11、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(タロットとの出会い、前世療法ふたたび)

▲他9件のストーリー
11、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(タロットとの出会い、前世療法ふたたび)
▼他1件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
111


タロットカードを作った???

2011年2月4日

ロミロミ師匠の佐藤久笑先生から届いたのは、「ハワイアンアロハタロット」 でした。


レイキ師匠の佐藤人志先生と共同で製作したとのこと。

同封されていたメッセージカードには、

「ワークショップなどで皆さんが集まった時に遊んでみてね♪」と書いてありました。


えええーっ!?


何?何?何? どういうこと?


タロットカードを作ったの?


作るってどういうこと?


なんか、可愛いけど~、怖くないみたいだけど~、


これ本当にタロットカード?


っていうか、タロットって、どうやって使うの?


みんなで遊べるものなの?



とにかく驚きでした(笑)


それまでタロット占いを受けたことも一度も無かったのです。


とりあえず1枚引いてみたところ、出たカードは、


ウニヒピリ1 「レイ」 


同封されているガイドブックによると、このカードは

「純粋、贈り物、親愛の印」などの意味があるらしい・・・。


ま、確かに、贈られたんですけど・・・

親愛の印・・・嬉しいです。ありがたく受け取ります・・・。





って、何?何?何?


タロットカードって作れるの!?


っていうか、お二人はそんなに仲良かったの?


いつの間に作ってたの~???



と、ひたすら驚きました。


当時の私は、タロットカード自体に本当に興味が無いどころか、「怪しい」というマイナスイメージを持っているくらいでした。


と、言いつつ、実はその1年くらい前から、「オラクルカード」(ドリーン・バーチューさんのマーメイド&ドルフィン)という前向きなメッセージが貰えるカードは持っていました。

手作り小物の委託販売をしつつ、編み物のワークショップをやらせて貰っていた癒しのお店「スマイルシェア」さんに置いてあったのです。急に魅かれて買って、たまに引いていました。


そして、しっかりオラクルカードの魅力を感じて、そのカードだけではちょっと物足りなくなって、

また別のオラクルカード(ソニア・ショケットさんの)も買ったりして、


密かに

「これで引くカードって、ただの偶然じゃ無いんだよなぁ。

ちゃんとその時に必要なメッセージが出るんだよなぁ・・・。何でだろう?」

なんて、気になってたのです。


ただ、オラクルカードとタロットは、当時の私の中で、完全に別物扱いでした。

オラクルは前向きなメッセージが貰える良いものだけど、タロット(いわゆる占い)は「怪しい!」 みたいな思い込みで、完全にブロックされていました。

なので、自らタロットカードを手に取る、という流れは無かったと思います。


そこに突然現れた「ハワイアンアロハタロット」のことは、良く分からないながらも、

信頼する大好きなお二人が作ったカードなら、良いものなんだろう・・・


と、お二人の人柄ありきで、受け入れる感じでした(笑)


せっかくいただいたので、使い方を教えて貰いたい!

っていうか、二人でこういう物を作っちゃうっていうこと自体がなんか面白い!

と、その後開かれた「1DAY体験講座」に参加してみました。信頼するお二人が開いている講座なので、怪しくは感じませんでした(笑)




またやってみた前世療法

そんな頃、本屋さんでぶらぶらしていると(しょっちゅう本屋さんでぶらぶらしています、笑)

前世療法のCDブックを発見しました。

以前友達に借りてやってみたワイス博士のとは違うもので、日本人が作っているらしいCDでした。

ふと目に留って、「ああ、またやってみたいな。」と思い購入。


お風呂で半身浴しながらリラックスして聴いてみると、前世らしきものが見えました。


***


世の中全体が暗い印象の中世ヨーロッパという感じで、私は男でした。


石の家に住んでいて、キャンドルの薄暗い明りの中で、ご飯を食べていました。

私は、その集落のリーダー(村長みたいな立場?)のようでした。

村の秩序を守り、平和を保つため、皆をとても厳しく監視して、指導していました。少しでも乱れると、もっと上(国?王族とか?)から目をつけられて色々と大変だから、問題を起こしてはいけない、というムードでした。


村の秩序を守るためには、まず自分と家族がお手本とならなければ!

それがリーダーのあるべき姿!


と思っていて、自分と家族にとても厳しくしていました。

妹がいて、妹は、スピリチュアルなヒーリング能力があったのか、人のためにその能力を使って奉仕したい、みんなを笑顔にしたい!と、その能力を人々にオープンにして活動したがっていました。

ですが、兄でリーダーである私は、そんなことをしたら御上に目を付けられて大変!秩序も乱れる!笑顔より勤勉さ!という感じで、必死に妹を抑えつけていました。


そんな真面目一徹な人生の最後、死ぬ瞬間が見えました。


真面目にやっていた甲斐があり、村では大事件や大問題は起きませんでした。

自分が目指していた真面目なリーダーとしての生涯を、無事に終える瞬間に私が感じていたのは、



ああ~ つまんなかった!


全っ然 おもしろくなかった!!



自分にも妹にも村のみんなにも、



もっと自由にさせてあげれば良かった!



という気持ちでした。


***


その時代の妹は、yukataroさんでした。

yukataroさんとは、半年ほど前からワークショップを一緒に開催するようになって盛り上がっていました。とにかく「面白いことをやろう!」「みんなで楽しもう!」というのが合言葉のように、ワークショップの前日には「明日も楽しみだね!」とメールして、終われば「今日も楽しかったね!みんなも楽しんでくれて良かったね!」とメールするような感じで、お互いに「楽しい!」ということを言い合っている感じでした。


それに、私とのコラボ企画じゃなくても、yukataroさんが新しく始めようとしていることを、すごく応援したくなる気持ちが私の中にありました。


そして、この前世・・・


ああ、だからかぁ~


自分たちも、周りの人も一緒に楽しむということに、こだわりたくなるとか、

yukataroさんを応援したくなるのは、この前世の後悔があったからかぁ~


と、腑に落ちまくりでした。


そして、この前世を見て、すぐに独身時代の職場のことも思い出しました。

コールセンターで、職場がうまく廻ることを最優先に、自分がみんなの模範とならなきゃ、という気持ちで、真面目に働いていました。


でも、それだと息が詰まって、身体もきつくなって「疲れた」が口癖の働き方でした。職場は表面的にうまく廻っていても、家はぐちゃぐちゃで、身体はぐったり、プライベートを楽しめる状態ではありませんでした。


ただ真面目にやる


全体の平和のために自己犠牲で務める


リーダーは、誰よりもストイックにやる


そういうやり方じゃダメなんだ!


何か(誰か)が頑張らなければ成り立たない成功じゃなくて、


それぞれが自由に楽しくやっても


全体がうまく廻っている状態を目指したいんだ!



そう思いました。




そして3月。

スマイルシェアさんでニットカフェをやっている最中に、東日本大震災が発生しました。




12、に続きます。少しでも「読んでよかった」「続きが聞きたい」と感じられたらボタンをクリックしてただけると嬉しいです♪ ありがとうございます♪


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

楽しみにしていました〜\(^o^)/
アロハタロットがついに出てきて
さらに盛り上がって来ましたね。
早く次が読みたいです!

前世は、興味なかったのですが、komoさんの読んだらちょっと気になるかも(^_^;)

keikoさん、ついにタロット登場しました(笑)
前世のことは、気になった時が試し時かな〜と思いますよ〜

秋間 直子

心と体と魂が喜ぶことを自由に探究中の主婦です。 ●編み物好きが高じて かぎ針編みワークショップ講師  ●アロハ~な絵とカードの可能性に魅せられて ハワイアンアロハタロット占い師&講師 ブログ「こものて」http://komonote.exblog.jp/

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

実話!魔法のランプが3つの願いを叶えてくれたすごい話。

31歳 妊娠4ヶ月 肺ガン発見から妊娠継続治療法を選択し命をかけ出産をしたシングルマザー〜出産編〜

ボクが京大を7回受けたワケ

京大英語で8割、京大数学で7割をとった方法

余命2ヶ月!末期ガン宣告された父を持った娘の日記-3-

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

劇団四季で学んだプロフェッショナルとアマチュアのほんの僅かな違い~生き残る人・消える人~11のポイント

大切な人を失った女の10年+αの話

癌が消える!?工場の話だとばかり思っていた「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)をガン細胞のことに置き換えてみると、お金が節約できて元気になることが小学生でもわかるという話【前編】

『常識とは18才までに積み上げられた先入観の堆積物にすぎない』

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第7回〜完結編〜)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

3.11のあの日 東京で

あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。

鬱病で半年間寝たきりだった僕が、PC1台で世界を飛び回るようになった話。

秋間 直子

心と体と魂が喜ぶことを自由に探究中の主婦です。 ●編み物好きが高じて かぎ針編みワークショップ講師  ●アロハ~な絵とカードの可能性に魅せられて ハワイアンアロハタロット占い師&講師 ブログ「こものて」http://komonote.exblog.jp/

秋間 直子

心と体と魂が喜ぶことを自由に探究中の主婦です。 ●編み物好きが高じて かぎ針編みワークショップ講師  ●アロハ~な絵とカードの可能性に魅せられて ハワイアンアロハタロット占い師&講師 ブログ「こものて」http://komonote.exblog.jp/

秋間 直子さんの他のストーリー

  • 10、専業主婦が、目指してないのに何故かタロット占い師になり、それを受け入れるまでの体験談(ロミロミレッスン、伊勢神宮)

  • 秋間 直子さんの読んでよかったストーリー

  • 『思考は現実化する』が本当かを突き詰めるため、仕事にも出ずに9年も真理探求をした結果、、、、『信じる力』が生まれ、神秘体験が繰り返されるようになった話 vol.5 ~リーディング~