大切な人を大切にする唯一の法則

このエントリーをはてなブックマークに追加

自分を愛することができない人に、人を愛することなんてできない。


自分を大切にできない人に、人を大切にすることなんてできない。


何もできない自分を、それでも愛そうと誓ったあの日から、全てが変わった。


これは僕が大学四年間をかけて、自分の「在り方」で生きることの意味を確信したお話です。



嘘の自分




大学1年。



高校での留学経験から、英語が得意で入った大学。


でも、周りは自分以上に英語ができた。



音楽が好きで始めた軽音楽サークル。


舞台上で堂々と演奏しキラキラ輝く友人たち。



でも、僕は舞台上に立つと手足が震えた。


下手くそで、人前で萎縮してしまう自分がいた。



どこか他人より優れていないと、自分を誇れない。自分のことが好きになれない。


そんな人間だった.。



_ _ _ _ _ _ _ _



 1992年、京都に生まれ、京都に育つ。


 父は厳しく、母は真面目。そんな平凡な家庭で次男として生まれた。



 昔はよく泣きよく笑う子だった。


 我が強く、年子の兄貴とよく喧嘩をした。



 悪さをすると父の逆鱗に触れるから、それが怖くて甘えるのはいつも母親だった。



 兄貴はというと、要領がよく誰からも認められるイケメンで、運動神経も抜群。


 友達が多く、みんなの憧れの的であり、僕の友達でさえ、兄貴に憧れを抱いた。




 そんな兄貴に、嫉妬していた。


 兄貴くらい、格好よくて運動もできたら、注目してもらえる。


 そう思って兄貴に同じく所属していた野球部で、誰よりも、本当に誰よりも練習した。



 結果、僕はベンチだった。


 4番でエースだった兄貴が疎ましかった。



 どうしてもみなから注目してもらいたくて、やんちゃしていたこともある。


 だけどその行為は逆効果だった。母親から「あんたはかわいくない」と言われたことを覚えている。

 その状況に耐えられず、兄貴とは違う方向で、やんちゃしない方向で、何か一つ取り柄を作ろうと思った。中学生の時、勉強は英語だけ出来たから、親に留学したいと伝えて、留学できる高校に学費免除で入学した。


 周囲と親に認めてもらうため。

 そうして高校では誰よりも自分を追い込み、留学先でも変わりたくて、必死にもがいて、

 帰国。三年生になる頃には、英検準一級、TOEIC 890点を獲得していた。



 周りのみんなが僕に注目した。 両親も褒めてくれた。




 自信満々だった僕は、海外で働きたいなんて言ってたけど、


 親に猛反発され、結局その反発を押し切れずに

 東京の大学に進学することにしたのだった。


_ _ _ _ _ _ _ _




周りはたくさんの優等生に囲まれ、英語力も劣る。


大好きな音楽さえもサークルの友達みたいに輝けない。



優れてない自分には、価値なんてない。


誰も注目なんてしてくれるはずがないんだ。



このころからだろうか。

周囲から見放されることが怖かった。


人と話すときは表面的に繕って、強い自分を装いながら大学の二年間を過ごした。嫌われないように、少しでも注目してもらえるようにウソで自分を武装した。


本当は心の中は不安でいっぱいだった。


ウソで固めた自分の存在が、いつしか不確かなものになっていって、


生きていることが実感できなくなっていた。


もう、感情さえ無くなりそうだった。



大嫌いな自分を変えたい…!!



そう決意し、3年生の一年間を休学して世界一周の旅に出ることにした。




気づき



変わりたい。


自分を好きになりたい。



そうして始めた世界一周旅行。




自信がなく、いつも自分の殻に閉じこもっていたから、


初めは当然、孤独な旅だった。



観光地を見に行くのも、美味しいご飯を食べるのも、


綺麗な景色を見るのも、ビールを飲むのも、一人の時が多かった。

一人の方が安心したし、どうしたら強く魅力的な人間になれるかと、自分のことをひたすら考えていた。


寂しいと思う時も、そんなのは甘えだって、その感情を振り払った。


精神的に自立すれば、それが強い人間だと思っていた。



とあるゲストハウスに着いた時のこと。


そこには同じ日本人の、4, 5歳年上に見えるかっこいいお兄ちゃんがいた。



そのお兄ちゃんはよく喋る人で、あまり乗り気じゃなかったけど、


適当に、合わせるように、その人と話をしていた。


そのお兄ちゃんはそんな僕に気がついて言った。


お兄ちゃん
なんで、そんなに自分を出さないの?



この人は何を言ってるんだろう、と思った。


今日出会ったばかりの人になんで自分をさらけ出す必要があるんだ。


そう思った。



だけど、そのお兄ちゃんの言葉がきっかけで自分でもよく分からない自身の心理に疑問を持つようになった。


「自分を出さないのは、嫌われるのが怖いから。でも、どうして自分はこんなに臆病なんだろう?」


強い人間になれば対人関係での不安も拭えると思っていた。

寂しい感情も、「甘え」として振り払ってきた。


自分に甘えなんてない、自分は自立した男なんだって、その感情をないものとしていた。


でも、あとで気づいたんだ。


ないことにしていたその「甘え」は、実は自分が一番求めていた欲求だった。


いてもたってもいられなくなって、僕は自分のことをもっとよく知るために心理学の勉強を始めた。


旅をしているにも関わらず、自分の世界に閉じこもり、文献をとにかく読み漁った。



そしてある日、一冊の本と出会った。


「自分に気づく心理学」


そこで衝撃的なワードを目にした。



ーーーーーーーーーーーーーーー


自分に気づく心理学
幼い頃に、自分にとって生きる上で重要であった人物から(多くの場合は両親である)、

ありのままの自分を受け入れられなかった人は、自分を偽って生きるようになる。

手のかからない子、よくお手伝いする子は、そのようなケースが多い。

親の顔色を伺い、親から受け入れられない自分は、価値のない人間だと思うようになる。

「こうでないと愛されない」という、条件付きの愛しか知らないから、

愛されるための条件を揃えようとする。

そうして、自分に子供が出来た時も、「こうでないと人から愛されないよ」と、子供を条件付きの愛で縛り上げるのだ。

ーーーーーーーーーーーーーーー



正確な文章までは思い出せないが、このようなことが書いてあった。


まさに、自分のことだった。



ずっと、あのキラキラしてる人達と僕の違いは、


できることがあるか、ないか。その違いだと思っていた。


自分の生まれた家庭を、生い立ちを、疑ったことなんて一度もなかった。



そして、絶望した。



自分は今まで、親の望む生き方でしか自分の人生を歩いて来なかったんだ…



自分が自分でなくなる恐怖に耐えながら、褒めてもらいたい、認めてもらいたいと、高めてきた自分。


心が擦り切れて、ボロボロになっていった時もある。そんな自分に親はどうして気づいてくれなかったんだ…

そんな感情で胸がいっぱいになった。

今までの人生はなんだったんだ…


ウソの自分で固めた自分しか表現してこなかったから、

本当の自分を愛することなんてできるはずもなく、人との関わり合いの中でもいつも不安で、

「見放さないでほしい」


「離れないでほしい」

そんなことで頭が一杯になって、いつも自分のことで精一杯だった。


親のため、誰かのためと今まで取ってきた行動も、


「自分を認めてもらいたい」がためであり、


人を本当に思いやって取った行動はなかったのかもしれない。


そして、自分の親も同じだったんだ。


一番身近の存在であるはずの両親が、辛くて鬱状態にある自分に気づいてくれなかった。



そうして、この日を境に僕は心に誓った。


自分に子どもが出来た時、絶対に自分みたいな思いをして欲しくない。



自分のことしか考えられない人間には絶対なりたくない。



大切な友人が傷ついている時に、いち早く気づいてあげれるように、


本当の意味で人を思いやれる人間であるために、



『オレはありのままに生きる!』



そして、



『不完全な自分を、人を、それでも愛するんだ!』




~




この日から僕は、泊まる先々のゲストハウスや、旅先で出会う旅人に、積極的に関わるようになった。



思ったことは、口にするようにした。


誰かとご飯を食べたい時は、誘うようにした。



すると、今まで自分が見えなかった世界が見え始めた。



出会った旅人と観光地に行ったり、一緒に移動したり、


夜はビールを飲みに行ったり、一緒にツアーに参加したり…




楽しかった。最初は不器用な感じだったかもしれない。


でも、だれかに認められるような価値がなくたって、人は認めてくれることに気づき始めた。



24カ国の国々を一年間かけてわたり、皆が思うような華やかな旅ではなかったけど、


それでも人生を変えるような、大きな気づきを得た。



そんな旅だった。




世界が変わる



帰国して、実家に帰った時、


親には旅であった話、これからどうするかという話をした。


これからの話をした時に、母は大抵意見する。



(母を傷つけるんじゃないか。


でも、言わないとオレはこれまでと何も変わらない。)



そう覚悟し、母に言った。



自分
オレのやることに口を出さないで。オレの好きにやらせて。


辛かったけど、心を鬼にして言った。


すると、母は遠く見据えて、悟ったようにうなずいていた。




~




大学に復帰し、僕は繋がりのあった友人たちに本音で話すようにした。

京都の高校から同じ大学に上京し、僕が旅に行く前から唯一弱音をもらせる大親友がいた。


旅であったこと、気づいたこと、全部話した。



そうしてありのままの自分を表現するようになると


僕の周りには、


自分を大好きと言ってくれる繋がりができた。


自分にも大好きといえる友人ができた。



周りは大好きで溢れた世界が広がっていくことを感じていた。



なんだ。



自分のこと大切にできたら、オレも人のこと大切にできんじゃん。


自分のこと好きになれたら、オレも人のこと愛せるんじゃん!


それを強く実感していたのだった。








23歳の誕生日は、大親友がサプライズ誕生日会を開いてくれた。





本当に嬉しかった。



こんなこと、今までにしてもらったことがなかったから、


ちょっとだけ不安になって彼女に聞いてみた。




自分
オレはみんなにこれだけのことができてんのかな・・・



すると、大親友は言ってくれた。




大親友
あんたやから、これだけやったんやで。

あんたからいつも、たくさんもらってるからやで!



そう。




自分には何もできない。自分は価値のない人間だ。


そう決めつけていたのは、他の誰でもない、「自分」だけだった。



本当は、自分が自分として存在してるだけで、


誰かのためになっていたんだ。



自分が自分として存在すること。


あなたがあなたとして存在すること。



それだけで、価値のあることだと確信した、


そんな大学生活だった。




まとめ



僕はこれまで、他人に受け入れられるために


本当の自分を抑圧してきた。



精神的な自立が強い人間だと思ってたけど、


自己評価も、下してきた判断も、自分以外の誰かに依存してきた。


価値基準・判断基準が他人軸だった。



本当の自分を隠していたから、いつまでも自分に自信が持てない。



結果、自分を愛することができず、他者とのコミュニケーションの中でも


嫌われたくない、認めて欲しいとばかり考え、その人のことを本当に考えることができなくなる。


「こうしなければいけない」「ああするべきだ」

と、ルールに縛られ生真面目になる。


これは持論だけど、


強い規範意識や道徳観に縛られている人間こそ、


周りで本当に傷ついてる人間がいることにも気付かない。



それって本当の意味で優しいって言えるのか?



だから僕は、



社会の波に呑まれ、自分が自分で無くなっていく恐怖に


押しつぶされそうな人がいた時に、誰よりも強い言葉で伝えたい。



「そのままのあなたが最高だよ」って。




最後に…



ボロボロになっていた自分に気づいてくれなかった両親を、当時は憎んだ。

(*当時は旅先で読んだ本、かなり鵜呑みにしていましたから笑)

でも今は、本当は誰のせいでもないってわかってる。


だって、子を不幸にしてやろうと育てる親なんていない。


親も育てられた両親に同じように与えられ、その下に受け継ごうとしたんだ。

彼らの持てる精一杯の愛情を注いでくれていたことは知ってるし、今だってそう。


誰も悪気があるわけじゃない。



ただ、現状を変える方法が見つかったなら、



その連鎖を断ち切るのも、乗り越えるのも、


自分しかいない。



自分を幸せにしてやれるのは、自分だけ。



だから今、自分にウソをつくことはやめて、

自分の思った通りに行動して、

自分らしく生きて幸せになるって決めている。


それが親に対する、本当の恩返しになると信じてるから。




あとがき



ここまで読んでくださって


ありがとうございました!


この話を通して僕が伝えたかったことは、

大切な人を本当に大切にしたいなら、まずは自分を愛してあげてほしいということです。

そして最初は怖くても、一歩前に踏み出してみてください。


絶対に大丈夫ですから。


『自分が変われば世界が変わる』


今はそれを確信しています。



僕は現在大学4年生で、これから自分で生計を立てていくことになりますが、


今の僕の目標は、『自分らしく生きて生計を立てること』です。




人の「ありのまま」を大切にできる人間であるために。


本当の意味で優しい人間であるために。




僕はもともと「場(機会)をつくること」が好きで、

友達の誕生日サプライズを企画したり、接点のなかった友人同士を集めてワイン会をしたり、

実家に帰った時は弟が寂しがっているので親族友人にかたっぱしから電話して大人数でカラオケやボーリングに行ったりもしますw

僕が好きだからってこともありますが、集まった人たちが楽しんでくれたり、誰かを思うあったかい気持ちをみんなで共有できたり、喜ばせたい人の最っ高の笑顔が見れたり。


そういう、なんの淀みもない素直な感情に大きな魅力を感じるんです。


現在は自分の思い描いた人生を歩くため、新しいことに挑戦しています!

日常生活での出来事や発見を綴ったブログを書いていますので、よかったらぜひ訪れてみてください^^

→ Satoru Blog


僕の人生が読んでくださったみなさんの人生にほんの少し、かすれたことを幸せに思います。

そして、このストーリーが誰かの、一歩踏み出す勇気の小さな一助になることができたなら、

これほど嬉しいことはありません。


岡本 聖



読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

よくわかります、自分にもそんな経験がありました。
しかし、色々と考えても心に嘘がつけないことがわかりました。
なので、ありのままに生きることが人生を楽しめることですね!

つい5年ほど前まで、世界で一番怖いのは母親でした(笑)という位、他人軸でず~っと生きていましたね~。
岡本君と同じことに気づいたのがつい最近です。
もっと早く気づきたかったな~と思いますが、これが私なんですよね^^
続編楽しみにしています^^

Asai Kenjiさん
コメントありがとうございます!
そうですね、自分をウソで縛ると周りも縛っちゃいますからね。自分に子どもができたら、「いっぱい遊べ。好きなことだけやったらいいぞー」って言える大人になりたいですもんね!

松本さん
もっと早く気付けばよかった、分かります笑 でもそう、どんなに弱い自分も、認めて、愛してあげることから全ては始まりますもんね。弱いと思ってるのも大抵自分だけなんですが笑 この人生歩いたからこそ分かってあげれる痛みや苦しみもありますしね!
ありがとうございます^^

「他人軸で生きている」これまさに私だなと思いました。私は地方の大学4年で就活中なんですが、自分の学歴とか性格とか、いろいろに自信がなくてなかなか一歩踏み出せないでいます。岡本さんはいろいろ行動して自ら変わっていって、私もそうなりたいなと思いました。自分嫌いを克服しようと思ってもなかなか難しいんですよね…何度挫折したことか。笑 私もありのままの自分を好きになれたらいいな。
とても参考になりました。読んでよかったです。

石川さん、
コメントありがとうございます。そうなんですね。
すごく分かります。僕も未だに嫌われたり、恥をかくことが恐くなって立ち止まってしまう時があります。
それでも自分が変わることを諦めないのは、「ありのままに生きる以外の未来」を一ミリも望んでいないからだと思います。それしか、いらないんです。
石川さん、きっと自分の魅力に気づけますよ!僕も最近自信なくしかけていたのでコメント嬉しかったです!ありがとうございます^^

自分の求める人間像にすごく近くて、とても共感できました!また年も自分と同じで親近感を感じました!ありがとうございます。

Okamoto Satoru

23歳、京都出身。 現在は国際基督教大学4年。 高校時代には10ヶ月間のイギリス留学、 大学生活では毎夏3年間富士山八合目の 山小屋での住み込みアルバイトや、 1年間かけての世界一周、 その後1年半はワインバルでワインを学んだり。 「ありのままの姿で生計を立てること」 これを次なる目標とし 新

|

Okamoto Satoru

23歳、京都出身。 現在は国際基督教大学4年。 高校時代には10ヶ月間のイギリス留学、 大学生活では毎夏3年間富士山八合目の 山小屋での住み込みアルバイトや、 1年間かけての世界一周、 その後1年半はワインバルでワインを学んだり。 「ありのままの姿で生計を立てること」 これを次なる目標とし 新

Okamoto Satoru

23歳、京都出身。 現在は国際基督教大学4年。 高校時代には10ヶ月間のイギリス留学、 大学生活では毎夏3年間富士山八合目の 山小屋での住み込みアルバイトや、 1年間かけての世界一周、 その後1年半はワインバルでワインを学んだり。 「ありのままの姿で生計を立てること」 これを次なる目標とし 新

Okamotoさんの他のストーリー

  • 大切な人を大切にする唯一の法則

  • Okamotoさんの読んでよかったストーリー

  • あいりん地区で元ヤクザ幹部に教わった、「○○がない仕事だけはしたらあかん」という話。