ゲームとパチンコが大好きな私がある日突然ハンドメイド雑貨店というゆるふわドロ船のオーナーになった話

このエントリーをはてなブックマークに追加
65


雑貨店を開くことになった時

私を知る誰もが口をそろえて言った。

「そんな趣味があったなんて知らなかった」と。

ええ、そうでしょうよ。

だって今までハンドメイドなんて全く興味が無かったんですから。


きっかけは・・・

会社員生活を13年送ったある日、突然私を襲った病気。

重い病気ではないけれど、めまいがハンパない。

契約社員とはいえ一部上場の企業だったから

辞めると伝えたときの両親の悲しそうな顔は、今でも忘れない。


仕事をしていかないと生活できないことから

自分でできる仕事をいくつか探してみた。

そのうちの一つが、輸入雑貨の販売だった。



そんなゆるい感じで始まった私のフリーランス生活。

不思議と会社を辞めると、体調はすっかり良くなっていた。


ほどなくして

「ハンドメイド雑貨店を引き継ぎませんか?」という話とめぐり合う。

オーナーのハナシでは、そこそこ売り上げもあるけれど

自分は体調が悪く続けられないそう。

残務のこともあるので、そのまま引き継いでほしいと言われた


札幌の中心大通駅から徒歩5分で1Fという立地。

4坪の小さなお店だったが、逆にそれがちょうどよかった。

物件さえ押さえておけば、後で好きな業種で使えるし!

とりあえずこの立地とサイズは手に入れたい!

そんなよこしまな思いが私の中にはあった。


でも、さすがに未経験の私がなんのデータもなく始めるのもなんだから

直近1年間の売上を見せてもらうことにした。

ニコニコしながら、そこそこの売上があるでしょ~とオーナーが

見せてくれた売上台帳・・・


震えた。

家賃比率40%を超える数字がそこには並んでいた。

もちろん額面もそれはそれはひどいものだった。


でも、売上台帳を見せてもらって断るわけにいかないって思って

(いや、ここは断るべきだったと思う)

なんとかするしかないと腹をくくった。


何より怖かったのは

このオーナーがこの数字を見て「そこそこある」って言ったこと。

なんだこのゆるふわ感!

ちょっとは改ざんするとかなんかなかったのか!

これ見て「わーすごい」って言うと思ったのか!


てかハンドメイド作家ってみんなこんなんなのか?!


もう、お先真っ暗だった。

だから本当に本当に近しい友人にしか言わなかった。

言えなかった。


その日から、ゲームもパチンコも

大好きな洋服やバッグも控える

禁欲生活が幕をあけたのです。


************************


そんなドロ船スタートでしたが

3年前にお店も駅直結の商業施設に移転し

従業員を雇えるようになりました。

今年5月に、ハンドメイド商品の売り方を綴った

書籍も出版させて頂くことになりました。


正直苦手だった

ゆるふわで商売っ気のない「ハンドメイド」の世界。

でも気づけば私の選択は

ハンドメイドを仕事にすることでした。

好きなことを仕事にしている人が

どんな努力をしているのかを教える仕事でした。


私のストーリーが

「好きなことを仕事にしたい人」の参考になれば嬉しいです。

************************

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

まるで小説のようにグイグイ引き込まれました。
とても続きが気になります

たかはし あや

札幌で雑貨とアクセサリーの店 「キャラキター」をやってます。 UVレジン関連の商品の販売や、スクールもしてます。 「ハンドメイドの仕事塾」では ハンドメイドを仕事にしたい方のコンサルティングや セミナーやっています。 趣味はゲームとパチンコとカラオケですが ドロ船の船長に就任し

たかはし あやさんが次に書こうと思っていること

|

たかはし あや

札幌で雑貨とアクセサリーの店 「キャラキター」をやってます。 UVレジン関連の商品の販売や、スクールもしてます。 「ハンドメイドの仕事塾」では ハンドメイドを仕事にしたい方のコンサルティングや セミナーやっています。 趣味はゲームとパチンコとカラオケですが ドロ船の船長に就任し

たかはし あや

札幌で雑貨とアクセサリーの店 「キャラキター」をやってます。 UVレジン関連の商品の販売や、スクールもしてます。 「ハンドメイドの仕事塾」では ハンドメイドを仕事にしたい方のコンサルティングや セミナーやっています。 趣味はゲームとパチンコとカラオケですが ドロ船の船長に就任し

たかはし あやさんの他のストーリー

  • ゲームとパチンコが大好きな私がある日突然ハンドメイド雑貨店というゆるふわドロ船のオーナーになった話

  • たかはし あやさんの読んでよかったストーリー

  • 強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編