青春再放送 1−1

このエントリーをはてなブックマークに追加

4/3(金)

新宿の西口からバスで木更津に向かう。よく木更津まで通うな。

窓の外を眺める、高速のオレンジの灯りが流れていく。

この世で一番足を引っ張る町、バラナシ。そこで会った友達が店をやってるからって、毎回、何をしに行くのか。

イヤホンを耳にして、本を取り出し「ソロモンの偽証」のページを開く。時代設定がちょうど俺が高校に通っていた時期と近い。登場人物が多すぎて、これどう収拾するんだろう。


木更津駅からタクシーで10分。店のドアを開き、カウンターに座る。

「バーボン」と頼む。

「どうしたんですか?また、何かの影響?」

「うん、沢木耕太郎のバーボンストリート読んだんだよ」

好きだねと言われ、Maker'sが出てくる。

店内を見渡すと、ボックス席に3組ほど入っていて、カウンターのふた席に大きな荷物が置かれている。

バーボンを飲みながら何かつまみでも頼もうとしたら、カウンターの端から話しかけられらた。

「ども、久しぶりです」と、パーカーを頭から被っていたから気づかなかった。よく会う常連さんだ。

え?なんでパーカー?いや、明日、福岡でももクロのライブ行くんで、頭、赤く染めたんですよ。期間限定で。いや、愛がすごいですね。いやいや。そういえばボク、今月末にでんぱ組観に行くんですよ。

初めてのアイドルで今からドキドキで。と、一頻り、アイドル話で盛り上がる。アイドルの話できるって楽しい。

「タンカレーをソーダとトニック半々で」アイドルをつまみに酒がすすむ。


店のドアが開き、女の子が一人で入ってきた。レンズなし黒縁メガネだ。

カウンターの荷物の謎が解けた、彼女の荷物だ。客は気づけばカウンターの三人。

カウンターの左端にはimacが置いてある。itunesはもちろんyoutubeからも音が出せるし、いいスピーカを置いてるから音がいい。この店の魅力の一つだ。


メガネの彼女はmacを触り「one ok rock」をかけた。

それを聞いているうちに、どうしても見たいMVがある。ので、勇気を出して「次、ボクがかけてもいいですか?」を話かける。あ、いいですよ。何、かけるんですか?いや凄い好きなんですけど、一人じゃ見れないんですよ。

銀杏BOYZの「ぽあだむ」をかける。

「あ、長澤まさみだ」うん、長澤まさみちゃん。でも、いつものまさみちゃんではないよ。

「え?」とレンズなしの眼が問いかける。いや、いいから見てて。

長澤まさみちゃんのはにかんだチュー、キラキラのメロディからの「イェー」

女の子達のキス顔が続く。女のは可愛い。全ての女子は可愛い。

「ぽあだむですね」料理を作っているハシが奥からでてくる。

「ぽあだむ見るとつらくなって、一人じゃみれないんだよ」分かりますよ。最近、銀杏きかないですもん。音にもってかれるから。

「わかる」とキク。 全員でポアダムを見る。最後にもう一度、長澤まさみちゃん。

いい曲の一言ではかたづけらない。キラキラしてる、女の子は可愛いでも、つらい。

自分の感情を持て余していると、彼女は言った「今日、あたしの誕生日なんだ」


つづく

   




読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Sim Tomo

KETTLES

Sim Tomoさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

これから肺がんを生き抜いていく人たちのために(1)

「元素の勉強」に驚きと感動を!!熱狂と興奮を!!とある塾長の実録奮闘記

私が今死んでない理由

最終話:11歳で母を自殺で亡くした若者が生きることを諦めなかった『からあげ』の話。

③『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その3(再婚とオンライン空間)

②『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その2(シングルから再婚へ)

①『50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。』序章その1(シングルになった経緯)

50歳のバツ2ママが、突撃アメリカで大富豪に直談判しビジネスチャンスを掴んでしまい・・そこからが本物試練の始まりだった件。そのゼロ回

殺したいほど憎かった酒乱の親父が言っていた「〇〇になるなよ」という言葉が生きる力になっている話

23歳、社会人1年目の僕が“うつ”で死にそうになり、8コ上の萌え声お姉さんの「そっか、あなたは○○をしたかったんだね」というたった一言に泣き崩れ、生きる活力をもらった話。

急に旦那が死ぬことになった!その時の私の心情と行動のまとめ3(本編)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話

就活生へ捧ぐ、ベンチャー企業に入ろうしていた私が大企業に入った理由

飲食業勤め最後の一年。

高校時代は日本の教育に疑問。今は教育業界で働くワーキングウーマンの話し。

Sim Tomo

KETTLES

Sim Tomo

KETTLES

Simさんの他のストーリー

  • セブのジュリアナ

  • Simさんの読んでよかったストーリー

  • カタルーニャの記憶