気づけば次の扉の鍵を開けていた -回想編-

このエントリーをはてなブックマークに追加
19

この経験は自分の糧になる。


本当にやりたいことをするために、あなたは何を犠牲にしますか?


お金?時間?


僕にはやりたいことをすぐやる為のお金はない。だがお金がなくても自分の時間を使って経験値を積む。「人生はロールプレイングだ」とよく言われるが本当にそうだと思う。


勇者は「魔王を倒すため」に魔王の住処を探し、そのために強くなる。目的を達成できない勇者はいないのだ。挫折すれば塵が積もるだけである。

※注意 僕はあまりゲームはしません


僕は自由な生活を送る為(魔王を倒す)に会社を設立する。武器は知識、防具はお金なのだ。

どちらか一つでも欠けてしまったら攻略はできない。


時間は限られている。震災が起きたときに僕はいろいろと考えた。このままいつ自分が死ぬかわからないのに会社に尽くすことはできない。これがやりたいこと?それは違う。


社会不適合者と言われても自分のやりたい事にとことん向き合って生きていきたい。それが叶わないなら生きていても仕方ない。

これは自分の中での覚悟でした。この覚悟は自分を奮い立たせ、一種のアドレナリンを分泌させる意志となっています。


どんない遠回りしても、笑われても、目標達成の為に自分は生きていこう。


そう思ったのでした。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

清水 一磨

29歳。独立して飲食業開業、そして自由なライフスタイルを確立しようと奮起しています。 FaceBookの申請やフォローはご自由に!メッセージを送られる場合、Storysと言ってくれるとうれしいです。

清水 一磨さんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

私が上場企業の役員の地位を捨て、海外移住に踏み切った理由(3)危機感1 英語ができないとヤバい

立ち直った26歳②

違和感を感じたら、さっさと居場所を変えましょう

写真家長谷川美祈さんの【Internal Notebook】がドイツのカッセルダミーアワードのショートリストに選考されました

〜少年時代の僕へ送る手紙〜

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その5~そして「自由」へ

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その4~復活

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その3~本当の試練の始まり

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その2~リバウンドは突然に

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。その1~ブクブク・ポッチャリ

「バチェラー」から学ぶ。「相手のどこを見るか」

コンプレックス固まりの少年が25キロ減量し、ダイエットを教えることを決意する。序章

20歳で月に200万稼いだ男が無一文になって歩いて日本一周するまでの話

18歳の大学生が祖母と二人暮らしした4ヶ月 その1

立ち直った26歳①

清水 一磨

29歳。独立して飲食業開業、そして自由なライフスタイルを確立しようと奮起しています。 FaceBookの申請やフォローはご自由に!メッセージを送られる場合、Storysと言ってくれるとうれしいです。

清水 一磨

29歳。独立して飲食業開業、そして自由なライフスタイルを確立しようと奮起しています。 FaceBookの申請やフォローはご自由に!メッセージを送られる場合、Storysと言ってくれるとうれしいです。

清水 一磨さんの他のストーリー

  • 気づけば次の扉の鍵を開けていた -前編-

  • 清水 一磨さんの読んでよかったストーリー

  • インドに一人旅しても価値観が変わらなかった話