想いのメッセンジャーたち

このエントリーをはてなブックマークに追加
42
みなさんは
「人は誰かと話したくて本を読む」
というような事を
聞いた、もしくは読んだ
ことがおありでしょうか?
私が初めてそれを聞いた時、
目からウロコという感じで
とても腑に落ちました。
本って、それを書いた人と
それを読む人との間で
交わされる会話なんですよね。
で、
どんなにヒッキーで
人と世界が嫌いだと
思っている人でも
好きな本(雑誌や漫画含む)や
映画や音楽はあるじゃないですか?
実はこれって
人間が好きだという証なんじゃ
ないの?・・・と思うのです。
「世界も人類も滅びてしまえ!
(ノ`A")ノ ⌒┫ ┻ ┣ ┳☆」
みたいな事をかつてよく
心の中で叫んでいた私も、
生の人間と付き合うのは
辛かったけど
本を読むのは好きで、
自分が本当に駄目かも・・・と
思った時に救ってくれたのは
音楽でした。
でも、その本も音楽も
人間が創り出したものだから。
文章や音楽や絵は、
人間が、他の人間に直接に
伝えられない想いを託した
メッセンジャーみたいなもの、
とでも言いますか。。。
私の勝手な見解では、
この世界には不器用で
自分自身を表現できない人が
もんのすごーーーーく多い。
で、虎の皮で子猫の心を
包み隠して頑張ってる人も
もんのすごーーーーく多い。
そう考えると、切ないけど、
愛おしくもありますが、
だからいつの時代でも
これらのメッセンジャーは
愛されるんじゃないかな・・・
なんてことを考えた
いい天気だっちゅーのに
引き蘢ってる日曜日の午後です(笑)。
読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohta Yukiさんが次に書こうと思っていること

|

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohta Yuki

シリコンバレー在住のUXデザイナーで"American Zen"(www.americanzenbook.com)の著者&イラストレーター。 自己紹介:http://bit.ly/1ks524W

Ohtaさんの他のストーリー

  • 全米でドラマにもなった天才児の母で、ベリーダンスとズンバを教えるシリコンバレーのアクセサビリティ専門家になった同僚の話③

  • Ohtaさんの読んでよかったストーリー

  • 起業への道を踏み出す前日。