下心バリバリでSTORYS.JPに投稿したら本当に書籍化されちゃった話

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロローグ

そのメールがSTORYS.JPから届いたのは、14年の8月だった。STORYS.JPに初めてストーリーを投稿してから、7カ月が経っていた。

「あ……、あら……、本当にこんなメールが来ちゃったわ」と思った。

私が投稿したストーリーを書籍化したいと出版社から連絡が入ったので、連絡先を教えてもいいですか、という内容だった。

その年の1月から投稿し始めて、意外と早かったようにも思うし、ようやく来たかという思いもあったように記憶している。

それまで、夫と出会ってから結婚するまでのこと、コネで就職したけどそこから生き方が変わっていったこと、そして、夫の人生について書いてきていた。

特に、夫のことについては、本人には許可もなく勝手に書いていたので、最初に思ったのは、

「ホントに書籍化されることになったら、旦那に話さなくちゃ……どうしよう……」

ということだった。

書籍化の話が進んでほしいような、でも進むと旦那にここまで書いたものについて説明しなくちゃいけなくなる。いいような、悪いような。

だったら最初から、勝手に書かなきゃよかった。

しばらく悶々とした気分で過ごしていたのだけれど、それきり書籍化の話についての連絡もなく、

「やっぱり、私が書いたものが書籍化するなんて、現実にあるわけないか」

と思い始めていた。

書籍化の話もすっかり忘れかけていたころ、また1通のメールが来た。出版社からだった。



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Sakai Tomoko

バイリンガルなwheelchair-erの夫を持ち、08年生まれの息子、10年生まれの娘の二児の母で、フリーでライターやってます(子育てのため現在はほぼ休業中)

Sakai Tomokoさんが次に書こうと思っていること

|

Sakai Tomoko

バイリンガルなwheelchair-erの夫を持ち、08年生まれの息子、10年生まれの娘の二児の母で、フリーでライターやってます(子育てのため現在はほぼ休業中)

Sakai Tomoko

バイリンガルなwheelchair-erの夫を持ち、08年生まれの息子、10年生まれの娘の二児の母で、フリーでライターやってます(子育てのため現在はほぼ休業中)

Sakaiさんの他のストーリー

  • 車いすの男性と出会って結婚するに至るまでの5年間の話 その2

  • Sakaiさんの読んでよかったストーリー

  • 【第3話】10年間で4回半同棲に失敗した【帰宅すると家具が無い!今度はチャラ男に浮気→夜逃げされちゃったテヘペロ】