【第1話】32歳の喪主

このエントリーをはてなブックマークに追加
174

「亜細亜って漢字が大好きだから
名前を「亜也」にしたのよ♪」


母から何度、
その話を聞いたか分からないけど
私の名前はそんな感じで決まった。

そして、その名前を付けてくれた
母は2年前の夏に癌で死んだ。


多発性骨髄腫という癌だった。


この癌は血液の悪性腫瘍で
骨髄の中で骨髄腫細胞という
がん細胞が増える病気だ。

同じ血液癌には白血病やリンパ腫などがある


多発性骨髄腫は治療をしても完治はせず
再発が必ず起こる癌である。


母が初めて多発性骨髄腫になったのは
今から約6年前だったと思う。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

松本 亜也さんが次に書こうと思っていること

|

松本 亜也さんの他のストーリー

  • 【なぜ 喪主の話しを書こうと思ったのか】32歳の喪主