恋愛したくないなんて嘘。今の時代恋愛のリスクがすごいのよ。仕方ないわ。第2回

▲他4件のストーリー
恋愛したくないなんて嘘。今の時代恋愛のリスクがすごいのよ。仕方ないわ。第2回
▼他13件のストーリー
このエントリーをはてなブックマークに追加
940

女性の話はまだ続いた。

お客様
一度だけお会いする前に、お相手とFacebookフレンドになったことがあります。私もプロフィールを見て好印象だったのでいいかなと。しかし、会った直後にFacebookでとんでもない事件が起こり、破局を迎えました。
え?どうしたんですか?!
お客様
デートをしていた場所で、タグ付けをされたのです。


彼女は、銀座のカフェで初めて彼と会った。2時間ほど話をした後、「今日は楽しかったです。」とFacebookメッセージをしようと思った時、友達からメッセージが来ていることに気がついた。


友人
銀座でデートなんてしちゃって、相手は誰なのよ−?
お客様
えっ、で、デートなんてしていないわよっ!!


ととっさに嘘をついたという。

友達は続けてメッセージを送ってきた。

◯◯さんでしょ。最近Facebookフレンドになった人、彼氏なんでしょ。
ち、違うわよ!全部違う!!


(な、なぜバレてるの???)

彼女は、自分のFacebookページを確認した。

なんと、

「◯◯さんと銀座のカフェにいます。」と最新の記事として表示されていたのだ。

投稿元は、お見合い相手であった。

それ以来、彼女はお見合いの相手に対して情報を伝えるのに非常に慎重になったのである。


ということで、私はこの一件を聞いて以来、お客様から要望があれば、お会いするまで名前を教えないし、お見合いが決定した時には名前を教えるにあたって、Facebookで友達申請、タグ付けをしないように必ず確認するようになった。


Facebookのおかげで、情報開示が大前提のお見合いでさえ、相手に名前すら伝えられないというケースも出てきてしまった。

それもそのはずで、Facebookはリアルな人間関係をネットの世界でもつながっていくことを前提としている。今まで他人の目に見えることのなかった自分の人間関係がウェブ上でスケルトン化してしまう。

こう考えると、結構不快なツールのように思える。


では、なぜそれでもFacebookはなんだかんだ利用者が多いのだろうか。

それは、自分が他人の情報を知るという点では非常に便利なツールだからだ。


「この人はどんな人間関係があるだろうか。私と共通の友達がどれだけいるだろうか。」

「どんな內容を投稿しているのだろうか。日々どんなことを考えているのだろうか」

私たちは、他人に対して好奇心を持っている。その好奇心をFacebookは見事に満たしてくれるのだ。


つまり、見られる立場からすると不快でも、見る方からするとこれほど快適なものはないとも言える。


こう考えると、出会う前にFacebookの友達申請をする男性の心理も理解できる。

男性の心の声
この子は一体どういう子なのだろうか


と思うからこそ情報を入手したくなるのである。お見合いの情報からはわからないような情報を仕入れたいという好奇心に基づくものなのだ。


しかし、この好奇心は女性にとっては下品なのぞき趣味に見える。結果、出会う前に男性は警戒され、お見合いをキャンセルされることにつながるのである。


8月10日に出版が決まりました「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(大西明美著、かんき出版)

Amazonでのページも出来まして、いよいよ船出ですm(_ _)mm(_ _)m

http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973






読んでよかった
このエントリーをはてなブックマークに追加
このストーリーをブログ等で紹介する

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美さんが次に書こうと思っていること

|

結婚のタグがついたストーリー

夫にちゃんと伝えられればいいなと思うこと

妥協とこだわりの狭間でートータルでの幸せを考えなさいーPart.Ⅳ

妥協とこだわりの狭間でートータルでの幸せを考えなさいーPart.Ⅲ

妥協とこだわりの狭間でートータルでの幸せを考えなさいーPart.Ⅱ

ぼくの初めての風俗デビュー。AV女優と愛犬のぼー太郎さん

「また明日!」を言わなくなった… 【其の七・大掃除】

戦いは、まだまだ続く。

全くモテない19歳の女の子がいきなりオーストラリアに行ってそのまま永住し、イケメンと国際結婚して、ライフコーチになった話。第九回 返事のないプロポーズ

お見合いパーティは入口3秒で結果が決まっている件 2

お見合いパーティは入口3秒で結果が決まっている件

中国大陸で知ったことは、自分が何も失いたくないと思うときには、好きな人と結婚は出来ないということ。後半

中国大陸で知ったことは、自分が何も失いたくないと思うときには、好きな人と結婚は出来ないということ。

親と同居している女性たちが知らない間に高望みをしているのは何故か。後半

親と同居している女性たちが知らない間に高望みをしているのは何故か。

どうして帰国子女の婚活が難しくなってしまうのか。(特にアラフォー帰国子女の婚活・・・) 後半

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美

婚活アドバイザー。結婚相談所を経営。1977年大阪府生まれ。東京都文京区在住。著書は「となりの婚活女子は、今日も迷走中」(かんき出版) http://www.amazon.co.jp/dp/4761271973 公式サイト http://akemiohnishi.ciao.jp/ 過去20年で延

大西 明美さんの他のストーリー

  • 結婚相談所をスタートさせて、初めて大泣きした夜

  • 大西 明美さんの読んでよかったストーリー

  • 40歳を過ぎて、子ども子どもと女性に産む性ばかり求める男たちは全員精子検査してから主張しろっ