「武士道」「キリスト教」「京都大学」

このエントリーをはてなブックマークに追加
16

「武士道」と「キリスト教」と「京都大学」


どうしてモンスターペアレントが支持されないのか。自分の子供のことを愛しているのだから虐待する親よりマシ。それなのに、どうして世間から忌み嫌われてしまうのか?

  それは、性格のゆがみを本人が気づいていないため周囲の人が迷惑を受けるから。たとえば、。大抵の塾では、

1、私語を慎む。
2、教室内で飲食をしない。
3、廊下を走らない。

  など基本的な生活習慣の注意をする。基本的な生活習慣を守ってもらわないと学力向上などムリだし、周囲の子が迷惑する。基本的な社会のルールだ。
  ところが、時々、基本的人権などを持ち出して、
「自由に発言する権利を認めないのか!」
  と発言をする子がいる。注意すると、保護者まで病的な発言をして子供を擁護しようとする。そういう場合、周囲もあきれ返ってしまい「モンスター」と呼ぶ。

小学生時代の愛読書

  どこで話がすれ違ってしまうのか?私はそれを北勢中学校の時に学んだ。先生が
「戦争は良くない。話し合えば分かるはずだ」
 と言ったが、私は
「そんなわきゃないだろうが」
 と思った。戦争は良くないことなど、誰でも分かる。しかし、世界各国の指導者たちが話し合っても合意できる時の方が少ない。大抵は、武器をとって戦争で決着をつけることは歴史が示すとおりだ。
 
「おまえは、民主主義を否定するのか!」
 と激高されそうです。でも、国どおしなんて大袈裟な話ではなくて会社でも民主主義でやっていけますか?みんなの意見を聞いていたら、企業間競争に負ける。だから、優れたリーダーに判断を一任したりする。
 家庭内でも同じで、親の勧める進路、結婚相手。それって話し合いで常に解決しない。ほとんどの場合、決裂して永遠に平行線。テレビで大塚家具やロッテが身内で骨肉の争いをしている。

 話し合いが機能する時もあるけれど、チャンスは少ない。実力行使の方が多い。戦争までいかなくても、法律による戦い、学歴による戦い、学力による決着。それが「入試」だ。

 そういう現実を前にして、綺麗ごとを口にするのがモンスターペアレント。受験で蹴落とし合いをしている生徒たちに向かって
「誰でも自由に発言する権利はある」
 と言われても、生徒たちは戦いをやめないし、邪魔をする人からは遠ざかるし、ムリなら排除しようとする。当たり前のことだ。

 私は人と関わるのが好きではない。特に左翼の人とは距離を置く。戦争が終わって70年。私は戦前の軍国主義を肯定する気は全くない。父も母も
「戦争は負けてよかったかもしれない。軍が絶対というのは良くない」
 と言っていた。
 しかし、同時に戦前の全てを否定するのは間違いだと思う。明治維新も第二次世界大戦も、幕府と軍国主義を丸ごと否定しなければ成し遂げられなかった。武士道も、戦前の修身も否定せざるを得なかった。それは分かる。

 

  しかし、武士道や修身には良い点は全く見られないのだろうか。明治維新を実行したのは武士たちだった。日本を復興させた民族精神は戦前のものだった。現在の日本、あるいは社会主義の社会がユートピアなのだろうか。もちろん、江戸時代や戦前の社会がベターとは思わない。

 ただ、現在の社会もユートピアだと思えない。難関校を受験するくらいの子なら気づいているはずだ。勉強が出来ない子の特徴の一つは、
「テキストが悪い。教え方が悪い。学校が悪い。制度が悪い」
 と成績の上がらない理由を外部にばかり向ける。


 ところが、本当はほとんどの場合、

「悪いのは自分」

 そう思わないと学力が上がらない。自分のためにだけに勉強している子より、

「親の期待に応えたい」「多くの患者を救いたい」

 といった他人に奉仕したいと思う子の馬力の方が、個人の目標だけでやる子より強いことが多い。


 「滅私奉公」なんてカビがはえた死語であって、軍国主義呼ばわりされそうだ。


 「滅私奉公」という言葉があります。意味は、私心をなくし公に一身をささげて仕えることですが、この言葉も使い方によって意味が相当違ってくるようです。
 「武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり」と説く山本常朝の『葉隠』では、「奉公人は一向に主人を大切に歎く迄也」(奉公人としての武士のあり方は、ひたすら主人を思いやることに尽きる)とありますから、「公」とは主君の意味であり、「私」が「公」を思いやる自発的な奉公であって、恐らく本来の滅私奉公的思想と考えてよいかと思います。
 しかし、世の中に普及した、いわゆる「滅私奉公」の考えは、「軍人勅諭」(明治15年発布)や「教育勅語」(明治23年発布)に見られる考えで、この場合の「公」とは天皇や国家の意味であり、天皇の名の下に発布されたものですから、上からの強制であります。



  一度間違った使い方をされてしまうと、もういけません。完全否定となってしまった。しかし、受験の場で強い子を見るとしばしばこのタイプ。他人の喜ぶ姿を見るのが好きで頑張るタイプ。

  私はこれを尊い姿だと考えている。あまり人には言わない。議論はしない。否定する人は避ける。分かる子だちに教える。強力な武器になるから。



  私は「日教組」のように、人が幸福になる方法を他人攻撃や制度などの外部に求めるのは間違いだと思っている。日教組が支持する民主党を見るとよく分かる。

  自民党の批判はするが、対案がない。自分が政権をとった時はどうだったのか反省もない。沖縄の基地問題をムチャクチャにした鳩山さんを、国民は忘れていない。中国船が日本の海上保安船にぶつかってきた時の仙石さんの、対応を忘れていない。原発事故の時の時の菅さんを、忘れられるわけがない。

  旧帝や国立大医学部に合格する生徒で、左翼になる人は少ない。受験で成功するためには、他人批判タイプでは合格の確率が低いのだ。自主独立、どちらかというと武士タイプが成功する。

 書くまでもないが、私はクリスチャンであってもキリスト教を授業で語ることはない。戦前の一部の道徳規範に得るものが多いと信じているが、塾生の方に勧めることはしない。ただ、合格のためのノウハウを教えていると自然とクリスチャンや武士道の内容に似てくるのだ。

  受験は真剣勝負だし、他人を愛する気持ちがないとパワーがもらえないのだ。そういう意味で、私は武士道の覚悟とキリスト教の「汝、隣人を愛せよ」の教えを受けてよかったと思っている。


大阪で万国博覧会が開催された1970年、私は北勢中学校の2年生だった。何度足を運んだことだろう。夢のような空間、時間だった。同じ人生なら楽しい方がいい。
  今で言うと、ディズニーランドだろうか。私たちに夢と勇気を与えてくれる。私は、そういうポジティブで前向きな考え方とそれから生まれるものを見るのが好きだ。
  誰だって、そうだ。
  そこには、
「多くの人を喜ばせたい!」
  という人々の知恵と力の結晶が感じられる。自分のことしか考えていない人からは生まれてこない。もちろん、それを支える科学技術は「勉強」が基礎になっている。だから、受験勉強も頑張れた。だから、英語も勉強したかった。だから、数学も好きになった。


学校の先生、特に「日教組」の先生方は自分はヤクザを避けるのに生徒には

「皆で仲良く助け合え」

 と偽善的な発言をすることが多い。そんな指示に従って自分を責める必要はない。前向きで学力の高い友人に囲まれる状況を作るべき。どうしようもない場合は、進学校に行くべき。

  灘やラ・サールの生徒の驚異的な合格数は、そのような環境が提供できるからだ。


読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブンさんが次に書こうと思っていること

|

最近「読んでよかった」がついたストーリー

Disney行きには乗れるのに、人生を変える新幹線には乗らないの?③

姉として妹の夢を叶えたかっただけなのに、給食のおばちゃんからローチョコレート職人へ昇華した妹の話<3章>

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿 人を嫌うときは必ず自分の心に問題があるって話。

1億円持って生まれてきた「奇跡の女の子」のお話【大島享】

本来の自分について~22年間自分壊しを続けた私~12終

タモリさんが教えてくれた絶対に夢を叶える方法

やくざを泣かせた5歳の息子の話

【世界一可愛いおばあちゃんになったる宣言!】Baby Angel ♡ 赤ちゃん天使がくれた贈り物

~リストラの舞台裏~ 「私はこれで、部下を辞めさせました」 10

無職だった当時の僕に、無理やり、彼女が七夕の短冊を書かせた結果、1年後、あまりに信じられないことが起きた〜あの七夕が僕に、なりたい姿の描き方を教えてくれた。そして、人生の快進撃が始まった話〜

【自己啓発本はいらない】科学的に幸福感を最大化して生きていく思考方法を考えた。(第1回)

強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に放り込んだ話 パート3 オヤジの教育論編

精神科看護師として働いていた時の衝撃的事件簿①辛い時にこそ面白がろう!

住所不定無職の旅人なのに結婚することが出来た話①

貧乏時代

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイ セブン

 三重県で高校生と中学生を指導している塾講師です。

キョウダイさんの他のストーリー

  • 亡くなった父と語る時間が増えてゆく

  • キョウダイさんの読んでよかったストーリー

  • (6位)、第七十一章 英検1級に合格すると、世界はどう見えるのか?