『気まぐれ河瀬』が出来るまで

このエントリーをはてなブックマークに追加

人は親しい人から学ぶことが多い

『河瀬さんを表すコトバはなんですか?』
そう聞かれたら迷わず
「気まぐれ」
というコトバを選びます。
今日はそんな男が出来るまでの気まぐれストーリー♪
私は小学校や中学、高校、大学で
友達と「つるむ」のが苦手な男の子でした。
・・・今でもそうですが(笑)
小学校の低学年までは
みんなから笑いをとる鉄板ネタを持っていましたが
高学年になると落ち着いた生徒になり
一人でいることが多い『一匹狼』的な存在に・・・
『一匹狼』ということですから
友達と予定を調整することも少なく
ほぼフリーな予定の中で生きてきました
しかし、その『一匹狼』は大学を卒業した今・・・
多くの人と関わることで『気まぐれ男』に変化しました
関わる人の中で私が最も多くの影響を受けたのは
・好きな人
・親友
・仲間
この3種類の人間です

好きになった人は気まぐれでした

まずは『好きな人』のお話から・・・
私が好きになった人は
実はとっても気まぐれな女性だったのです!!!!笑
彼女は急に連絡をしてきて
「これから遊ばない?」
と大抵の場合は当日にお誘いをしてきます
彼女の期待に応えようと
私は9割ぐらい、そのお誘いに乗っていました
・・・はい、私はとても純情な男です(笑)
遠いところまで会いにいくこともありましたが
たいていは「お茶」をしたり「ドライブ」をしたりと
些細な用事でした
でも、そんな些細な用事での集まりは
「いつでも出来る」という理由から
先延ばしにすることって多いですよね
・・・今思うと、彼女のそういうところを尊敬しています♪
私はこうしてその女性と関わることで
「気まぐれに相手を誘う術」を学びました

したいときに、したいことをする

つぎに、『親友』のお話・・・
実を言うと・・・初めて彼に会った時には
ここまで仲の良い関係になるとは思いもしませんでした
なぜなら、彼には黒い噂が耐えなかったから・・・(笑)
しかし、そんな彼とは高校のクラス替えで一緒になって以来
多くの時間を共に過ごすことで
今となっては一番の親友となりました
そんな彼と河瀬は
当日に会ってからその日の遊びを決めることが
9割ほどを占めています!!!!(笑)
高校の下校時間になると
とりあえず自転車で八王子の浅川へ行き
「今日は水切りでもしますか」
「今日は語りますか」
「立川のキックマシンをやりにいきますか」
「公園でおでんを食べましょう」
など、その日の天気と気分で遊びを決めていました
その関係は大人になった今でも変わりません(笑)
そんな彼との遊びは「行動力」が原動力ではありましたが
実は遊びを思いついてからの
彼の素早い「計画力」が行動の決めてになっていたことを
最近になって感じることが多いですね
私はこうして彼と関わっていくことで
「気まぐれな行動を行う術」を学びました

チャラ男と呼ばれた団体活動

最後に「仲間」のお話・・・
私は基本2、3人で遊ぶことが多かったので
5人以上のコミュニティでの
自分の活かし方がわからずにいました
しかし、大学3年の春に
「就活のアピールネタ探し」という
なんとも下品な理由により
大人数の中での自分の活かし方に気づくことが出来たのです
そのキッカケとなったのは
学外での団体活動
それまでは引っ込み思案な男の子の河瀬でしたが
「少し世界を広げてみたい」と想い
団体活動を始める時にひとつ決めていたことがあります
それは「キャラを作って演じてみよう」ということ
ただ、明確なキャラ設定は考えていなかったので
初めて団体活動に参加する日は
「とにかく話かけよう」と思い必死でした
考えもなくとりあえず話しかける様子を見て
周りの人からは「チャラ男」と呼ばれ
いつの間にかキャラ設定が確立されていたことには
正直驚きましたが・・・(笑)
そうして、団体活動に慣れていくと
2つの「自分の役割」に気づきました
1つ目は「常に天邪鬼(あまのじゃく)な存在であること」
 団体で活動するためには
 同調することが有効的だと考えていましたが
 それでは見落としてしまうことがあります
 ですから私は
 全体が盛り上がっている時は
 全体を冷静に見渡し観察する
 全体が冷め切っている時は
 空気が読めないフリをして
 全体をかき回す
 つるむのが苦手な私には
 この役割がピッタリだと感じました
2つ目は「些細なことから情報共有を徹底すること」
 団体で活動をしていると
 上辺だけで付き合う人も多く
 一対一で関わる人は限定されてしまうことがあります
 ですから私は
 できるだけ多くのメンバーと個人的に連絡をとり
 嬉しい情報があればみんなに報告をし
 辛いことがあればみんなに相談をし
 秘めている企画があればみんなに拡散する 
 みんなに話すことで
 嬉しさは2倍に 悲しみは半分に
 些細な企画もリアルタイムに共有することで
 意外な人をも巻き込むサプライズ企画に 
 知っている情報が少しでも多ければ
 他の人を巻き込んで出来る可能性は広がりますよね
 
こうして見ると・・・
この2つの「自分の役割」には
「チャラ男」というキャラ設定は便利でした(笑)
私はこうして
「気まぐれに相手を誘う術」
「気まぐれな行動を行う術」
をいつの間にか実践していくことで
「気まぐれ河瀬」を作り上げていたみたいです♪
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

河瀬 昌昭

【主な活動記録】 『所属団体&主な活動』 ・八王子市「子どもミーティング」学生サポーター  ・学生団体KEAOS モチベーションマネージャー 兼 事務局 【大切にしていること】 ・親友・仲間・家族 ・『For You』の精神 ・大切な人の誕生日 ・自分が叶えられる相手の望みは叶える ・自分軸で

|

自分が考える事・自分についてのタグがついたストーリー

河瀬 昌昭

【主な活動記録】 『所属団体&主な活動』 ・八王子市「子どもミーティング」学生サポーター  ・学生団体KEAOS モチベーションマネージャー 兼 事務局 【大切にしていること】 ・親友・仲間・家族 ・『For You』の精神 ・大切な人の誕生日 ・自分が叶えられる相手の望みは叶える ・自分軸で

河瀬 昌昭

【主な活動記録】 『所属団体&主な活動』 ・八王子市「子どもミーティング」学生サポーター  ・学生団体KEAOS モチベーションマネージャー 兼 事務局 【大切にしていること】 ・親友・仲間・家族 ・『For You』の精神 ・大切な人の誕生日 ・自分が叶えられる相手の望みは叶える ・自分軸で

河瀬 昌昭さんの他のストーリー

  • 「プライド」と「悔し泣き」

  • 河瀬 昌昭さんの読んでよかったストーリー

  • 兄の結婚式で泣きすぎて司会の人を困らせた話【第1話】