イベント業界で生きていく

このエントリーをはてなブックマークに追加

いつからだろう

イベントという単語はいつから使い始めたのだろう。。。

昔は自分がイベント業界で生きていくなんて思ってなかった。


中学校のある日、「生徒会やってみないか?」と先生が言ってきた。

生徒会なんて俺には全く縁がないものだと思っていたが、

試しにやってみたら意外と面白かった。

初めて人前で喋る仕事が。「生徒会書記」

これが俺の初めてのイベント事だったのだろう。


高校生になり、入学時にまた先生が「生徒会に興味ある奴いないか?」

つい手を挙げてしまった。

高校1年次は生徒会副会長。

高校2年次は生徒会会長。

高校3年次も生徒会会長。


高校になると生徒会の仕事に「文化祭」のまとめがある。

いわゆる裏方仕事だ。

パンフレットの印刷から、教室の割り振り、部活動のとりまとめなど。。。

ほとんどは先生が主体となってやってくれるから、今考えると大した仕事じゃないが、

あの頃は週7の部活もやりながらだったから、頑張ってる気がしてた。

この頃もまだ「裏方」=イベントではなく、「裏方」という認識だった。


そして、大学に入ると入学時にまた「生徒会や学園祭に興味ある人いませんか?」と

先輩方が入学オリエンテーションで募集をかける。

どうやら大学は「生徒会(学友会)」と「学園祭実行委員会」は別組織らしい。

普通はわざわざやらないよね。サークルや部活ならまだしも。

俺はなぜだか「学園祭やります」と手を挙げていた。

生徒会の仕事の中でも学園祭は何気に楽しかったから。


学園祭実行委員会。

初めて俺が名刺を持って、肩書がついた瞬間だった。

「学園祭実行委員会 主催行事局 局員」


それからは最低限の単位を取るものの、授業よりも学園祭が楽しかった。

金髪でバイクを乗廻し、走り屋などやっていた俺は学園祭の中でも浮いていた(笑)

学園祭や学友会に入る人って基本、真面目でいい人が多い。

まぁ、そうでなきゃ入らないよな、普通。


初めてやった「芸能人のアテンド」

初めてやった「ステージ組み」

初めてやった「理事長との打合せ」


二年次は「会場局 局長」

三年次は「実行委員長 兼 総合実行委員長」

四年次も「実行委員長 兼 総合実行委員長」

うちの学校は、大学・短大・専門学校が1つの敷地に入ってるため、

3人の実行委員長が選出される。

そして、合同学園祭のため、総合実行委員長が必ずその中から選ばれる。

3校合わせて、約100名の実行委員を束ねることになる。

こんな金髪ヤンキーがトップでいいのか?と思っていたけど、

こと仕事に関しては誰よりも楽しくやっていたせいか、なぜか学校側の評判は良かった。


四年次に「宣伝カーを走らせたい!花火を打ち上げたい!」と思い、予算調整して、

近藤予算を作ってもらった。今思うとパワハラだろうな。

その頃はインターネットなんてもちろんなかった。

パソコンもMS-DOSの時代。

でも、俺の強い味方!タウンページがある!!

警察や消防に申請もした。

花火屋さんと打合せもした。

地元の町内会会長に花火の了承も得た。

んで、学校側に話したら。。。

「それは相談ではなく、完全に事後報告というんだぞ」と怒られた。

ネゴり方は、さすがに先輩は教えてくれなかった。。。

垂れ幕がかかるので、理事長室を1週間真っ暗にしてしまったことも、

夜中まで仕事してて、警備員のオッサンに怒られたことも、

今となっては良い思い出だ。


三年次の終わり頃、就職活動をしなければならないと周りがソワソワし始めたころ、

「俺は何をしたいんだろう」と思った時、

選択肢として「イベント屋」か「バイク屋」だった。


リクルートが出していた就職本。若い子は知らないだろうな。

企業情報がみっちり詰まった本が学校にずらーーーーっと並んでいる。

そんな中でようやく見つけたのが「株式会社プラザ」だった。


イベント屋になりたかったから、そこしか受けなかった。

人生で書いた履歴書はそれ1枚。

イベント屋人生の本当の始まりだった。


就職する直前の3月。

会社に呼び出された。

行ってみると、「近藤君は4月から ”電算センター” 配属だから」と言われた。

はい?電算?センター?


日々、売上伝票、入金伝票の入力。

毎日毎日毎日・・・・俺は伝票に埋もれて死ぬのかと。

壁に向かって毎日カチャカチャカチャカチャ・・・・。

パソコンじゃないからね。オフコンだから!オフコン!


2000年問題が目前に迫ったある日。

唯一無二の上司が

「あ、来月から、僕は静岡支社に転勤だから、あとよろしくね♪」

おい!まだ1年経ったばかりだろ!?

なんで俺が全社集計やら、買掛金入力一人でやるんだよ。

「あ、それから2000年問題のシステム処理もやってね♪」

チ~ン。。。


親会社のシステム部と日々喧々諤々。。。

こっち1人だぞ!?なんで、そっちは20人もいるんだよ。。。

と、いいつつ結局作ったプラザシステム。

もう電算センターに飽きていた俺は、全ての入力作業は営業マンが出来るようにした。

集計もボタン1つで出るようにした。

在庫管理も買掛金管理も総務が出来るようにした。

ようやく俺は営業部に転属出来た。


電算の頃から少しは手伝っていたものの、現場に出るのは人生初。

しばらくは怒られ、怒鳴られ、凹む日々。

休みはない。残業はある。ゆとりはない。ストレスはある。

そんな日々が3年位続くと、意外と慣れるもんで。。。


イベント屋といっても、様々な業種がある。

俺はイベント屋に就職したつもりだったけど、就職したのは「施工屋」だった。

施工屋というのは、簡単にいえばステージ作ったり、看板作ったり、備品用意したりと、

大道具+小道具のような仕事。

逆に「施工屋」以外、よく分かってなかった。

イベント業界マップなんてないんだもん。。。


ふとある時に「出向してくれ」と言われた。

日本トップの代理店のグループ会社。

もともと先輩が行っていたから、気軽な感じで行ったけど。。。

「免許取り立ての人間がターボチャージャー付の車に乗る感じ」

乗れなくはないよ。でも、無理だよ。だって、俺、施工屋だもん。


言い訳は当然通じない。

代理店業務なんて何してるのかなんて全く分からん。

テントの立て方は一切役に立たない。

スチレンボードの厚みなんて聞かれない。

ガチャとラチェットの違いなんて誰も聞かない。


必要なのは、計画立案、マニュアル作成、仕様書作成、テクニカル知識。。。

はて、俺は何をしにここに来たのだろうか。


まぁ、山のように仕事はある。

ほぼ毎日徹夜。

デスクで朝日を眺め、シャワーのために家に帰る。

毎日毎日、俺がやりたかったイベントの仕事をしている。。。はず。。。多分。。。


たった1本のイベント「2003年 第5回アジア冬季競技大会」

この仕事のおかげで、イベントの苦労が分かったし、楽しさも知った。

奥深さも分かったし、自分のレベルも分かってしまった。

クライアントには出禁間際までダメ出しされ、雪山にはスーツで登り、

地元企業にバカにされ、デザイナーには怒られる。

この時ほど、自分がどれだけイベントの仕事を甘く見ていたのか、

イベントの仕事がどれだけ大変なのか。ようやく理解出来た。


それでもやっぱり続けている。

施工屋→代理店出向→セールスプロモーション会社→制作会社と、

サラリーマンイベンターを続けてきた。

そして、独立。

シンシアプロデュースという会社はまだ出来て間もない。


あれだけダメ出しされた俺が、気付けばイベントの専門学校講師もやっている。

生徒達には「イベントは98%が辛い部分だぞ。楽しい所はたった2%あるかないかだよ!」って

何度も言ってきている。


「イベントは自己犠牲の上に成り立っている。自分がどれだけ大変な思いをしたかによって、

 比例して来場者は笑顔になる」

「夢だけあれば食っていける。夢は諦めちゃいけない。死んでも諦めるな」

「やりたくないことはやるな。やりたいことだけやってろ。

 でも、やりたいことのためなら、やりたくないことでもやれ!」

「目に見える全てが、お前たちの知識であり、経験だ。目に映る全てのものをイベントと思え」

「業界で生きていくなら、嘘はつくな。たとえクビになるようなことがあっても、嘘はつくな」

「イベント業界にはエンドロールはない。自分の名前は誰も知ってもらえない。でも、来場者が

 感謝してくれる表舞台の人達に感謝されると、感謝が倍増されて届くこともある」


「イベントは98%が辛い部分だ。楽しい所はたった2%しかないぞ。

 でも、たった2%の幸せが、人生の120%の喜びに変わる時が来る」


裏方仕事で大いに結構。

表に立ちたいとは思ってない。

表に立ちたいと思っている人達の踏み台になり、支えになる方が何十倍も幸せだから。


きっと、俺は死ぬまでイベント業界で生きていく。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

とてもよかったです(^^)

ありがとうございます。ホント拙い文章で失礼致しました。
でも、コメントがめっちゃ嬉しかったです♪

今の私にぴったりなストーリーで、胸に響きました。

本当、読んで良かったです(*^^*)
ありがとうございます。

ありがとうございます。そんなご感想を頂けるなんて思ってもみなかったので、とても嬉しいです!こちらこそお時間を取って読んでいただいてありがとうございます!

やりたくないことはやるな。でもやりたいことのためならやりたくないことでもやれ!

98%辛い部分は
今の自分に写って見えるよ

とっても今を楽しんでいるって感じました。がんばれ!

「イベントは98%が辛い部分だぞ。楽しい所はたった2%あるかないかだよ!」・・・メチャ、分かります。僕も一年間のロングランショーをやってて、かなりきついです。が、得るものも良いですね。

近藤 和彦

イベントバカです(笑) イベントに関わることなら何でもご相談ください。 職業:イベントプロデューサー ツイッターアカウント:konchan0324 さらに詳細の職歴等はこちらをご覧ください。 ⇒ https://www.facebook.com/kazuhiko.kondo

|

近藤 和彦

イベントバカです(笑) イベントに関わることなら何でもご相談ください。 職業:イベントプロデューサー ツイッターアカウント:konchan0324 さらに詳細の職歴等はこちらをご覧ください。 ⇒ https://www.facebook.com/kazuhiko.kondo

近藤 和彦

イベントバカです(笑) イベントに関わることなら何でもご相談ください。 職業:イベントプロデューサー ツイッターアカウント:konchan0324 さらに詳細の職歴等はこちらをご覧ください。 ⇒ https://www.facebook.com/kazuhiko.kondo

近藤 和彦さんの他のストーリー

  • イベント業界で生きていく