社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について5 大学受験、大学編

▲他5件のストーリー
社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について5 大学受験、大学編
このエントリーをはてなブックマークに追加
171

社会不安障害(SAD)と闘病中の男です。

病気について、発症、今までの経緯に関しては、ストーリー1を読んでいただけるとご理解できると思います。

http://storys.jp/story/15553?to=story&referral=profile&context=author_other

出版社の選考に通ったので、2017年8月に著書『ぼくは社会不安障害』を発売します。


大学受験 浪人or受かった大学へ入学 どうする?

高校3年生になり症状が悪化し、十分な勉強ができなかったので、自分の現在の学力を知るため模試を何度か受けました。

MARCHレベルの大学には行きたい、特に明治大学に進学したいと思っていました。校風や実家から通うのにも便利で、就職も努力をすればある程度安定した企業に入れると考えてえていたからです。

今になって思えば、当時の社会の常識だと思われていたレールの上をただ走っていく、そんな浅はかな考えだったと思います。

模試の結果は、明治、立教、法政、合格C判定。

日本大学、専修大学はBやC判定でした。

現状では、MARCHレベル、特に第一志望の明治大学への進学は難しいと思いました。

社会不安障害の症状で学校の授業は満足に受けられず、予備校にも通えなかったので、

体調の良い時に自宅で必死に勉強をしていました。

しかし、受験直前の最後の模試でも結果は、変わりませんでした。


過去問題集をやっていて、明治大学は当日の問題内容によってはなんとかギリギリ行けるかもしれない、日本大学、専修大学は症状が出て試験を受けられないなどの状況にならなければ合格ラインだろうと思いました。

自分の行きたい学校を受けなければ悔いが残ると思ったので、

明治大学、法政大学、そして日本大学、専修大学を受験しました。

試験当日は、社会不安障害の吐き気や腹痛の症状が出ることがあったので、精神安定剤を多めに飲んで試験を受けました。

結果は、明治大学、法政大学不合格。日本大学、専修大学は合格でした。

結果を受けて冷静に自己分析をしました。日本大学、専修大学の両校に合格したのだから、そのレベルの学力には達している。

1年間浪人して再チャレンジすれば、明治大学にも行ける可能性は十分にある。

しかし、1年間勉強しても社会不安障害の症状で試験を受けらなかったら、今合格している大学にさえも行けないことになる。

浪人するか、手続きギリギリまで迷いましたが、病気で試験が受けられなくなってしまえば全てが無駄になってしまうと考え、専修大学の経済学部へ入学することを決断しました。

そしてあっという間に高校の卒業式になりました。休みがちで欠席日数はギリギリでしたが、なんとか高校は卒業することができました。

そして、充実した大学生活を送れるよう願い、大学の入学式を待っていました。

 

■大学入学 孤独なキャンパスライフ 非リア充生活 ランチメイト症候群 

4月になり大学入学を迎えました。入学式は日本武道館で行われました。

中学、高校みたいに孤立した学生生活ではなく、今度こそ充実したキャンパスライフを送るんだ。そんな思いを胸に登校しました。

登校すると、サークルの勧誘活動があちこちで行われていました。私もいくつかのサークルに声をかけられ、新入生歓迎コンパに参加しました。

しかし、孤立していた高校生活で落ちたコミュニケーション力、また社会不安障害の私はコンパのノリには全くついていけませんでした。地味そうなサークルにも行ってみましたが、そこでも同級生や先輩とは上手くコミュニケーションがとれませんでした。

これでは、サークルに入っても浮いてしまうだけだなと悟り、サークルに入ることは諦めました。

授業などで徐々に自分に合いそうな友人を作っていけばいい。そう考えていました。

 

私の時代、専修大学の経済学部は、1年時は入門ゼミという授業があり、担当教授が担任になり、クラスのような形になっていました。

また、英語や第二外国語も基本的にそのクラスの学生と一緒に受けるというスタイルでした。

しかし、社会不安障害の私はゼミでの発表や語学の授業での音読や、発言で極度の緊張や吐き気の症状が出てしまい。授業に参加できなくなりました。

大学にも通えなくなり、入学して1か月ほど家で引きこもるようになってしまいました。

そんなある日のこと、ゼミの担当教授から自宅へ電話がかかってきました。

どうして大学へ来ないのかと聞かれました。

私は「ゼミでの発表や発言で緊張してしまい吐き気が出てしまう。精神科に通院していて精神安定剤を飲んでいます。」と正直に伝えました。

教授は「わかった。自分のゼミでは発表や発言はしなくていいから、大学へ来なさい。辛いのはわかるけど、今ここであきらめてしまったら後悔することになるんじゃないのか。」

と言われました。

もし、担当教授のこの電話がなかったら私は1年生で中退していたと思います。

この担当教授は私を気にかけてくれ、電話までしてくれて、本当に感謝しています。

 

私は、ゼミの授業にだけ再び通うようになりました。

しかし、入学して1ヶ月程経っていたので、ゼミでは皆それぞれ友人を作り、サークルなどにも入っており、私は友人も作ることもできない状況でした。

復帰後、ゼミの授業と発言などが求められない大教室での講義の授業だけは受けることができました。

しかし、大きな問題がありました。それは昼食です。

便所飯、ランチメイト症候群、この言葉を聞いたことはありますか?

一時期、ニュースやワイドショーなどでも取り上げられていた話題です。

学校や職場で一緒に食事をする相手がいないことに恥ずかしさや恐怖を覚え、トイレの個室で食事をとったり、昼食を食べなかったりすることです。

大学に通っていた方はわかると思うのですが、学食は昼食時にはとても混雑します。

また、友人同士やサークルのたまり場になっていて、席の確保が難しい場合が多いです。

わたしもランチメイト症候群でした。

学食に行っても一人で食事をしている学生はほとんどいません。

周りの目が気になって、学食では食事ができませんでした。

さすがにトイレで食べるのには抵抗があったので、弁当を買って空いている教室や人が少ない大教室などで4年間一人で食事をしていました。

あくまでも私の考えですが、ランチメイト症候群の方は、社会不安障害の予備軍だと思われます。

社会不安障害の症状で「会食恐怖」というものがあります。

他人と一緒に食事をする際に、動悸やのどの渇き、吐き気等の体の不調が起きる。

レストランなど公共の場で他人の目が気になって食事ができずに、店に入れないなどの症状が典型的です。

復帰した大学生活でしたが、1年時は単位がほとんど取れずに、2年時に語学の授業は再履修をしました。

2年以降になると、ゼミに入らない限りは、基本的に大教室で講義を聞いてレポートや試験を受ければ単位がとれるという授業をほとんど履修していたので、大きな問題は起きませんでした。そしてストーリー4で記載したような、メンタルクリニックへの不信感もあったので通院も止めてしまいました。


唯一の憩いの場 大学の図書館、ジム

そんな孤独なキャンパスライフでしたが、唯一の憩いの場がありました。

大学の図書館とジムです。

日によって履修している授業の関係で空き時間ができることがありました。

サークルに入っている学生などは、サークルの部室に行ったりしていました。

私の行く場所は、図書館とジムです。

大学の図書館には、パーテーションで仕切られたAVルームがあり、映画などのDVDが自由に見られました。

私は空き時間や授業が休講になると、AVルームに行き映画を見たり、読書をしていました。そこが誰にも見られず自由に趣味を楽しめる唯一の空間でした。

 

また、大学のジムが学生は低料金で自由に利用できたので、授業が終わって自宅へ帰る前には、ジムに行って体を鍛えていました。

専修大学はスポーツに力を入れていたので、ジムには最新のマシンが揃えてあり、一般のスポーツジムに行くよりもコストパフォーマンスも良かったです。

卒業生には、元ニューヨークヤンキース、広島カープの黒田投手。巨人の松本選手。プロレスラーの長州力選手。ボクシング世界チャンピオン山中慎介選手。プロサッカー選手やバスケットボール選手。オリンピック選手などが多数います。

 

そんな憩いの場がありましたが、孤独なキャンパスライフは、皆さんの想像以上に辛いです。友人がいないので人との接点がありません。誰とも会話のない1日が当たり前でした。

他の学生が友人と楽しそうに会話をしているのを眺めていると、やり切れない思いに何度もなりました。

また、友人のいる学生はテスト前になるとノートやプリントの貸し借りができます。そのためバイトなどで授業を休むこともできます。私は授業を休んでしまうとプリントやテスト、レポートについてなどの重要な伝達事項や情報が全く入手できない状況になってしまうので休むことはできません。

余程、体調が悪いことでもない限りは休まずに大学へ通っていました。

そんな状況だったので、中退しようかと考えたことは何度もありました。

しかし、今までの苦労が全て無駄になってしまう。

就職にも不利になってしまう。

その一心だけで、なんとかモチベーションを保って通学していました。


私がこのストーリーを書こうと思った理由、そして読まれた方に伝えたい重要なことがあります。


社会不安障害(SAD)を発症する年齢は様々です。私のように学生時代に発症する方、

社会に出て企業で働いていて30代、40代の管理職やある程度の立場になって発症する方もいます。

この病気は、日本国内に推定で約300万人以上の患者がいると言われており、

世間には認識されていませんが、決して珍しい病気ではありません。

また、世界中に苦しんでいる方が大勢います。

自分には全く関係ないと思っていても、誰にでも発症する可能性がある病気です。

そして、引きこもり、自殺、貧困、犯罪、精神疾患(うつ病、アルコール中毒、パニック障害など)を併発する原因になる、とてもやっかいな病気です


学生時代に発症した場合、症状の度合いにもよりますが、適切な治療を受けずに重症化してしまうと、教育の機会を奪われてしまいます。

それは、学校の授業を受けられない。そういったことだけではありません。

学校の授業レベルなら独学でも勉強することはできます。

社会へ出てから必要となる、コミュニケーション能力や人間関係の形成ができなくなります。

また、大学生であれば、健康なら色々なことにチャレンジできます。

アルバイトなどで社会経験をつんだり、人間関係を作っていく。

ボランティアやNPO、インターンシップ等で社会を見てみる。色々な活動を行って人脈を作ったり、経験を積む。学生起業をしてみる。専門的な研究に取り組んでみる等、色々なことを体験できる重要な期間です。

学生時代に社会不安障害(SAD)を患ってしまうと、社会に出てから生きていく上で必要になる、非常に大切な経験ができなくなってしまうということが大きな問題なのです。

社会に出て発症してしまう場合は、せっかく本人に才能や能力があっても、それを生かす機会も奪われてしまいます。

高いクオリティの仕事をできる方でも、病気の為にしかたなく休職や退職に追い込まれてしまう。

研究者として優秀で、例えばノーベル賞を受賞してもおかしくないほどの方でも、社会不安障害を発症してしまえば、研究にも支障が出る、またその研究の成果を発表することさえもできなくなってしまいます。

芸能人やスポーツ選手などが発症してしまえば、その才能を生かすこともできません。海外では社会不安障害であるとカミングアウトされた有名人やスポーツ選手もごく少数ですがいるようです。

病気を発症してしまうのは、様々な要因があるので防ぎようがないかもしれません。

ただ、重症化する前に精神科等で適切な治療さえ受けることができれば、短期間で復帰もできます。

しかし、本人があがり症や対人恐怖症など性格の問題だと思い、病気を発症しているにもかかわらず、治療をおこなっていないケースが多々あり、

精神科、メンタルクリニック等へ行っても、適切な診断、治療ができない医師が非常に多いのです。

日本の精神科医療は欧米に比べ大きく遅れていると言われています。

医師の数や精神科病床数の数は多いのですが、医療制度、治療方法、治療に対する考え方が欧米とは大きく違う現実があります。


アルバイト、孤独な大学生活での単位の取得方法、自動車免許取得、成人式、同窓会など書ききれない色々なエピソードはあるのですが、長くなってしまうので割愛します。

そして3年生の秋になりいよいよ就職活動が始まるのです。

この続きのストーリーは、著書『ぼくは社会不安障害』に色々と書いています。


もし興味をもたれましたら、患者の立場として取材をうけることは可能なので、ご連絡をいただければと思います。

フェイスブックでメーセージを頂いてもシステムの問題なのかメッセージが届きません。恐れ入りますがメールかツイッターにてご連絡をお願い致します。

ツイッターはバグなどで届かないことがあるので重要な場合はメールにお願い致します。

ツイッター ピースヤス@happy111_y

メール happy11yasu@yahoo.co.jp


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版。著書『ぼくは社会不安障害』東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正さんが次に書こうと思っていること

|

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版。著書『ぼくは社会不安障害』東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正

社会不安障害(SAD)の本を出版。著書『ぼくは社会不安障害』東京都在住。社会不安障害(SAD)という病気を患っています.大学卒業後、上場企業、メーカー、商社等で勤務 ツイッター、ピースヤス@happy111_y ※フェイスブックのメッセージはシステムの問題で届きません。

伊藤 正さんの他のストーリー

  • 社会不安障害の引きこもり、自殺未遂の私が大学を卒業し、ブラック企業に就職して営業で仕事していた話。そして精神科治療の問題点について4 高校編③

  • 伊藤 正さんの読んでよかったストーリー

  • 「私と同じ苦しみを、子どもたちが受けずに済むように」:発達障害のある大人たちの願い