軍艦島へ、観光地化される前に上陸した話 第一回

このエントリーをはてなブックマークに追加

廃墟の荒廃振りによるアートな美しさに魅せられて

2004年位から、各地の廃墟巡りをしていました。


軍艦島に上陸して、不法侵入の刑事時効である3年を過ぎ

尚且つ、軍艦島の有る長崎市も

特に民事的倍賞を問わないとのことなので

今、ここにその時の旅を記そうと思います。




当時は、まだ廃墟探索するには

ネット上に流れる情報も少なく

自らが見つけて開拓する時代でした。


物件の所在地は、いろいろとご迷惑がかかるだろうと

ボカされているのがマナーで

数少ない情報を頼りに物件を見つけに行ったり

独自に巡って、探し当てたりと

まさに、探検家の様に一山越えたり、森のなかを数時間かけて歩いたり

現代にはなかなか味わえない好奇心と感覚で

毎週のように、美しい物件を求めて各地を巡っていました。


今でこそ、ヴィレッジバンガード等で廃墟本等売られて

徐々に認知されてきているサブカルではあるものの

あのころは、一般人から数奇な目で見られる様な趣味でした。



そんな中でも、当時から軍艦島は廃墟巡りの聖地として君臨しており

前人未到とは言わないが、そう簡単に上陸できない空気と

上陸方法はタブー視され、上陸方法について調べたところで

誰も教えてくれることはなかった。

以前から噂があったものの

2007年、廃墟巡り界に激震が走るニュースが知れ渡ったのです!

2008年に軍艦島が観光地化され、誰でも上陸できると


しかし、遊歩道のある範囲しか見て廻れなくなるとの条件付き。

どれだけ憧れている軍艦島であろうと、こんな切ないことはない。


簡単には行けなかったからこそ

いつか軍艦島を細部まで巡って、脳味噌に刻み込んでやりたいと

軍艦島への熱思いを持っていた。


忘れもしない、軍艦島が観光地化される事が決定したというニュースが流れた時

今行かないと、二度と軍艦島を細部まで

自分の肉眼で見ることはできなくなる。



2007年夏

迷うこと無く、お盆休みの全工程軍艦島に当てることを決意しました。


なんの当ても無く、上陸できる保証も無かったけど

とりあえず現地に行けば、何かしら情報があって

漁師と交渉すれば上陸できるのではないかと、淡い期待を抱いてた出発前。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

内藤 亮

aprilia RS250とHONDA CRM250ARで全国を旅してます。

|

JTB感動STORY「旅ガタリ」のタグがついたストーリー

大回り乗車~房総半島編~

0話 何故アイスランドなのか

せっかくの出会いをふいにした初海外の話

せっかくの出会いをふいにした初海外の話

フランス・パリ旅行記がアドベンチャー(冒険記)になった話(前編)

★12★シングルマザーが子供二人を連れてイギリスに母子留学。心の洗濯をして帰国したら、グローバル企業の正社員への道が待っていた話。【イギリスの春風の中、機関車トーマスに乗る】

福岡から歩いて日本を一周する間に出会った人や出来事のお話 其の八

ネパール九死に一生スペシャル!う○ことトイレとヒマラヤと。

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その9:ニセ韓国人のユジン】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その8:問題だらけのバス移動】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その7:パタヤビーチへようこそ】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その6:狂気な祭】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その5:アメリカンクエスト】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その4:南京錠事件】

ほぼニート女がゾウに乗りたくてタイに1週間ひとり旅した話。 ~水かけ祭りと、ニセ韓国人と、ときどきマフィア~ 【その3:はじめての屋台】

内藤 亮

aprilia RS250とHONDA CRM250ARで全国を旅してます。

内藤 亮

aprilia RS250とHONDA CRM250ARで全国を旅してます。

内藤 亮さんの他のストーリー

  • 軍艦島へ、観光地化される前に上陸した話 第一回

  • 内藤 亮さんの読んでよかったストーリー

  • ピクシブでの開発 - 金髪の神エンジニア、kamipoさんに開発の全てを教わった話