ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。粗筋

このエントリーをはてなブックマークに追加

46歳、サラリーマンマンを辞めて独立後9年。

紆余曲折を経てようやく2年前に立ち上げた会社が軌道に乗り始め、事務所を移転した矢先の突然の腹痛。

悪い予感は的中して肝臓、リンパ転移の大腸ガン、最悪のステージ4(末期)。

何と余命12ヶ月宣告。

妻と中学に入学したばかりの息子、住宅ローンと事業運転資金、事業の為に受けた投資資金、ようやく軌道に乗った会社をどうするか?

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

野中さん、
ガンとわかってからの前向きな行動、直感を信じて行かれた屋久島、息子さんと見たいと思って行った天の川、素晴らしいと思いました。

野中 秀訓

1968年2月1日 栃木県に誕生 1988年 国立高専を卒業し精密機器メーカー入社 1993年 韓国現地法人拠点長として渡韓10年間駐在 2005年 精密機器メーカーを退社し起業 2012年 アンチエイジング株式会社設立 2014年6月 ガン発覚 7月余命12ヶ月宣告

野中 秀訓さんが次に書こうと思っていること

|

野中 秀訓

1968年2月1日 栃木県に誕生 1988年 国立高専を卒業し精密機器メーカー入社 1993年 韓国現地法人拠点長として渡韓10年間駐在 2005年 精密機器メーカーを退社し起業 2012年 アンチエイジング株式会社設立 2014年6月 ガン発覚 7月余命12ヶ月宣告

野中 秀訓

1968年2月1日 栃木県に誕生 1988年 国立高専を卒業し精密機器メーカー入社 1993年 韓国現地法人拠点長として渡韓10年間駐在 2005年 精密機器メーカーを退社し起業 2012年 アンチエイジング株式会社設立 2014年6月 ガン発覚 7月余命12ヶ月宣告

野中 秀訓さんの他のストーリー

  • ちょうど1年前に余命12ヶ月宣告を受けた話。粗筋

  • 野中 秀訓さんの読んでよかったストーリー

  • 顧客ゼロから予約待ちのお店になった話