社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について3 高校編②

▲他3件のストーリー
社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について3 高校編②
▼他2件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
371

社会不安障害(SAD)と闘病中の男です。

病気について、発症、今までの経緯に関しては、ストーリー1を読んでいただけるとご理解できると思います。

http://storys.jp/story/15553?to=story&referral=profile&context=author_other

■深く考えていなかった文理選択 文系、理系どうする?

病気とは話がそれますが、後にブラック企業で営業として働くこととなる要因なので記載します。

私の通っていた都立高校は、2年生から文系、理系でクラスが分けられて授業カリキュラムもそれぞれ変わるという学校でした。

高校1年生の秋ごろ担任と面談をしました。「文系、理系どっちを考えてる?今の成績なら国立大学もいける可能性もあるから理系はどう?」と言われました。

職業についての冊子を渡され、自分が将来どう生きていくか、漠然と考えていました。

 

安定志向だったので、大手企業に入り働きたいと思っていました。

渡された冊子をみると文系場合は、企業には総務、人事、経理など事務系の仕事、営業や企画等の仕事があると書かれていました。

性格から考えて営業は絶対に向いていない、事務系の仕事があっているだろうと思いました。

16歳の私は企業がどういったものかなど、全くわかっていませんでした。

しかし大学に入って就職活動を始めてわかったのです。業界にもよりますが、文系の男性は、特別な資格などを取得していなければ、大半が営業に配属されるということが。

 

大学に関しては、理系は研究や実験、レポートで忙しく大変。文系は理系よりも時間にゆとりがあり、サークルなどのキャンパスライフを過ごすことができる。そんなイメージを持っていました。当時はまだインターネットがそれほど普及していなかったので情報も少なく、私は法律や経済、心理学に興味があったので、安易に文系にすることを決めました。

 

もし私のストーリーを読んでいる、文理選択前の学生がいたらよく考えてほしいです。

明確に将来なりたい職業が決まっている場合は問題ないと思います。

例えば、医者や看護師、弁護士、警察官、教師、研究者、建築士、コンピューターや機械関連の技術者、美容師、デザイナー、クリエイターなど。

しかし、実際に社会に出るときには時代の流れによって世の中が変わっています。

新卒の求人倍率や経済状況、業界の変遷、募集職種など、自分の思っている以上に変化は激しいです。

私の高校1年生の頃は、PHSや白黒画面の携帯電話でした。

パソコンも自宅にはなく、インターネットもまだそれ程普及していませんでした。

現在のように、インターネットやSNSが普及し、スマートフォンを当たり前のように使っている。当時の私はそんな未来は全く想像もできませんでした。

またブラック企業の存在や、うつ病などの精神疾患の患者が大量に増え、心療内科やメンタルクリニックがこんなにも増加することも。

断薬 薬をやめることについて

高校1年の冬ごろには、薬の効果を感じないこと、医師の治療方法にも疑問を感じていたので、断薬をしてしまい通院も止めてしまいました。

様々な病気(うつ病、パニック障害、社会不安障害など)で精神科や心療内科などで投薬治療を受けている方に伝えたい重要なことがあります。

受診をうけている医師が信用できない。薬も信用できない、副作用がつらいなどと思っていても、勝手に自己判断で断薬はしないでください!!

私は今まで色々な病院を転々としていましたので気持ちはわかります。

(その頃の詳しいストーリーについてはまた書きます。)

医師によって治療方針は全然違います。大量に薬を処方する医師。カウンセリングや認知行動療法を重視する医師。

ただ、精神薬を飲んでいるということは、薬によって脳や神経に影響が与えられている状態です。

勝手に断薬をすれば、その影響は必ず起きます。

症状の悪化や離脱症状などです。

離脱症状とは、薬を止めることによって起きる、副作用や体調の不良などです。

私も医師の判断なしに薬を飲むことを止めてしまい、離脱症状が起きてしまった経験があります。

薬を止めて、体内から薬の効果が抜けてしまって数週間後くらいです。

自宅にいるだけでも、ものすごい不安感や動悸に襲われました。

専門医の判断なしでの断薬は危険ですので止めてください。

医師が信頼できないのであれば、セカンドオピニオンをうけてみて下さい。

 

高校時代の続き、大学時代、ブラック企業勤務時代についてはストーリー4へ続きます。

もし興味をもたれましたら、患者の立場として取材をうけることや、書籍等を書かせていただくことは可能なので、ご連絡をいただければと思います。

フェイスブックでメーセージを頂いてもシステムの問題なのかメッセージが届きません。恐れ入りますがメールかツイッターにてご連絡をお願い致します。

ツイッターはバグなどで届かないことがあるので重要な場合はメールにお願い致します。

ツイッター ピースヤス@happy111_y

メール happy11yasu@yahoo.co.jp

同じ病気で苦しんでいる方や、その他の方も情報交換等できればいいと思っているので、

気軽にご連絡下さい。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版予定 東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正さんが次に書こうと思っていること

|

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版予定 東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版予定 東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正さんの他のストーリー

  • 社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について3 高校編②

  • 伊藤 正さんの読んでよかったストーリー

  • ハローワークへ行ったら掲載求人の半分以上がブラックだった!