぎてゆく。

そして、更なる試練が僕を待っていた。

第3章 ようやく走り始めた新規事業


「アート」というまったくもって畑違いの世界において、いつの間にかリーダーになってからはや4ヶ月。上にも書いたように、思うように作業を進める事は出来ていなかった。

もやもやも残ったまま。

このままではいけない。まずは、このもやもやを取り除こう。

まずは、自分がこの事業やるにあたりどういった事を目標にするのか?ということを自分の中で持てばいいはずだ。そう思い、自分の中で明確にするべく社長と(ネット上で)話し合いの場を持った。





アートを気軽に買える、だけだと買わないんです、僕。

今更出した超本音。笑

そう、そもそも実は僕に、アートに対しての問題意識(もっとアートが広がっていけば良いのに!という気持ちや考え)や、アートを買いたい!という欲求はこの時そんなになかったのだ。

ただ一方で「これやばい!」「これすごい!」「これかっこいい!」「これかわいい!」「これウケる!」という感情を持った時には、絵だって写真だって、版画だって切り絵だって情報をシェアしたことはある。それに、アートの世界で生きている人から受けた影響だってある。その人の記事をシェアしたこともある。だから根本的にはアートに興味があるのだ。

だけど、買うとなると妙にハードルが高い。

そもそもどこに飾ればよいのやら。どうやって飾ればいいのやら。どこでオシャレなものが買えるのやら。全然分からない。

なので、「アートを買ってもらう」の前段階である部分、つまり「アートに興味を持つ」ことだったり、「アートの飾り方」だったり、「アートを作っている人のことを知る」という部分をもっともっと伝えていく必要があるなとその時思ったのだ。

それは今も思っている、というか、最終的なゴールはそこなのではないかと思っている。

もっともっと僕みたいな素人でも、アートに興味を持って「これ買ったら部屋がオシャレになるかも」「これをここに置いてみたら部屋が良くなるかも」と考えられるようになれば、ちょっと暮らしがよくなるのではないか。そう思っている。


そして、上記の話し合いをしたのは8月中旬。話し合いの結果、ローンチは9月末に設定されることになった。


ここからようやく、本格的にサービスのローンチに向けて作業を進めていくこととなったのだが、やるべき事はまだ沢山あった。

・アーティストさんの発掘、営業

・サイトの構築(全く無知のwebディレクション)

・営業関連の資料の作成

・契約書等の法務的資料の作成

・事業コンセプトなどを詰める

などなど、、、

やることはある程度明確にはなっていたものの、幾つか問題があった。


これらのやるべき事を全て回していくまでのスキルも足りず、かつ、時間も待ってはくれない。アーティストさんに営業をする時間を取りたいのに、サイトの構築にめちゃくちゃ時間を取られる、あるいはその逆も起こっていた。

アートのキャプションを書くのも初めての経験で、そもそもどうやってアートを魅力的に切り取れば良いか分からない。

「アートを買ってもらう」の前段階である部分をどういう風に見せていくのか、具体的な施策も考えつかないままだった。

ただ、1回ローンチを遅らせてしまった以上は、次の期限を守らないわけにもいかず、とにかく進むしかなかった。

8月が過ぎ、9月も半ばにさしかかったころ、スタート時に掲載出来そうなアーティストさんの数、作品数の数が見えてきた。

アーティスト数5、作品数15。

プレスリリースを打つにはかなり寂しい数字だ。せめて作品は100くらい欲しいところだし、上にも書いた「アートを買ってもらう」の前段階である部分を埋めるためのコンテンツも幾つか欲しいところだ。

が、それは実現出来そうにない。webサイトのデザインや機能等も、確認しきれないまま。とりあえず最低限、機能を持っていればなんとかなるか…、と思いつつも、やはり修正したい部分はある。

と、いろいろもやもやと思っている間に9月末は来た。

プレスリリース用の文も直前に考え、ギリギリで入稿。

しかし、やはり「ローンチしました!!!」とSNSや社長のブログに書けるような出来ではない。

とはいえ、やはり時間は待ってくれない。

ローンチが差し迫った9月末、ふと社長が僕に質問を投げかけた。

社長
「プレスリリース時に用意出来そうな最初の作品数ってどのくらいになりそう?」
「あ…えっと、ちょっと予定したよりも少なくて…10〜15くらいでしょうか。」
社長
「ファ!?!?!?」

「少なくね?もう増やせないの?」

「それじゃ少ないじゃん、リリースするの?」
「あ、はい…一応9月末がリリース期限ですし…。」
社長
「いや、それじゃ厳しくない?」


社長、おこ。


……


僕、無言。

社長
「アーティストの作品はもう増えないの?」
「は、はい…。10月中にはもう少し増えそうなのですが…。」
社長
「んー…でもそれはいくらなんでも少ないよ。どうにかしよう。数を増やすか,他の方法を考えて。」
「は、はい…。」


僕は10月から自分の会社に広報として入ってくる友人に相談した。

すると、こんな回答が返ってきた。

プレスリリースする時にサイト「プレ」オープンってことにすれば?


………

た、確かに…。数はもう現状では増やせないし、それしかない!(マジでこの言葉に救われた。)


社長にもその旨報告し、なんとか了承をもらえることに。


そして2014年10月1日。新サービスは「プレ」オープンという形で世の中に出されることになった。


第4章 まさかのゼロリセット、そして松葉杖


さて、肝心の新規事業のほうであるが、10月にローンチはしたものの、ほとんどアクセスは集まらず、当然アートも売れない。

サイトのデザインにも改善すべき点は沢山あったし、何よりも作品数やコンテンツの量が圧倒的に足りていない。作品数も増やさないといけない、コンテンツを作らないといけない、9月末までは全てを1人で抱え込んでいたので、全てが中途半端だった。

どうしようもない状況に追い込まれていた僕に、少しだけ希望が見えたのは、奇しくも残念なるECサイトをローンチしたその日、10月1日に僕の友人が同じ職場に入社してきたことだ。

実は彼は、新規事業の担当になって以来こそこそと相談をしてきた人のうちの1人であり、既に色々と問題点を見抜いていた。そのため、「プレ」リリースしたECサイトの事業と僕はここからほぼ毎日、度重なるダメ出しを受けることとなった。


・コンセプトが全然はっきりしてないよ

・どういう作品を入れていきたいの?

・どういうターゲットでサイトを作ったの?

・ターゲットが詰め切れてないから、サイトのデザイン全然ダメじゃない?

・てかそのサービスのタイトル名、SEO的に競合いすぎてだめじゃない?

・そもそもwebディレクションが出来ないでしょ?


ぐ、ぐぬぅ…

とにかく全く反論が出来ないのである。1人で全て回そうとして、中途半端になった結果だから仕方ない。


時間はかかるかもしれないが、1つ1つ問題点を潰すしか道はないのだ。。。


そしてこの月から、1人で抱え込んでしまってリリースに失敗した僕のおかげで(せいで?)、週に2回の新規事業部MTGが開催されることになった。

そんな矢先。

僕の体にまさかの事態が起こる。


ある休日のこと。

「ゴリゴリゴリッ!」

この音が聞こえた瞬間に、僕の足首は地面につけなくなった。

いわゆる捻挫だ。趣味のフットサルの時にやってしまった。その日はアドレナリンのおかげで歩けたけど、次の日は捻挫した足を地面につけない状況。

まー捻挫だしなんとかなるだろう、そう思っていたものの、医者には松葉杖を渡された。

まさかこの時、1ヶ月松葉杖の生活になるとはこの時は思いもしなかった。


↑ゴリゴリってなったときの足。アイシング中。


ていうか、そもそも松葉杖なんて人生初なので、全然長居距離を歩くことができない。

ちなみに僕は普段右を向いて寝るのだが、それも出来ないので非常にストレス。

トイレに行くにも松葉杖。何をするにも立ちっぱなしは無理だし、電車は意外と譲ってもらえない。座っていても何かの間違いで足に負担がかかると非常に痛い。なにこの環境。ストレスフルとかいう次元じゃない。

ちなみに通勤は全然歩けないので、家の最寄り駅までタクシー、会社の最寄り駅から会社までタクシーという謎のVIP生活が1ヶ月続いた。(当然自腹w)


そんな中でも、当然のことながらダメ出しは続く。

・コンセプトはどうするの?

・ターゲットはどうするの?

・このページ、こんなんじゃ面白くないでしょ

・なんでこのフォントなの?


1〜2週間ではいっこうに治らない足首と同じように、新規事業の修正も一筋縄ではいかない。

もうちょっと人に頼ってやれば良かったなあ…。と1人で全てやろうとする悪いクセがモロに出てしまっていたことを反省する日々。何もかもうまくいかない。そしてしまいには、社長に一言

「進みが遅い!」

と怒られた。一瞬この事業を放り出して別のことをやろうかなとも思ったけれど、まずは自分自身の少し考えを変えてみることにした。


そもそも僕は1人じゃまだ何も出来ないんだ。だから、何かを指摘されたら「自分は何も出来ないんだから」という言葉をまず頭に置いて、指摘を素直にまずは受け入れよう。

色々指摘をされると悔しいし、ムカつくことには変わりなかったが、こうやって考え方を変えることで少しずつサイトの手直しも進んでゆき、コンセプトやターゲットも明確になり始めた。アーティストさんへの営業もだいぶ板についてきた。そして、なんとか軌道を修正し、「プレ」オープンから3ヶ月半後の1月半ばを目標に「本」オープンをすることが決まる。

さすがにもう、ヘボいものを出すわけにはいかない。

期限延長に始まり、残念なサイトを作ってしまった後には、もうちゃんと事業のスタート地点を作る意外に道はない。

そこから先は、小さなトラブルも沢山あったが今までの辛さに比べたら屁でもなかった。

足も治り、年末年始も仕事して、直前には半徹状態で数日頑張り、ちょっと遅れたけど1月31日に、無事にサイトをオープンすることが出来た。

一応、完成したサイトがこちら

まだまだだと言うのは自分自身が一番よく分かっている。まだ、ECサイトを立ち上げた、という現実があるだけだ。でもここから、「アートがなんだかよく分からない」という人と「アートの世界」を少しでも近づけることが出来れば良いと思っている。


第5章 新規事業を立ち上げるにあたり、気をつけなければいけないことまとめ

章のタイトルがこんなんですいません。笑

ただ、やっぱりこういうことは書いておきたいと思ったので、最後にまとめておこうと。

※下記内容は僕が身を持って感じたことです。僕が担当しているサービスは当然まだまだですが、皆さんの関わるサービスが残念なものになりませんよう、事前にお知らせをさせていただければと思った次第です。(偉そうな口調ですみません。)

【webサイト制作編】

・自分で作らないにしてもweb制作のスキルは持っておいたほうが圧倒的に良い。理由は幾つかあるが、このタイミングで「あ、やっぱこれ無しで」「代わりにこれ追加して」とか、ほんとエグい要求だったりすることが多々あるため。

こういうことの繰り返しでデザイナーやエンジニアはイライラする。間違いない。みんなもっとデザイナーやエンジニアをリスペクトしよう。

かくいう僕も、何度もエンジニアとデザイナーをイライラさせた。笑

・上の内容にも通じることだが、社内に優秀なエンジニアがいないなら、まずはサイトの設計を出来るだけしっかりと決めること。コンセプト、ターゲット、扱う商品の層。リーンスタートアップなんて言葉に騙されるな。優秀なエンジニアがいない限りは、作りながら修正とか無理なんで。


【プロジェクト進行編】

・まずは事業をとりあえず走らせてみるのではなく、しっかりとコンセプトやターゲットを練り込んでから進み始めるペき。そこから微調整をして進んでいくやり方がベター。

とりあえず、で始めると、どんどん修正がきかない方向に進んでしまう。これも上記に同じく、リーンスタートアップという言葉に騙されてはいけない。あれは、PDCAを回すのが早いことを指す。とりあえず立ち上げる、というところは本質ではない。

・作業の時間を取るのが無理そうならば、外部に振ろう。今ならクラウドソーシングもある。謎の作業に追われていたら、いっこうにサービスも作れない。

・チーム内で、プロジェクトの進行状況の共有はしっかりすべき。これがしっかりされていれば、変な方向に行きそうになっても誰かが警笛をならしてくれるはずだ。


さて、来年の今頃はこのサービスがどうなっているのだろうか。


大企業から飛び出して感じるトラブルだらけの毎日も、何も予測出来ない未来も、割と楽しい。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

一歩づつ一歩づつ前を向いて。

堀 正斉

早稲田大学卒業後、商社を経てR-Storeという不動産のセレクトショップで働いてます。会社員として働く傍ら、趣味でプログラミングをしてます。会社以外の場所で、仲間とともに仕事を創る「二足のわらじ的働き方」をふらふらと実践中。B&Bのような人も知も混ざる場を作りたい27歳

堀 正斉さんが次に書こうと思っていること

|

◯◯を始めたキッカケのタグがついたストーリー

流川は天狗?? 真正〇茎でもいいじゃないか!

立ち直った26歳②

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(1)押し寄せる危機感

支配人Tの本気。どんどんドンペリ♪

Episode2 新生流川! 同伴なんてへっちゃら

ベルリンで会社登記のプロセス

第167章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

疲れない身体を手に入れませんか?

堀 正斉

早稲田大学卒業後、商社を経てR-Storeという不動産のセレクトショップで働いてます。会社員として働く傍ら、趣味でプログラミングをしてます。会社以外の場所で、仲間とともに仕事を創る「二足のわらじ的働き方」をふらふらと実践中。B&Bのような人も知も混ざる場を作りたい27歳

堀 正斉

早稲田大学卒業後、商社を経てR-Storeという不動産のセレクトショップで働いてます。会社員として働く傍ら、趣味でプログラミングをしてます。会社以外の場所で、仲間とともに仕事を創る「二足のわらじ的働き方」をふらふらと実践中。B&Bのような人も知も混ざる場を作りたい27歳

堀 正斉さんの他のストーリー

  • 頭で分かることは、そこまで重要ではない。

  • 堀 正斉さんの読んでよかったストーリー

  • 大企業で働く元高校球児の営業マンがうつ病となり、初めて訪れた甲子園で元気をもらった話。