やる!と決断したら、本当に人生が変わることを実感した話①

このエントリーをはてなブックマークに追加
16

神奈川県川崎市多摩区。302号室。そこが僕たち二人が住んでいた場所だった。

このストーリーは、当時大学生だった私Naoyaと妻Ikueが人生を変えると決意して、人生を切り開いていく物語です。



二人の出会い

あれは、2009年の夏のことでした。


当時大学2年生だった私は、英語の授業で隣に座った一人の女性に恋をしました。

いわゆる自由選択の授業で私は「なんとなく」TOEICのスコアを上げるための英語の授業をとっていました。

そこで出会ったのが、7年後に結婚することになるパートナーでした。

私たちが出会ったのは、専修大学。

私は2年間の浪人生活を経て、なんとか大学に進学。彼女は福島県会津若松から上京してきていました。

二人が話すことになったきっかけはひょんなことでした。

Ikue
すみません、この問題の答えって何かわかりますか?
Naoya
あ、はい。それは「C」ですね。

隣同士に座っていた私たちでしたが、それまで一言も話したことはありませんでした。

彼女は黒髪で、真面目そうに授業を聞いている女の子。

一方の私は、いつも緑に黄色のラインが入ったジャージ、通称「みどジャー」を着て、サークルに行くためのギターを抱えて、ほぼ寝ている。

そんな二人でしたが、この日は私は珍しく起きていました。

いつも真面目に授業を聞いている彼女でしたが、この日はうっかり一瞬寝てしまっていたようです。

私に、選択式の英語の答えを聞いてきました。

私は、その時たまたま起きていたので、彼女の質問に答えることができました。


その授業が終わった後、彼女のメールアドレスを聞いて、デートに誘うことにしました。


初めてのデートで付き合うことになる。

授業で話すようになって、彼女のメールアドレスをゲットした私は、彼女をライブに誘いました。

当時他大学のバンドサークルに通っていた私は、気になるライブがありました。

自分が通っていたサークルではなかったのですが、知り合いを通してライブの誘いを受けていたので気になっていたライブでした。

ただ、自分の所属しているサークルではなかったので、誰と行こうか迷っていました。

そんな時に思い浮かんだのが、英語の授業で出会った「Ikue」さんでした。

Naoya
今度、気になっているサークルのライブがあるんだけど、良かったら一緒に行きませんか?
Ikue
はい^^ぜひ行きましょう。


こんな感じのやりとりで、二人でライブに行くことになりました。


2009年8月19日。ライブは本当に楽しくて、何より楽しそうにしている彼女が素敵だなと思いました。

ライブが終わって帰る頃には、「この子と付き合いたい」と思うようになっていました。


帰りに居酒屋に誘って、私たち二人は飲み始めました。

いつの間にか、終電の時間は過ぎ、日付も変わった深夜2時過ぎ。

私は彼女と付き合いたいという気持ちを抑えきれなくなって居酒屋で告白をしました。

今日初めて二人で過ごして、すごく楽しかった。これからも二人でいたいので、良かったら僕と付き合ってくれませんか。

相当酔っていたので、記憶は定かではないのですが、きっとこんなことを言ったと思います。

少なくともそういう気持ちだったことは確かです。

あまりにも突然のことだったので、彼女も戸惑い、少し考えさせて欲しいとの返事でした。


一旦落ち着こうと思って、トイレから戻ってくると、

Ikue
私も今日楽しかったので、お付き合いしたいと思います。よろしくお願いします。

彼女からOKの返事をもらうことができました。

この辺りは、酔っていたので(笑)、イメージです。


2009年8月20日。晴れて私たち二人はカップルとしてお付き合いを始めることになりました。

読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

市田 直也

音楽と自分を表現することが好きです。心の声とワクワクと直感を大事に、自分自身を生きていく。http://ichidanaoya-lifechanging.tokyo/

市田 直也さんが次に書こうと思っていること

|

人生が変わったキッカケのタグがついたストーリー

これから仮面浪人を考えている方へ(突貫版)

聞こえないブロガーが50円ブログを起業しました。

第162章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪【人/ヒト】で「大切」なことは全て『東方神起』から学べる??

15年間以上悩んだ自律神経失調症を1日で克服させてくれた父からの大切なプレゼント

 ~ホームシック。~

5人の大学生がシェアリングエコノミー(共有経済)について株式論文を執筆し、敢闘賞を受賞した話。

【1話/今の佐藤さん】母親の凶報から人生を見つめ直し、日本版マイケル・ジョーダンを発掘する男、佐藤さん。

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<5章>

第161章*:..。♥(ˇ◡ˇღ)♪ウンザリするような状況の中に今いても流れを変える方法ってあるの?

落ちこぼれからの就活逆転術(一か八かで取った戦略はまちがっていなかった) ~キッカケ編~

東日本大震災から6年。3度の津波に耐え、そびえ立つ「ポプラの木」を知っていますか?

春は日帰り登山を楽しみませんか?

第4話 南米で救われた私の命【小児科ナースが天国に行った子ども達と地球2周半、涙の奥に見えたとんでもなく輝く世界*(人生観が変わるお話)】

過ごしやすい季節は登山をしてみませんか

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<4章>

市田 直也

音楽と自分を表現することが好きです。心の声とワクワクと直感を大事に、自分自身を生きていく。http://ichidanaoya-lifechanging.tokyo/

市田 直也

音楽と自分を表現することが好きです。心の声とワクワクと直感を大事に、自分自身を生きていく。http://ichidanaoya-lifechanging.tokyo/

市田 直也さんの他のストーリー

  • やる!と決断したら、本当に人生が変わることを実感した話①

  • 市田 直也さんの読んでよかったストーリー

  • 【おしゃべりな胎児 〜エピローグ〜 】子宮と胎児が教えてくれたちょっぴり不思議でおもしろい妊娠と出産のおはなし